勝者 アーケード 1262票
                        
                        
                        敗者 台湾 1020票

本選第51組(6/28)
Dz
◆.Dz2qTUo
氏 アーケード板入場
ふと目を閉じてみる―――――

『勝者、アーケード!』
2週間前の激闘の場面が次々に脳裏をよぎる。

萌えと燃えのぶつかり合い。
意地と意地のぶつかり合い。

―――――楽しかった。

勝った負けたの問題ではなく、純粋に楽しかった。
相手の猛攻、俺の反撃、観衆の声援、そのどれもが快感として俺の中を駆け回る。

一方は、愛する者の為その身を捧げた。
一方は、強敵(とも)との契りを果たすべく戦い抜いた。
相容れない二つが複雑に絡み合ったとき、その勝負は忘れられぬ快感をもたらした。

『認めよう、君という漢がいたことを』
『私達に悔いはありません。3回戦もがんばってくださいね』
傷だらけになりながら交わした握手の感触は、今でもこの手に残っている。

「台湾、か…」
ライトノベルとの2回戦終了後、観客席にいたこちらをきっと見据えた彼女の視線。
その背後にたたずむ巨大な狼、俺を貫いた鋭い眼光―――只者じゃない。
傷が疼きだす。先の戦いの傷は、その激闘を忘れるなということだろうか、ほとんど癒えぬまま残っている。
だが、正直この疼きが心地よく感じられるのは少々危険かもしれない。

―――――楽しんでいる。

命がけの勝負を、圧倒的な恐怖を、わくわくしながら待ちうけている。
われながら危ない奴だ…ふと苦笑いが浮かんだ。
今まで戦ってきた好敵手たちの思い・意志・信念―――それらが拳を通して蘇ってくる。
その思いが純粋であったからこそ、ここまで甘美な感覚をもたらしてくれるのだろう。
これから始まる、23時間の快楽。今回も目一杯味わってこようじゃないか。

「時間だな―――」

控え室を出て、花道を歩き出す。
一歩、また一歩。踏みしめるたびに胸が激しく踊る。
震えが止まらない。待ち切れないのだ。
全身が総毛立つ。体温が急激に上がり始める。

「相変わらず、暑苦しいくらいに燃えているモナ―――」
―――――モナー。わざわざ見送りに来たのか。
「嬉しいんだよ、こうやって強い相手と戦えることが―――、単細胞だから、身体全体で表現が出てしまう」
「真剣勝負を純粋に児戯の如く楽しむ―――、その姿勢嫌いじゃないけど…やっぱりちょっと危ないモナ」
「全くだ、われながらそう思ってたところだよ」
軽い笑い声が薄暗い花道に響く。
「約束の時まで後わずか、先にブロック決勝で待ってるぜ」
歩みを始めたその時、不意に後ろから声がかかった。
「おーっと待った。次の試合の結果まで勝手に決められちゃ困るねぇ」

少年漫画…次戦、モナーと当たる強豪がなぜここに?
「シャア兄貴、園芸姉さんの仇は俺が必ず取る! 約束を不意にするようで悪いが明日の勝負は俺が勝ち―――」
言いながらこちらを指差し(ご丁寧に親指を下に向け)
「その次は、あんたの首もいただくぜ」
「こりゃまた威勢のいい決意表明だな。しかし…そういう挨拶は大好きだ」
「負けられないのは誰もが同じ、こっちも全力で勝ちに行くモナ」
「面白れぇ、こっちも燃えてきたぜ。明日はすげぇもの見せてやるよ…!」
両雄合いまみえる、といったところか。今日は俺の試合だというのにこいつらのほうが臨戦体制になってやがる。
やれやれ、これじゃどっちがこれから戦うのかわかりゃしねぇ。

「まぁ、その前にあんたが今日勝てるのかどうかだ。ここは一つ、お手並み拝見といかせてもらいますか」
モナーからこちらへ視線を移し、飄々とした雰囲気でこちらをうかがう少年漫画。
その表情からは余裕の色すら読み取れる。底の知れない奴だな。
「勝ち負けは問題じゃない、どれだけ全力でやれるかだ。ま、もっとも俺には…」
「『負ける要素はない』モナね」
「…台詞を取られちまったな」

微笑を浮かべ、振り向かずに歩き出す。次第に観衆の声援が大きくなってくる。
いよいよだ。走り出したくなる衝動を必死に抑える。
これまで戦ってきた、そしてこの先待ちうける、強敵(とも)達。
そいつらの思いに全力で応えるためにも…負けるわけにはいかない。
向こうももちろん、その心構えで挑んでくるはずだ。
頭の中でさっきのモナーの台詞がリフレインされる。
(『負けられないのは誰もが同じ』か。だったら…ぶつかるしかねぇよな)

闘場が見えてきた。頭のハチマキを締め直し、いざ、光の下へと―――。


歓声が、一段と高く上がった。


本選第51組(6/28)
SF( `.∀´)
◆Kei.2QQ2 氏の観戦記
6月も終わろうとしている美麗島は、既に夏を迎え熱帯夜の毎日だった。
 これから始まる戦いを前に、港に集まった彼らは、目の前で仲間の極東が倒れていくのを
見て、顔色の悪さを隠せない。今まで彼らを導いてきた花蓮小姐は病に臥し、指導者・外交
にも不安が残るまま、ついに、この日を迎えてしまったことを悔やむ気持ちもある。
 しかし、戦わなければいけない。プライドと友好、そして真の独立のために。
 出航の刻は近づいていた。

 同じ頃、新宿。
 クーラーの排気熱でさらに不快さを増した西口電気街。
 猥雑なネオンが輝く店から、一人の男がステップを踏みながら出てきた。
頬には大きな傷が、そして肩にはいつもより大きく膨らんだデイパック・・・多くの強敵(とも)
の意思と、そして奴へぶつけるための恋愛にも似た戦意が詰まってる・・・を背負って。
 「もう一つ、あともう一つだ」
誰に聞こえるともなしに言った一言が、不夜城に消えていった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー
 ちょうどきりがよく、前スレが終わったため、「なまらゲームセンター名無し◆dWB0/d2s」氏の準
備した投票スレッド306からの試合開始となる。この辺からも臨戦態勢が十分なアケ板の戦意
の高さが見える。それに対し、台湾板は多くの住民が極東と被ってるようで、選対は過疎化し、
明らかにパワーダウンの様子であった。
 投票所に「Dz◆Dz2qTUo氏」によるおなじみアケ板入場SS、「のの人募集中」氏の煽りが貼ら
れると、若干のフライングを挟みつつ、試合開始。「ギャルゲ軍師」氏による逆チキン成功に
続き、0:30のJSA・USAと序盤戦はほぼ互角で推移する。

2:00を越えたマターリタイム。投票所には「西郷菊次郎@台湾選対助っ人」氏による<台湾人と
日本精神>が続々と貼られ、ROM人たちの涙を誘う。また逆にアケ板からは<ゲーメスト誤植
録>というお笑いネタを投下。
 お互いの応援合戦は互角に見えたが、票数の方は「途切れない投票」という脅威で語られる、
モ娘。狼による淡々とした投票が続き、早朝にかけてアケ板は大きく引き離されていく。
 狼の動きはN連との友好関係はもちろんのこと「早安少女組。」として台湾で人気の娘。
そして、台湾プロ野球始球式での松浦あやという繋がりもあり、まさに「日本の未来はwow
wow wow」「世界がうらやむyear year year」というヲタ文化の広がりを垣間見ることができる。


 しかし、アケ板も希望を捨てていない。元々、基礎票が高校生や中学生などの若年層にある
ため、深夜での投票は望めないことを承知しており、選対本部では各種FLASHや支援物資を練
り込み、各所の選対周りを重点的に行って、票の掘り起こしをはかっていた。

 9:00を迎え、この時点で俗に<デッドライン>と呼ばれる150票差を既に超えて、台湾が
リードしており、アケ板からも「もう支援票頼みか」と敗色を語る者もでてきていた。
 しかし、ここから猛烈な巻き返しが始まる。
 ゲーム鯖連合の巨大勢力、FFDQに火がつき、そこへ支援関係にあったダウンロードが本格
的に動き出すと、12:00時点で約100票差、更に競馬やサッカー等の加勢を受け、どんどんと
差を詰めてくる。

 思いがけない追撃にあわてる台湾。しかし、彼らも手をこまねいていただけではない。
 なんと、彼らの指導者であり選対活動の無理がたたって入院していた「花蓮小姐」より、
病院で意識が回復したとのメールが入る。そして、この機会をとらえ、必死に体制を立て直そ
うと西郷氏が再度日本精神を投下し、浮動票の取り込みを図る。

 しかし、流れは止まらなかった。30分で25票の差を詰める勢い。14:30には並ぶ間もなく
抜き去り、さらに帰宅した学生票が入りはじめると、18:00には逆に100票差。さらにゲーセン
経由の帰宅組からも投票が入りはじめ、
21:00時点では170票差とアケ板が大きくリードする。
 だが、投票所をみている限りはまったくの互角。さらに、ここからは各所からのラッシュ
が入り始めるので、アケ板もROM専の我々もまったく気が抜けない。

閑話休題:2105投票のプ板の名無しさん、コピーCDは売買も所持も違法です(w

 まずは21:55のハングル板による<祝!!花蓮さん復帰>と銘打ったラシが続々と台湾へ、
22:00には「食・まちB」ラシがアケ板へ、そして、22:30の「半角文字列」「依存連」の
アケ板への大量投票で勝負あったかに見えるが、22:45には「狼チャミ連」など、狼とN連合
それにプロレス板の支援を受け、台湾板も必死の抵抗を試みる。

ラスト1分のチキンレースは、最後のぎりぎりでスレストになってしまい、次スレに投票を
行っていた「◆wC.WckC6」氏による台湾への投票をもって終了。氏の好判断が多くの人の賞
賛を浴びる中、アケ板・台湾両住人及びROMしている全ての者が、可憐車氏による最後の審判
の時を待つ。

37 名前:仮0@可憐車 ◆KARENZ0g 投稿日:02/06/28 23:09 ID:O7SEFuRN
アーケード 総有効得票 1262票
 一次有効票 1275票
 コード重複 合計0票 有効票 無効票
 不適切コード 13票 コードなし 票

台湾 総有効得票 1020票
 一次有効票 1024票
 コード重複 合計0票 有効票 無効票
 不適切コード 4票 コードなし 票

 結果、アケ板が大接戦を制して勝利を納めた。まったく、この板には楽勝はないのか?
 予選での何気ないモナ板住民(赤色氏?!)の一言が、アケ板の意識ををここまで支えてき
たのは事実だが、常に勝負の世界に身をおいているこの板住民の熱心さ(私のような超過疎
板まで、リクエストに応じた物資を持ってきてくれた)が光った一戦でもあった。
 対して台湾板は、地域性を打ち出した特色のある板であり、N連のホープとして今後の活
躍も期待できたために、前日の極東板同様、悔やまれる敗戦であった。
 また、トナメ参加者として、この場を借りて、華蓮女氏の回復を御祈りを申し上げます。

アケ板の次の相手は「モナーvs少年漫画」の勝者。
どちらも住民数が多く、勝利の行方は混沌としているが、<約束モナ>のモナー板でも、
<シャアの意思を継ぐ>少年漫画板でも、好勝負となるのは間違いがないだろう。
そして、そこにかけられる

誰が相手であれ 「 負 け る 要 素 は 、な い !!」

というアーケード板の名言で、私の駄文も締めくくりたいと思う。



本選第51組(6/28)
Dz
◆.Dz2qTUo
氏 アーケード板勝利
―――――終わった。その瞬間頭が真っ白になった。
とりあえず花道へ戻ってきたが結果は聞き取れなかった。
あれだけの歓声だとまぁ無理も無いか。
足取りが重い。ダメージが相当来てるようだ。

「おめでとうモナ」

目の前にモナーがあらわれた。
「おめでとう…?俺は勝ったのか…」
「自分の勝負の結果も聞いてないとはよほど戦いに没頭してたモナねぇ」
「まぁこういう奴だから…少年漫画は?」
「もう控え室に入ったモナ。『待ってろよ』とことづけがあったモナ」
「そうか…んじゃ、客席行ってるわ。健闘を祈るぜ」
「もちろん、楽しみにしてろモナ」

モナーが去った後の花道で、俺は一人へたれこむ。
「さすがに今回は…しゃれになんなかったな…」
再び、頭の中が真っ白になった―――――。

6419.net