予選1組〜8組
赤色水先案名無い人
氏の総括
 >1 名前:おおむぎ若葉 ◆a3FDwXe6 投稿日:02/03/28 15:38 ID:dOleOx/7
 >全部で400近くある2ちゃんねる掲示板群でどの板が
 >最萌なのかを決めるトーナメントを開催しましょう!
 >
 >
 >と、無謀な提案をしてみる

---------------------------------------------------------------------------

2ch批判要望板の1スレッド【2ちゃんねる際萌トーナメントを開催しる!】。
同盟・祭り・良スレ・名ネタ・さらには無関心まで、
2ch上の様々な板が様々な性格を披露している『2ch全板トーナメント』は
ここで産声を上げた。

そして、2002年4月3日am0:00、
ガイドライン板にて、遂に全板人気トーナメント予選第一組がスタートする。

【予選1組】
記念すべき第1組は有効得票総数330票あまりと、後の試合に比べると若干少ないとも見えるが、
実際は十分好調な滑り出しと言って差し支えないであろう。
この試合では
キャラネタ板がキャラハン投票により、投票を見事にネタ披露と融合させていた点を特筆したい。
ゲーハー板も板住人の性格をあます所なく出していた。
しかし、後述のラウンジに匹敵する急角度で票を伸ばしたパチスロ板が第1位で予選突破。
また、本命視されたネットヲチ板がまさかの予選敗退を喫するという
今の所最大の番狂わせがあったのもこの試合だった。

【予選2組】
有効得票総数は310票ほどと、前日より少ないものの、
ほとんど一騎討ちという、予選では珍しい試合運びとなったのが、この第2組である。
緒戦、ホームであるガイドライン板の票の伸びに、なかなか追いつけなかったハングル板であるが、
佳境に差し迫ろうとするあたりに突如猛攻を開始。
結局その速度を維持したハングル板が一位を獲得。ガイドラインは二位との結果に収まった。
三位はラーメン板。現状では最少得票予選突破(25票)という、別の伝説を産みだし、
現在、注目を集めつつある。本選のダークホース筆頭であろう。

【予選3組】
この第3組こそ、このトーナメントの真価を発揮した最初の試合であろう。
一位突破のアーケード板の得票数は318票と、
実は第2組の総得票数を上回っているという盛り上がりを見せたのだ。
本命のモナー板は、第1組のキャラネタ板と並ぶ素晴らしいネタ披露で、二位に落ち着いた。
コピペ荒らしまで連れて来てしまうあたりに、モナー板の力を垣間見た。
鉄道・電車板は終盤の追い上げが激しかったものの、時間切れで三位にとどまった。
この第3組は票数もさる事ながら、試合後のすがすがしさこそ最大の見所であった。

【予選4組】
第4組は、有効得票総数だけを見れば、前日とは打って変わって落ち着いた試合と見られたが、
いざ、箱をあけてみると、とてつもないデッドヒートが繰り広げられていたことがわかる。
序盤の凄まじい票の伸びを見せたOFF会板が四位で予選脱落した点からも、十分に読み取れよう。
一位は、後半の追い上げで他の板を見事に抜き去った文房具板。
二位は、良スレを有効に支援材料に使った未来技術板。
三位は、今組唯一コンスタントに票を伸ばしつづけた国内旅行板
…との結果に終わったが、
一位から三位の票差がわずか4票という、最後まで誰にも結果の見えない闘いであった。

【予選5組】
日曜日と言うこともあり、票数・試合運び共に申しぶんのない熱い闘いとなったのが、この第5組。
同盟に参加する板が初めて登場するのもこの試合であった。
上位4板の接戦は最後の最後まで続いた。
住人の危機感に火をつけ、やや後れてトップ争いに加わったニュース極東板が一位に輝いた。
特に支援するでもなく、ただひたすら淡々と実力のみで票を伸ばしたネットゲーム板は二位
良スレ支援の模範とも言うべき素晴らしい試合運びで三位で予選突破したのが囲碁・将棋板。
持ち前の熱さと同盟の力で他板の危機感に火をつけた今組の事実上の立役者、ボクシング板は、
惜しくも予選敗退と言う結果に終わった。

【予選6組】
一位二位争い、三位争いと、試合の流れが完全に二分されたのが第6組の特徴と捉えられる。
また、各板スレ支援、ネタ支援といった正攻法で、ほぼ全ての板が、
正面からぶつかり合った好試合でもあった。
住人も多く、支援も有効な家庭用ゲーム板に対するは、スレ支援でその魅力を熱く語ったSF板。
後半は、むしろSF板を家庭用ゲーム板が追う形となった。
三位争いは削除以来板が安定した勢いで票を伸ばし、麻雀・他板がそれを追う形であったが、
スタートダッシュ以降停滞していた椎名林檎板が突然息を吹き返し、
そのままゴボウ抜きで予選三位突破となった。
順位はともかく、ほぼ全ての板が、前日の囲碁・将棋板並みの模範的な試合運びを見せてくれた。

【予選7組】
前日の模範的試合は嵐の前の静けさだったのだろうか?
今組は予選最大の激戦区と目された第7組。
緒戦から中盤にかけて、持ち前の元気と板間同盟で少年漫画板が独走状態に入る。
それを、思ったよりも元気の無いニュース速報板が追う形の試合運びで安定した。
(それでも、得票数は尋常なものではなかったが・・・)
そして、土壇場の22:00、不気味な噂がささやかれていたラウンジが遂に動き出した。
いわゆる「直角祭り」である。ラウンジの信じられないほどの猛攻がスタートしたのだ。
結局、自らの評判を犠牲にしたラウンジが「801」票で一位突破。
ラウンジの動きに戸惑いつつも、安定した試合運びで少年漫画板が二位。
ラウンジに対抗すべく票を急激に伸ばすも、追いつけず、ニュース速報板は結局三位にとどまった。
四位の同人コミケ板は惜しくも予選敗退だが、
それでも得票数は第1組・2組の総得票数をはるかに超えるものであったことに、驚きを隠し得ない。

【予選8組】
この第8組は、それまでとは一風変わった試合となった。
テーマは「愛」。シャア専用板の愛の力で、園芸板がダントツの一位突破を果たした。
シャア専用板は、元々単なるネタで園芸板を応援するつもりであったらしい。
それが、真実の愛へと変わり、他板の住人さえもその真摯さに打たれて、多数の票が集まった。
対するは、住人数の多いFF・DQ板。
独自に別の最萌トーナメントを開催中にもかかわらず、大いに奮闘し、第二位。
一方、三位はニュース速報+。
スレを自由に立てられず、対策スレも前日にやっと出来た状態にもかかわらず、
この戦いぶりには、正直恐怖さえ覚える。
なお、シャア専用板は、自身は奮わず予選敗退となったが、住人に悔いは無いであろう。

---------------------------------------------------------------------------

第7戦のあまりの激しさにガイドライン板住人は当惑し、トーナメント運営陣も戸惑った。
そこに、第8戦の戦いのさなか、突然、夜勤さん(神)が投票スレ・運営スレに姿を現した。
そのとき、混乱しているガイドライン住人・トーナメント運営陣の姿を見た夜勤さん(神)は、
このトーナメントのために、新たなる板を創設した。第9日である。
こうして、第9組で晴れて公認の祭りとなったこのトーナメントだが、
第8組までの死闘は、忘れてはならない。

6419.net