2ch全板人気トーナメント
赤色水先案名無い人 ◆RED.RgQs
氏の本選総括
2002年5月5日
予選が波乱のうちにその幕を閉じた翌日の夜。
本選組合せ抽選会がネットラジオを通じて盛大に執り行われた。
抽選会の特設実況スレは、したらばの「トーナメント板」に設置され、
様々な参加者の様々な想いを乗せて、19:30の発表開始前から、凄まじい熱気に包まれる。
http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1020410158
( [[警告]] 2000以上のレスがあるので、かちゅ〜しゃ等ではフリーズの恐れあり!)

このしたらば「トーナメント板」(管理者=可憐車 氏)は、普段は
集計の詳細(後に使われなくなる) http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1018184326
投票コード開発室 http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1019302893
試合予想の投下 http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1018939610
観戦記の投下 http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1018282225 (001)
        ( http://jbbs.shitaraba.com/shop/bbs/read.cgi?BBS=93&KEY=1026234842 (002) )
…など、おもに運営雑務に関することを扱う板である。
また、ここには「まちBBS」や「食文化同盟」「game鯖連合」の連合総体の選対スレも存在する。

19:30、ついに運命の抽選会が開始された。
ここからおよそ一時間半、実況スレに書きこまれたレスは2000をゆうに超える。
(したらばは1000規制が無いので、1スレで1000以上もあり得る)
予選を勝ち抜いてきた強豪の次なる戦いが次々と発表される。
この場の参加者の反応は、概ね以下のとおり。

[Aブロック]
 「downroad」vs「ニュー速」の第05組があまりの地獄。集計人「5組死ぬ」発言。
[Bブロック]
 「アニメ」「キャラネタ」「園芸」の二次元炸裂(パーソナリティ談)など、見所はかなり多そうだが、地獄の組は無い。
[Cブロック]
 4板対決かなり面白そうな組み合わせだが、死の組は無い。Dブロックは・・・
[Dブロック]
 大半が死の組の死のブロック。「これ、ランダムなのか?」との感想も。集計人「胃が。。。」発言。

・・・この後、5月8日までの約2日間、第01組開始の瞬間まで投票所は静寂に包まれる。
これから、本選トーナメントを追っていくわけだが、実際はどのような試合が展開されたのだろうか?


--------------------------------------------------------------------------------------------

[本選トーナメント前半(一回戦)]
全60試合の本選トーナメント。だが、一回戦とそれ以降では、ややルールが異なる。
そこで、前半とも言うべき一回戦の32試合を最初に見ていこう。
・本選一回戦は、3板(4板)が1試合を戦い、うち1板が二回戦に進出。
・予選を勝ち抜けた板がどのような組み合わせになるかは、5月5日の抽選会(前述)の結果に従う。
 (予選で2板同票数3位が2組あったが、それらはセットで扱う。4板対決が2つあるのはそのため。)
・本選では[[投票コード]]は必須。
なお、本選の投票スレッドの過去ログは
http://isweb42.infoseek.co.jp/photo/hkdome/
を参照。
(「1XX」とナンバリングされたのが一回戦の投票スレッド)

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第一部・波乱の本選、始まりの場所〜Aブロック一回戦>>
┌                                                   ┐
│ついに始まった本選Aブロック。いきなり緒戦から1000票が出る。           │
│また、05組の試合展開は、本選の地獄というものを存分に見せ付ける。      │
└                                                   ┘
第01組(5/8)[101・102・103]
「蹴球代表海外(*)」 vs 「たばこ」 vs 「アナウンサー」
 1000票をいきなり叩き出し、本選の規模をまざまざと見せ付けた試合。
 蹴球代表海外は、予選最終組より続いての連戦という運命を逆手に取り、予選のノリを引き継いで勝利を収める。
 【勝者=蹴球代表海外】
第02組(5/9)[104・105・106・107]
「株式」 vs 「パチスロ」 vs 「SF」
 引き続き1000票超えの試合。数少ない三つ巴の名試合でもあった。パチスロのネタとSFの支援物資は秀逸で、
 むしろ、勝者の株式が反省会を開くほどであった。敗れたパチスロは号泣するも、すぐに立ち直る。
 【勝者=株式】
第03組(5/10)[107・108(重複107)・109・110]
「ラーメン」 vs 「ハングル」 vs 「数学」
 票数は前2試合に比べると落ちつくが、終盤の驚異の逆転劇が印象的な試合。
 トップであったハングルは終盤ラーメンに追いつかれ、僅差でラーメンの勝利となる。ハングルは涙の敗退。
 【勝者=ラーメン】
第04組(5/11)[110・111・112]
「国内サッカー」 vs 「鉄道・電車」 vs 「楽器・作曲」
 上位2板の熾烈な戦い、様々な形の支援物資など、本選の典型を体現したとも言うべき試合。
 鉄道板を破り国内サッカーが勝利を収める。何処からとも無くプロレス板が埋め立てに現れるのもこのあたり。
 【勝者=国内サッカー】

第05組(5/12)[113・114・115・116・117・118・119・120]
「download{=ダウソ}」 vs 「ニュース速報{=ニュー速}」 vs 「鉄道路線・車両{=鉄路板}」
 よりにもよって日曜日、なぜこの組合せ? 本選最初の地獄。勝者ダウソの得票数は1000どころか2000を超えた。
 鉄路板も奮戦するも、死闘の渦に呑み込まれる。また、ニュース連合にとってニュー速の敗退は致命的となった。
 【勝者=download】
第06組(5/13)[120・121・122・123]
「ずるい女」 vs 「ネットゲーム」 vs 「批判要望」
 前日ほどではないが激しい試合。批判要望は夜勤★氏自ら投票に訪れるも奮わず。予選との違いを見せられる。
 強豪・ネットゲームを破り、ずるい女が勝利を収める。前組と今組でモ娘連合とN連の勝手援護同盟が成立。
 【勝者=ずるい女】
第07組(5/14)[123・124・125]
「ジュース」 vs 「半角かな」 vs 「SM」
 他板住人の動きで展開した試合。各板選対は、少数の選対がいるか、ほとんど他板住人が動かしているかだった。
 BBSpinkの2板は多くの人に支えられたが、ジュースの有効な支援物資による浮動票の前に敗れる。
 【勝者=ジュース】
第08組(5/15)[125・126・127・128]
「ニュース極東」 vs 「宝塚・四季」 vs 「料理」
 妙に爽やかな雰囲気の試合。勝利したニュース極東は異様な盛り上りを見せているが、殺伐とは無縁。
 まして対戦相手は、彼の宝塚・四季と料理。彼らは勝とうが負けようが、楽しむことこそ第一義のようだ。
 【勝者=ニュース極東】

[注] 
*蹴球代表海外板…後の「海外サッカー板」。
             元々「蹴球代表絵画」=「海外サッカー」+「日本代表」だったものが、
             5月29日、W杯に備えて分割された。
              http://sports2.2ch.net/wc/ 「日本代表+ワールドカップ+実況板」

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第二部・名勝負と迷勝負〜Bブロック一回戦>>
┌                                                   ┐
│後に素晴らしい試合を輩出するBブロックは、一回戦では一部荒れていた。    │
│それでもやはり、13組をはじめ、激しくも爽やかな名勝負は数多い。          │
└                                                   ┘
第09組(5/16)[128・129・130]
「アーケード」 vs 「野生生物」 vs 「中国(まちBBS)」
 展開が途中で分からなくなった試合。アーケードがトップであったが、中盤に野生生物が急激に追い上げる。
 中国(まち)は残念ながら奮わなかったが、後も他板援護にその姿を見かける。結果、アーケードの勝利。
 【勝者=アーケード】
第10組(5/17)[130・131・132]
「園芸」 vs 「アニメ」 vs 「キャラネタ」
 全試合中で最も穏やかな、ある種の名試合。対戦3板には敵愾心どころか、戦意すら薄いように見えたほど。
 3板(園芸含む)とも萌え板である。違うのは、他は「萌える側」だが、園芸のみ「萌えられる側」という点だった。
 【勝者=園芸】
第11組(5/18)[132・133・134]
「ライトノベル」 vs 「就職」 vs 「映画一般・8mm」
 本選の典型とも言える上位2板の戦い。ラジオ番組、ラーメンとの「ラ板争奪戦」を目指すライトノベルが有利。
 就職を振り切り、ライトノベルが勝利を収める。しかし、「ラ板争奪戦」は、夢の試合に終わる運命にあった。
 【勝者=ライトノベル】
第12組(5/19)[134・135・136]
「台湾」 vs 「ラジオ番組」 vs 「椎名林檎」
 中盤の事件を境に事態が急変した試合。工作員が某板のコテハンのまま台湾に工作をしかけ、
 元々台湾支持だったモ娘(狼)が反応、祭りに発展してしまう。勝者も敗者も、釈然とできない試合であった。
 【勝者=台湾】

第13組(5/20)[136・137・138・139・140]
「少年漫画」 vs 「FF・DQ」 vs 「世界史」
 新旧の同盟・友好関係と優れた支援物資が入り混じる完全三つ巴の名試合。一回戦最高の試合とも言われる。
 結果は少年漫画の勝利だが、世界史の名スレは印象的。FF・DQも敗れはしたが、後に他板援護に大活躍する。
 【勝者=少年漫画】
第14組(5/21)[140・141・142・143]
「プログラマー{=マ板}」 vs 「半角文字列{=半角}」 vs 「神社・仏閣」
 三つ巴ではないが、こちらも上位2板が完全に接戦となった名試合。別名・好色選挙。
 ごぞんじ半角に対し、マ板からは女神(*)が誕生する。結局勝利の女神もプログラマーに微笑む。
 【勝者=プログラマー】
第15組(5/22)[143・144・145]
「DTP・印刷」 vs 「ラウンジ」 vs 「ファッション」
 工作員が跳梁跋扈した迷試合。ファッションとラウンジの選対スレが工作員のためにボロボロにされる。
 デスマーチ(*)で工作の効かないDTP・印刷がマターリと勝利を収め、最大優勝候補・ラウンジはまさかの敗退。
 【勝者=DTP・印刷】
第16組(5/23)[145・146・147]
「モナー」 vs 「声優」 vs 「難民」
 Bブロック一回戦の最後は比較的静かな試合。優勝候補・モナーが独走態勢で勝利を収める。
 ここで敗退した声優は、後に投票所板での第2のトーナメントを実施することになる。
 【勝者=モナー】

[注]
*女神…リアルタイムエロ画像をアップしてくれる女性2ちゃんねらーのこと[「2典」より]

*デスマーチ…プログラマー板よりもたらされた概念。死の行軍。
          あまりに過酷な仕事に忙殺され、家へも何日も帰ず、命をも削っている状態。
           http://pc.2ch.net/test/read.cgi/prog/1016458885/
           http://pc.2ch.net/test/read.cgi/prog/1010939153/


--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第三部・様々な人、様々な試合〜Cブロック一回戦>>
┌                                                   ┐
│Cブロック一回戦の8試合は、それぞれに全く異なる性格を持つものであった。   │
│また、予選同票同時勝ち抜けによる2組の4板対決も、ここに集中した。      │
└                                                   ┘
第17組(5/24)[147・148・149・150]
「プロレス{=プ板}」 vs 「芸能ch」 vs 「オカルト{=オカ板}」 vs 「携帯・PHS」
 初の4板対決のために目立たないが、実は3板が競合した名試合。
 直接この試合ではないが、Aブロックが始まる前に勃発したプ板とオカ板の「呪戦争(*)」も印象深い。
 【勝者=プロレス】
第18組(5/25)[150・151・152]
「メンヘル」 vs 「大阪(まちBBS)」 vs 「電波・お花畑」
 何が起こったのかよく分からなかった謎の試合。強いはずの電波・お花畑がなぜか奮わない。
 実はメンヘルとの同盟の重複が原因で、電波お花畑は共倒れを恐れて同盟破棄。メンヘルもその期待に応える。
 【勝者=メンヘル】
第19組(5/26)[152・153・154]
「同性愛」 vs 「囲碁・将棋」 vs 「自衛隊」 vs 「ゲームサロン」
 またも4板対決となった試合。同性愛が想像していたよりも遥かに爽やかに勝利を収める。援護する板も多い。
 だがこの試合の主役は、敗退した囲碁将棋であろう。「百人組み手(*)」という全く新しい支援を展開したのだ。
 【勝者=同性愛】
第20組(5/27)[154・155]
「特撮!」 vs 「東京(まちBBS)」 vs 「お笑い小咄」
 一回戦で最も静かだった試合。なぜここまで静かになったのかは不明。そのぶん各板支援物資は光るが、
 予選に続き「仮面ライダー・ダルダ」を主とした支援物資の展開で、接戦の末、特撮が勝利。
 【勝者=特撮!】

第21組(5/28)[155・156・157・158・159・160]
「モ娘(羊)」 vs 「モバイル」 vs 「北海道(まちBBS)」
 前組とは両極端とも言うべき地獄となった試合。一言で言うと「モ娘」vs「ダウソ」。
 ラウンジ亡き今、最強とされたモ娘と、恐るべき強豪・ダウソの予選以来の友好板・モバイルが正面から激突した。
 【勝者=モ娘(羊)】
第22組(5/29)[160・161・162]
「パチンコ」 vs 「民俗学・神話学{=民神}」 vs 「身体・健康」
 第02組を練習試合とうそぶく弟・パチスロが全面支援した兄・パチンコの、極端なまでの一方的な試合。
 票数では確かに一方的であったが、民神の大量の支援物資は見逃せない。
 【勝者=パチンコ】
第23組(5/30)[162・163]
「少女漫画」 vs 「お酒・Bar{=酒板}」 vs 「ガイドライン」
 Cブロックでは珍しく正統的な試合。酒板の猛攻を振り切って少女漫画が勝利を収める。また、AAの多用で、
 このあたりから投票スレのサイズオーバーが頻繁になる。この日のスレも両方ともサイズオーバーした。
 【勝者=少女漫画】
第24組(5/31)[164・165・166]
「leaf・key{=葉鍵}」 vs 「私のニュース速報{=ニュー速7}」 vs 「時計・小物」
 葉鍵が完全に呑みこんだ試合。最初のカーレースによって、詳細グラフではY切片が0ではない現象が起きる。
 また、葉鍵はネタが優れる。が、惜しいことに分かる人が少ない。ニュー速7も必死で追うが、及ばなかった。
 【勝者=leaf・key】

[注] 
*呪戦争…プロレス板選対で意味不明の発言をする者が現れる。これを対戦者・オカルト板の呪いと断定したプ板は
          オカ板選対に「汗」による報復を仕掛ける。オカ板も「呪」で応酬。泥沼の戦争となる。
         http://sports.2ch.net/test/read.cgi/wres/1020620857/333-588
         http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1020267526/684-760
*百人組み手…囲碁・将棋板が用意したトーナメント用の企画で、ゲームサイトを利用して対局するもの。
          別スレ立てての企画はこれが初めて。企画賞ものと騒がれるほどの優れたものだった。
            http://live.2ch.net/test/read.cgi/vote/1021828566/


--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第四部・死闘!地獄のブロック〜Dブロック一回戦>>
┌                                                   ┐
│地獄と謳われたDブロック。それは名試合の連続でもあった。               │
│だが、そんな地獄のブロックも、幕開けは不気味なほど静かなものであった。   │
└                                                   ┘
第25組(6/1)[167・168]
「ほのぼの」 vs 「エロゲー」 vs 「国内旅行」
 全体的にマッタリとした試合。ほのぼのも国内旅行もかなりマターリした板であるためか。
 だが、もう一つのエロゲーは、本選進出の中では最も殺伐とした板であろう。
 【勝者=ほのぼの】
第26組(6/2)[168・169]
「家庭用ゲーム」 vs 「めがね」 vs 「なんでもあり」
 前組よりもさらに静かな試合。スタートダッシュが他組と比べるとほとんどなかったのも印象的。
 この日、2ch全体を騒然とさせた「タカラギコ事件(*)」が起こる。皆、投票どころではなかったのだろうか?
 【勝者=家庭用ゲーム】
第27組(6/3)[169・170・171]
「厨房!」 vs 「物理」 vs 「文房具」
 別の場所で異様な盛り上りを見せた試合。狼が物理板選対に惚れたのだ。(後に女性と分かり、狼は反省会を開催)
 文房具は振るわないが、これは見事な散り際というべき。厨房は意外なほどクリーンに勝利を収めた…
 【勝者=厨房!】
第28組(6/4)[171・172・173・174・175・176・177]
「三国志・戦国{=三戦}」 vs 「ハングル総督府{=総督府}」 vs 「顔文字」
 突然地獄のブロックが本格化。同盟の祖・三戦と狼・N連を味方にした総督府が激突。顔文字は意外に奮わない。
 しばらく総督府ペースで試合が進むが、少年漫画・パチスロなど多数の味方の援護で三戦が劇的に逆転勝利。
 【勝者=三国志・戦国】

第29組(6/5)[177・178・179・180]
「オリンピック{=オリ板}」 vs 「軍事」 vs 「FLASH・動画{=FLASH}」
 勢いでは前組に譲るも、完全三つ巴の名勝負。交流のオリ板、戦略の軍事、職人技のFLASH。いずれ劣らぬ強豪板。
 純粋に祭りを楽しむ境地に至ったオリ板が勝利するが、軍事の独特のノリやFLASHの支援物資も極めて印象深い。
 【勝者=オリンピック】
第30組(6/6)[180・181・182・183]
「ニュース速報+{=+}」 vs 「CCさくら{=さくら}」 vs 「ギャルゲー」
 依然と激しい試合だが、対戦3板合同のエール交歓から始まり、そして終わった、極めて爽やかな試合。
 実は運命的組合せでもある。+とさくらは元々友好板で、ギャルゲとさくらは萌属性で予選を共に勝ち残った。
 【勝者=ニュース速報+】
第31組(6/7)[184・185・186]
「競馬」 vs 「議員・選挙」 vs 「ハード・業界{=ゲーハー}」
 Dブロックでは珍しい一方的な試合。予選得票3位の強豪・競馬が圧倒的な勢いで始終トップをキープ。
 議員選挙とゲーハーは、残念ながらあまり奮わなかった。
 【勝者=競馬】
第32組(6/8)[186・187・188・189・190・191・192]
「モ娘(狼)」 vs 「半角二次元{=半虹}」 vs 「未来技術」
 一回戦最後の試合にして、一回戦最大の死闘。なんと勝者の狼は、(目標でもあった)3000票を超える。
 狼と死闘を繰り広げた半虹も、敗れたとは言え、その票数は2500近い。
 【勝者=モ娘(狼)】

*タカラギコ事件…代表的なAAキャラの一つ「ギコ猫」を、タカラが商標登録しようとしていた事が発覚。
            2ch全体が一時騒然。多くの抗議が出され、結局タカラの出願取り下げで決着となる。
             http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1023008632/

--------------------------------------------------------------------------------------------

本選に入って印象的だったのは、第01組でいきなり1000票の戦いになったことだった。
予選において1000票は、唯一第30組のモ娘(狼)が出しただけで、そう簡単には超えられない巨大な壁であった。
これが、あっさりと(参戦者にとっては「あっさり」など、とんでもないだろうが)第1試合で叩き出された。
しかも、第01組が例外ではないことを証明するかのように、第02組もまた、1000を超える試合であった。
比較的静かであった試合であっても、500〜700が勝ち抜けのボーダーラインとなる。

本選一回戦の特色は3板(4板もあり)による対戦という点である。
予選は13(14)板のバトルロイヤル方式であった。
また、後述するが、二回戦以降は最後まで一対一の試合形式となる。
だが実際は、ほとんどの試合は上位2板の対決の様相で、のこる1板の票は奮わないのが通例であった。
それ故に、02組・13組・17組(4板試合)・29組のような三つ巴の試合は名試合と評判となる。
無論、これら以外にも優れた名試合は多数存在する。
05組・28組・32組のような凄まじい勢いで2板が壮絶に激突した試合、
14組・19組・24組のような優れたネタが炸裂した試合など、観戦者の立場から見ると面白い。
参戦者の立場からすれば、98板による32組すべての試合が名試合であったであろう。

また、議員・選挙板や声優板など、全板トーナメントをきっかけに、独自のトーナメントを開催した板もあった。
(なお、本トーナメントも「葉鍵最萌トーナメント」がきっかけであった。)

ところで、投票所を始めとするスレや観戦記などで普通に使われている、一種の専門用語がいくつかある。
これらは本トーナメントのみの用語もあるが、各種「最萌トーナメント」でも通用する概念も少なくない。
そこで、これら用語のうち、もっとも代表的と思われるものをいくつかピックアップして紹介しよう。

・支援物資【しえんぶっし】
  票と支持を選るために自分の応援する対象をアピールする物資。
  名スレ紹介を始め、AAやSS、果ては参加型アピール企画など、その形態は様々。

・選対【せんたい】
  1)選対スレッド。トーナメントに臨むにあたっての作戦やネタの仕込み等を話し合う為のスレッド。
  2)選対コテハン。トーナメントにおいてコテハンを名乗り、板を引っ張って行くリーダー格。

・同盟【どうめい】
  トーナメントにおいて、板間で正式に結ばれた強い友好関係。
  選対スレにおいては、自板でなくても同盟相手に投票することが強く推奨される。
  この是非については賛否両論ある。
    賛…全面的に応援する対象があることで、たとえ自板が敗れてもトーナメントに参加できる。
    否…同盟によって大勢力が生まれ、試合がどうしてもパワーゲーム化してしまう。

・友好【ゆうこう】
  トーナメントにおいて生まれた板間の関係。試合に住人が投票してくれた板などと芽生える。
  同盟ほど強くはないが、選対スレでは応援し、投票が推奨される対象。
  実は「同盟」との違いはかなり曖昧で、この為に悩まされた板も少なくない。

・工作員【こうさくいん】
  板間関係や選対スレの流れを阻害する、トーナメントにおける一種の荒らし。

・珍作員【ちんさくいん】
  「工作員」の派生語。お粗末な工作員のこと。工作に参加者が慣れてきたために生まれた言葉と思われる。
本選トーナメントが開幕してちょうど一ヶ月後の6月8日、
激戦のうちにその一回戦は幕を閉じる。
これから二回戦が開始されるのだが、
単に観戦しているだけだと、新しいステージに移ったという印象があまりなかったように思われる。
一回戦が終了その一時間後、息つく間も無く、二回戦が開幕したためだろう。
また、二回戦は投票スレッドに200番台がつけられたが、、
一回戦最後の試合である第32組の最後が201に繰り越されたのも、この印象の要因かもしれない。

ところで、二回戦からは一部ルールが変わる。
一回戦が3(〜4)板対決だったのに対し、二回戦からは2板の勝負となる。
実際は一回戦も、事実上の一対一となった例も多かったが、
ここからは最後まで正真正銘の一対一のガチンコ勝負が展開してゆく。
さすがにここまで勝ち残った板は、票だけでなく支援物資・ネタ・指向性など、どれも一癖ある強者板ばかり。
これら強豪板たちが、入れ替わり立ち代り、連日のように真正面から激突する。

--------------------------------------------------------------------------------------------

[本選トーナメント後半(二回戦・B別準決勝(三回戦)・B別決勝(四回戦))]
さて、これから本選の後半戦、二回戦〜ブロック別決勝(四回戦)の各試合を見ていくのだが、
前述のとおり、一回戦とはややルールが違う。
・二回戦以降は最後まで、前試合を勝ち抜けた2板による一対一の対決となる。
・組み合わせの再抽選はなく、5月5日の抽選会により決定されたトーナメント勝ち抜け方式。
・本選では[[投票コード]]は必須。
なお、本選の投票スレッドの過去ログは
http://isweb42.infoseek.co.jp/photo/hkdome/
を参照。
(「2XX」とナンバリングされたのが二回戦の投票スレッド)
(「3XX」とナンバリングされたのがB別準決勝(三回戦)の投票スレッド)
(「4XX」とナンバリングされたのがB別決勝(四回戦)の投票スレッド)

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第五部・新ステージ開幕〜Aブロック二回戦>>
┌                                                   ┐
│様々な要素が混在し、全体的にバランスがとれたAブロック。             │
│始まりの場所ということもあり、極めてセンセーショナルなブロックであった。     │
└                                                   ┘
第33組(6/9)[201・202・203・204]
「海外サッカー{=海サカ}」 vs 「株式{=株板}」
 本当にどちらが勝ってもおかしくない接戦となった名試合。しかし、最後に運命は海サカに微笑んだ。
 まさに運命的で、W杯で強豪ロシアへの日本勝利が強く影響。惜しくも敗れた株板も日本勝利を爽やかに祝った。
 【勝者=海外サッカー】
第34組(6/10)[204・205]
「国内サッカー{=国サカ}」 vs 「ラーメン」
 2ch全体の一時的ダウン(*)が影響したのか、試合は静かに進行した。両板ともに支援を重視。
 両者一歩も譲らない接戦でもあった。最終的には国サカの勝利で、三回戦は運命の対決が決定された。
 【勝者=国内サッカー】
第35組(6/11)[205・206・207・208・209]
「Download{=ダウソ}」 vs 「ずるい女{=モ娘(鳩)}」
 予想外に一方的であった試合。ダウソvsモ娘の地獄の試合と予想されたが、ダウソが圧倒的優勢。
 もっとも、ずるい女も相手がダウソでなければ決して負けペースではない。やはり熱い試合ではあった。
 【勝者=download】
第36組(6/12)[210・211]
「ニュース極東」 vs 「ジュース」
 両板とも「板のアピール」を最重視しており、それ故に支援物資も多い、極めて爽やかな試合となった。
 両板ともその魅力を余す所なく見せ、試合後にはお互いを称えての乾杯まで挙げられた。
 【勝者=ニュース極東】

[注] 
*全板一時的ダウン…6/10の昼過ぎ、2chの全サーバーがダウンした。
              これは過負荷によるダウンではなく、回線障害によるものであったらしい。
              だがこの日、投票所でも投票を控える人が多かった。
              なお、この事件の原因は不明。

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第六部・本当の天国〜Bブロック二回戦>>
┌                                                   ┐
│凄まじい地獄があるでもなく、ただ優雅に.名試合あるのみのBブロック。        │
│観戦者だけでなく、参戦者にも名勝負だったと思わせる、まさに天国であった。   │
└                                                   ┘
第37組(6/13)[212・213・214]
「アーケード{=アケ板}」 vs 「園芸」
 両者の「戦う理由」が明確であった試合。シャア専用を始めとする多くの愛に支えられた園芸と、
 友と強敵のために勝たねばならないアケ板。結局、運命は友情を選ぶが、園芸の敗退を惜しむ声も少なくない。
 【勝者=アーケード】
第38組(6/14)[214・215・216]
「台湾」 vs 「ライトノベル{=ラノベ}」
 支援合戦が熱かった試合。票は台湾が優勢に運び、支援物資も凄まじいが、
 ラノベも「ライトノベル」そのものの魅力を熱く語る多くの支援物資で激しく応戦した。
 【勝者=台湾】
第39組(6/15)[216・217・218・219]
「少年漫画」 vs 「プログラマー{=マ板}」
 少年漫画がエルメェス(*)祭りを開催した試合。このキモさが格好の支援物資となり¶(髪)がやたらと目立つ。
 マ板は、今回は女神([前編]参照)の降臨はなく、マ板の存在をアピールする正統的な戦い振りを見せた。
 【勝者=少年漫画】
第40組(6/16)[219・220]
「モナー」 vs 「DTP・印刷{=印刷}」
 モナー有利の一方的な試合。印刷はやる気が無いのではない。実は本家プログラマー板以上のデスマーチ板。
 先頭に立つ選対コテがデスマーチ([前編]参照)で不在、力が発揮できなかったのだ。
 【勝者=モナー】

[注] 
*エルメェス…「ストーン・オーシャン(ジョジョの奇妙な冒険・第6部)」(「週間少年ジャンプ」連載)の女性キャラ。
         なぜか異様にキモい仕上がりのAAで、トーナメント参加者のドギモを抜いた。
                  △△△△△△△
               ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
             ¶¶¶¶¶¶¶""""""¶¶¶¶¶¶¶¶""
             000◯◯0 _,,,,, ▼,,,≡0◯
             ¶¶¶¶ ¶ ¶ 〃 _\ /≡≡|¶ ¶
             ¶¶¶¶ ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|¶ ¶
             ¶¶¶¶ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|¶ ¶
             ¶¶¶¶ ¶ ¶≡ / ... |||≡≡|¶ ¶
             ¶¶¶¶ ¶ ¶ 《    .ヽ 〉 ≡|¶ ¶
             ¶¶¶¶ ¶ ¶  ゛ ?⌒〜≡¶ ¶|
             ¶¶¶¶ ¶ ¶    ..L_」≡/¶ ¶
              ¶¶¶ ¶ |   .┗━┛ ¶ ¶
              ¶¶¶ ¶ \   ┃≡/ ¶ ¶
              ¶¶ ¶    ̄
--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第七部・住人十色〜Cブロック二回戦>>
┌                                                   ┐
│苦戦、静けさ、死闘、ネタ。各試合が全く別の様々な顔を見せるCブロック。    │
│このブロックに組み込まれた板は、どれもこれもが濃ゆい強豪ばかりであった。   │
└                                                   ┘
第41組(6/17)[220・221・222]
「プロレス{=プ板}」 vs 「メンタルヘルス{==メンヘル}」
 自ら望んで波乱に飛び込む馬鹿板四天王(*)・プ板と、望まずとも波乱が巻き起こってしまうメンヘルの戦い。
 今までとは一味違う相手にプ板は苦戦。メンヘルは選対に独特の雰囲気を持つも、ひたすら板のアピールに努めた
 【勝者=プロレス板】
第42組(6/18)[222・223・224]
「同性愛」 vs 「特撮!」
 テーマは「葬式」。ウルトラマンコスモスの弔問客が特撮を中心に投票所に集まる。同性愛からも参列。
 主人公に同性愛が萌える一幕も。また、W杯の日本敗退で2ch全体がお葬式ムード。試合も比較的静かだった。
 【勝者=同性愛】
第43組(6/19)[224・225・226・227・228・229・230・231]
「モ娘(羊)」 vs 「パチンコ」
 2285と2286の脅威の一票差。中盤まで羊が圧倒的優勢だったが、終盤、パチンコが突如活発化、急激に追い上げる。 なお、この試合結果は審議に審議が重ねられ、最終結果が出たのは翌々日、次試合の結果よりも後のことだった。
 【勝者=モ娘(羊)】
第44組(6/20)[231・232・233・234]
「leaf・key{=葉鍵}」 vs 「少女漫画」
 勝負よりもネタの試合。両板とも本当に戦っているのかと疑わしいほど、ネタが清々しく乱舞した。
 しかし、やはり馬鹿板四天王(*)の一角・葉鍵。ネタの物量と質で少女漫画に勝利を収める。
 【勝者=leaf・key】

[注]
*馬鹿板四天王…トーナメント後半における重要語句のひとつ。
            「プロレス(汗板)」「パチスロ(アホ板)」「シャア専用(浮気板)」「leaf・key(汁板)」
            以上4板のあまりのバカさ加減を称えた美称。
            ・プロレス…とにかく暑い。印象的なエピソードとしては呪戦争([前編]参照)がある。
            ・パチスロ…自板の試合を練習試合とし、パチンコを兄と慕って、これを乗っ取る。
            ・シャア専用…園芸への一途な愛で評判だが、後に浮気が発覚。(彼らはこれを強く否定)
            ・leaf・key(葉鍵)…ネタに始まりネタに終わる、最萌トーナメント発端の地。
            彼らはこの後、最後の最後までトーナメントを盛り上げていくことになる。

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第八部・本当の地獄〜Dブロック二回戦>>
┌                                                   ┐
│地獄と謳われたDブロック。二回戦においても死闘が大半を占めるが、         │
│中でも46組は無効票7000以上という、まさに悪夢のような戦いであった。      │
└                                                   ┘
第45組(6/21)[235・236]
「ほのぼの」 vs 「家庭用ゲーム{=家ゲー}」
 Dブロックにしては穏やか試合。票の流れも静かだが、ほのぼの板が穏やかな雰囲気を作り出していた感がある。
 住人数は上位クラスの家ゲーは、各種支援物資を続々と投下して奮戦するも、ここで敗退。
 【勝者=ほのぼの】
第46組(6/22)[236・237・238・239・240・241・242・243・244・245・246・247・248・249]
「三国志・戦国{=三戦}」 vs 「厨房!」
 地獄中の地獄。厨房の戦いをまざまざと見せ付けた試合。「無効票祭り(*)」で投票スレが次々に沈んでいく。
 こうなっては三戦の支援物資もほとんど効果をなさない。グラフが出てやっと試合展開が分かるほどであった。
 【勝者=三国志・戦国】
第47組(6/23)[250・251・252・253・254]
「ニュース速報+{=+}」 vs 「オリンピック」
 鮮やかな逆転劇が印象的な名試合。序盤はオリンピック主導で進む。しかし、中盤+が急激に票を伸ばし逆転。
 その後も両者譲らず、終盤は再逆転を狙いオリンピックが猛攻。だが、僅かに及ばず、敗退を喫する。
 【勝者=ニュース速報+】
第48組(6/24)[254・255・256・257・258・259・260・261・262]
「モ娘(狼)」 vs 「競馬」
 当時、事実上の決勝とまで囁かれた死闘。予選得票数1位・4位と、どちらも強豪中の強豪。
 結局1000近い差をつけて狼が勝利したが、3500vs2500と、ケタ外れの戦いをした上での1000票差であった。
 【勝者=モ娘(狼)】

[注] 
*無効票祭り…一回戦にラウンジが工作員に乗せられて出来たのが初出。厨房板がD二回戦で完成させた。
            当の厨房板選対スレも無事では済まされず、数多くがサイズオーバーで沈められていった。
          http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1024683974/
          http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1024684090/
          ↑こちらは通算9・10番目の選対スレ。
          これ以降は選対スレなのかさえ不明なスレが、作られてはそのまま沈んでいった。

--------------------------------------------------------------------------------------------

一回戦から、一気に駈け抜けるようにして始まった二回戦は、こうして終わりを迎えた。
次は三回戦=ブロック別準決勝が待っている。

もともと、これまでと同様に二回戦終了直後にブロック別準決勝は始まる予定であった。
だが、一回戦終盤に「意見箱スレ」に休みを入れてほしいと言う要望が入った。
( http://live.2ch.net/test/read.cgi/vote/1021222291/ 『2ch全板トーナメント』運営への意見箱-002 )
これにより、2回戦〜ブロック別準決勝 間に、一日だけ休憩日が設けられた。
本選開始以来、およそ二ヶ月ぶりの休憩日となる。
だが、休憩日とはいえ、投票は行われる。何処からとは無しにエキシビジョンが持ち上がったのだ。
本選の激しさを離れ、票を集める必要も無い「試合」をみんなが楽しんだ。

  番外編01(6/25)[262・263(重複262)]
  「全板トーナメント運営最萌エキシビジョンマッチ」(敬称略)
    誰からとは無しに持ち上がったネタ企画。だが、多くの人が各運営陣に様々な想いを込めた一票を投じる。
    「青色水先案名無い人」が、これまでの精力的活動による人気で優勝した(本人は戸惑っていたようだが)。

一日の休息が明け、長かったトーナメントの8強を決定する戦いが、ついに始まった。

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第九部・訪れた運命、訪れる宿命〜A&Bブロック準決勝>>
┌                                                   ┐
│これまで様々な住人の、様々な想いが交錯してきたトーナメント。          │
│姉妹対決に同鯖対決。Aブロック準決勝は、まさには運命的なものであった。    │
│また、Bブロックは、この準決勝によって、宿命の対決が決定される。           │
└                                                   ┘
第49組 【A−準決勝 ( I ) 】(6/26)[301]
「海外サッカー」 vs 「国内サッカー」
 兄妹対決と言われる哀しい試合。「迷った挙句の投票」との声も目立ち、結果、大規模とは言えない試合となる。
 この日、2chのいくつかのサーバーのデータが消滅した(*)が、あるいはそれも関係しているかもしれない。
 だが反面、本トーナメントには珍しく、スッキリとした試合でもあった。
 【勝者=海外サッカー】

第50組 【A−準決勝 ( II ) 】(6/27)[302・303・304・305]
「download」 vs 「ニュース極東」
 今度は同じtmp鯖同士の対決。だが、試合中はそんな情緒など無用とばかりに、正面からぶつかり合った。
 勝利へのこだわりなら恐らく最強のダウソが、かなりの大差をつけ、勝利。
 敗れた極東は試合後、ダウソと共に乾杯をあげる。彼らにはここまで戦い抜いた爽快感の方が強いように思える。
 【勝者=download】

第51組 【B−準決勝 ( I ) 】(6/28)[306・307・308・309]
「アーケード」 vs 「台湾」
 突然の逆転劇が印象的な名試合。前半はニュース連合やモ娘が強力にバックアップする台湾が圧倒的にリード。
 だが、試合もちょうど中頃、突然アケ板が猛攻を開始する。
 これ以降は、前半とは全く逆の展開。勢いに乗るアケ板を台湾が追う展開となった。
 【勝者=アーケード】

第51組 【B−準決勝 ( II ) 】(6/29)[309・310・311]
「モナー」 vs 「少年漫画」
 終盤こそ本番としか言いようの無い試合。完全にモナ板ペースで試合は進む。これまでの勢いが無い少年漫画。
 やはりモナ板相手では存分に力を発揮できないのか?…そう思われた終盤、少年漫画があまりに突然の復活。
 結論から言えばモナ板勝利で試合は終えるが、その差は僅かに一票。たった一票がその命運を分けた。
 【勝者=モナー】

[注] 
*鯖データ消滅…6/26の夕方頃、kaba・newsなど、いくつかの鯖のデータが一部消滅。
             特に、2ch運営系板のあるkaba鯖は、全てのデータが消滅したらしい。
             外部からのクラックとも言われているが、真相は不明。

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<第十部・投票所の歩き方〜C&Dブロック準決勝>>
┌                                                   ┐
│これまで様々な試合が、毎回全く異なる表情を見せてきたトーナメント。        │
│Cブロック準決勝はネタ重視の展開で、強烈なインパクトを生む。            │
│一方のDブロックは真剣勝負の中に、試合そのものの個性が生きた。          │
└                                                   ┘
第53組 【C−準決勝 ( I ) 】 (6/30)[311・312・313・314・315]
「プロレス」 vs 「同性愛」
 プロレスの猪木のビンタ相談室。同性愛の独特な雰囲気のネットラジオ。・・・など。
 この日の投票スレは、対戦する両板の個性が強烈に発揮され、その雰囲気を完全に掌握した。
 溢れんばかりの「愛」と「汗」にみち満ちたその空気は、まさに恐るべき夢の宴であった。
 【勝者=プロレス】

第54組 【C−準決勝 ( II ) 】 (7/1)[316・317・318・319・320・321・322・323・324]
「モ娘(羊)」 vs 「leaf・key」
 両者の観点は全く違うが、トーナメントを楽しみ尽くした両板の闘い。
 トーナメントを純粋な「祭り」と捉える「娘。」陣営。トーナメントを純粋な「ネタ」と捉える葉鍵。
 また、この試合は葉鍵が別の投票を同時進行する企画を実施した。
 【勝者=モ娘(羊)】

第55組 【D−準決勝 ( I ) 】 (7/2)[325・326・327]
「三国志・戦国」 vs 「ほのぼの」
 突撃した先はうららかな春の野原だった試合。この試合の雰囲気を表すには、こう言う外は無い。
 熱く合戦を楽しむ三戦に対し、ほのぼの板はやはりほのぼの。なんとも奇妙な光景であった。
 支援物資も、三戦は知識を尊ぶ硬派な物であったのに対し、ほのぼのは、ホットケーキなど、ひたすらほのぼの。
 【勝者=三国志・戦国】

第56組 【D−準決勝 ( II ) 】 (7/3)[327・328・329・330・331]
「モ娘(狼)」 vs 「ニュース速報+」
 徹底的に祭りを楽しむ巨大板と、多数が祭りに背を向けた巨大板の戦い。無論、前者が圧倒的に優勢。
 +はその性質上「利用する」ための板であり、板として参加するこのような祭りでの弱点が露呈してしまう。
 狼は純粋に楽しむために積極的に参加。しかし狼自体で祭り(*)が発生し、いつもほどは票が伸びなかった。
 【勝者=モ娘(狼)】
[注]
*モ娘(狼)7/3の祭り…モー娘。から派生した3つのシャッフルユニットが、この日オリコンで1〜3位を独占。
               当然のように狼では盛大な(少なくとも他板から見れば)祭りとなった。
               (残念ながら、資料は発見できず)

--------------------------------------------------------------------------------------------

ブロック別準決勝が終わりを迎え、再び休憩日が訪れる。

  番外編02(7/4)[331・332 (未使用の333は破棄)]
  「全板選対コテハン最萌エキシビジョンマッチ」(敬称略)
   またしても持ち上がったエキシビジョン。2回目は各板の先頭に立った各選対たちがクローズアップされる。
   「モナ〜大好き@喪拿〜(酒板代表)」が栄冠に輝くが、本戦と違い、票数は大きな問題ではなかったようだ。

四回戦=ブロック別決勝では、一試合ごとに一日休憩日が設けられた。
これらの休憩日は、そのほとんどがエキシビジョンで飾られる。

熾烈を極める本試合と、マターリ静かなエキシビジョン(または完全休業日)。
これらが交互に行われたのが、全板中の4強を決めるブロック別決勝の流れであった。
その意味では、これまでとは一線を画すものであったと言える。
そこで、エキシビジョン03〜05は、日程どおり、ブロック別決勝に織り交ぜて見ていきたい。

--------------------------------------------------------------------------------------------

<<終部・四つの決戦〜各ブロック決勝>>
┌                                                   ┐
│ あのラジオによる組み合わせ抽選会からおよそ2ヶ月、とうとうここまで来た。  │
│  A〜Dの4つのブロックを勝ち上がってきた八強が激突するB別決勝。      │
│          その激しく美しい戦いがついに始まる。                │
└                                                   ┘
第57組 【 A−決勝戦 】 (7/5)[401・402・403・404・405]
「download」 vs 「海外サッカー」
 海サカは前試合での妹と合流、「ワールドカップMVP投票」を同時進行させる。
 だが、やはりダウソは強い。その必死とも言える勝利への熱意で、常に試合をリードした。
 これに対し、玉砕覚悟のサカ板は最後まで正々堂々と、真正面から戦い抜いた。
 【勝者=download】

  番外編03(7/6)[405]
  「完全休憩日 ( I ) 」
   この日、投票は行われたが、特定のテーマを持ったエキシビジョン企画はついに持ち上がらなかった。
   だが、2回戦で敗退した特撮板が、完成した「仮面ライダー・ダルダ」第1話を携え、投票所に帰ってきた。
  
第58組 【 B−決勝戦 】 (7/7)[405・406・407・408・409]
「アーケード」 vs 「モナー」
 全体でも最高の名勝負と名高い試合。予選03組の再現とばかりに、参戦者も観戦者もモチベーションが高い。
 この日を夢見てきた両板のその闘志は凄まじいが、敵としてではなく、うち克つべきライバルの戦いであった。
 両板ともに逆転に逆転を重ね、全く予断を許さないが、最後に多くの友好板からの一斉投票でアケ板が制する。
 【勝者=アーケード】

  番外編04(7/8)[409]
  「敗退板人気トーナメント」
   すでに敗れ去ってしまったが、それでも忘れられない板たちへの感謝祭となったエキシビジョン。
   ここに投票された板名を見ると、予選・本戦、過ぎ去った数々の試合の思い出が走馬灯のように蘇る。

第59組 【 C−決勝戦 】 (7/9)[409・410・411・412・413・414・415・416]
「モ娘(羊)」 vs 「プロレス」
 票数に隠れて見えづらいが実は真面目で正統的な羊と、ご存知馬鹿板四天王の一角・プ板の試合。
 その戦いは激しいが、実は、裏で他の馬鹿板四天王たちは「第一回2ch横断馬鹿板ウルトラクイズ」で楽しんでいた。
 プ板は、相変わらず大量の支援物資とネタが光るが、深夜帯の票の伸びが差となり、羊が勝利を収める。
 【勝者=モ娘(羊)】

  番外編05(7/10)[416・417]
  「本選Eブロック・一回戦」 (「納豆」 vs 「呪」 vs 「豆腐」 vs 「野菜生物」 vs 「ソース」 vs 「醤油」)
   本戦が始まって以来、その存在は時折噂されるも、なかなかその実態が掴めなかったEブロック。
   もともと上位2板勝ち抜け方式であったが、急遽ルールが変更されて3板勝ち抜けとなった。
   【勝者=納豆・呪・豆腐】

第60組 【 D−決勝戦 】 (7/11)[417・418・419・420・421・422・423・424・425・426]
「モ娘(狼)」 vs 「三国志・戦国」
 予選における得票数1位と2位、強豪中の強豪が激突した試合。三戦は同盟の元祖。同盟板の動向が気になった。
 少年漫画は100を越す板に支援を依頼して回り、パチスロ(馬鹿板四天王)も多くの板に遠足(*)に出かけた。
 だが、結局、単独では最強の狼に軍配が上がる。と言うことは、準決勝第二試合は…
 【勝者=モ娘(狼)】

[注]
*Eブロックの6板…納豆板    http://jbbs.shitaraba.com/computer/1566/
             呪板      http://curry.2ch.net/occult/
             豆腐板    http://jbbs.shitaraba.com/shop/126/
             野菜生物板 http://science.2ch.net/wild/
             ソース板   http://jbbs.shitaraba.com/sports/2148/
             醤油板    http://jbbs.shitaraba.com/shop/128/
              (見覚えのある板もいくつかあるが、気にしないこと)

*パチスロの遠足…パチスロが三戦板応援のため考えた企画で、挨拶回りを兼ねている。
             行く先々で参加者は雪だるま式に増える。投票所の運営スレにも来る予定だったが挫折。
             そのうちパチスロは、これが三戦援護企画であることをすっかり忘れていたらしい。
             http://ex.2ch.net/test/read.cgi/slot/1026160474/
             http://ex.2ch.net/test/read.cgi/slot/1026307928/
             http://aomori.cool.ne.jp/slot130/ensokutop.html (「遠足」記録サイト)


--------------------------------------------------------------------------------------------

こうして60の試合で構成された本選トーナメントは
65日間に及ぶ全日程を無事終了した。
本選でA〜Dの各ブロックから選出された四強は以下のとおり。

Aブロック・・・ダウンロードソフト板{=download}
Bブロック・・・アーケード板
Cブロック・・・愛の種板{=モ娘(羊)}
Dブロック・・・ハロプロ板{=モ娘(狼)}

本選トーナメントは、数々のドラマに彩られていたが、
残念ながら、この文ではその全てを言い尽くしたとはとても言えない。
各試合ごとに正規の力作観戦記があるので、詳しい試合の流れはそちらを読んでいただければ幸いである。

予選・本選・決勝と、『2ch全板人気トーナメント』は3つの大枠で構成される。
その2つまでが終わり、これから、いよいよ大詰めの「決勝トーナメント」へと突入する。
決勝トーナメントは準決勝第一試合・準決勝第二試合・決勝戦と、
これまでからすれば僅かに3試合しかないが、最後の栄冠を決める最も重要な試合である。
特に決勝戦は、まさにケタ外れの規模の試合となった。
決勝トーナメント3試合の流れについては次に譲るが、
ここで、本選が終わり、決勝を控えた1日の投票所の様子を見てみよう。

  番外編06(7/12)[426・他(427は破棄)]
  「完全休憩日 ( II ) 」
   本選最後の試合が終わったこの日、投票は全く無かった。
   残された投票スレ426はさまざまな板がネタを披露しつづけた。
   雑談スレは相変わらず殺伐と辛口(すぎる?)批評が飛び交い、
   運営スレは、本選最後の第60組の審議が進められる。
   結局この日も埋めきれなかった427は、運営人の宣言で破棄が決定され、厨房板並みの埋め立てが敢行された。
   裏でこの427埋め立てられている間、表では準決勝第一試合が展開していた。
6419.net