予選17組〜24組
赤色水先案名無い人 ◆RED.RgQs
氏の総括
第01組…パチスロ キャラネタ ハード・業界.    第09組…批判要望 たばこ DTP・印刷
第02組…ハングル ガイドライン ラーメン.       第10組…ラジオ番組 大阪(まちBBS) 映画一般・8mm
第03組…アーケード 鉄道・電車 モナー.      .第11組…メンヘル 世界史 東京(まちBBS)
第04組…文房具 未来技術 国内旅行       第12組…私のニュース お笑い小咄 身体・健康
第05組…ニュース極東 ネットゲーム 囲碁・将棋 第13組…プロレス ファッション 物理
第06組…SF 家庭用ゲーム 椎名林檎.       .第14組…国内サッカー 声優 中国(まちBBS)
第07組…ラウンジ 少年漫画 ニュース速報    第15組…Leaf・key 同性愛 料理
第08組…園芸 FF・ドラクエ ニュース速報+    第16組…北海道(まちBBS) 半角かな ジュース


2ちゃんねる全板トーナメント。
32日間にわたって行われる予定となっている予選も、ここでちょうど半分となる。
上に挙げたのは、ここまでの予選を勝ち残った48板だが、
残る48板が未だその姿を見せていない。

いったいどの板が勝ち残るのか?
そして、どのような戦い振りを見せてくれるのだろうか?

---------------------------------------------------------------------------

【予選第17組】
スタートダッシュが熾烈であった第17組。
樹海スレはじめ数々のスレ支援と住人の異様なまでの明るいノリで試合をリードする株式板。
女性らしい(?)きめこまやかな外交で少年漫画板はじめ、多くの板の援護を受けた少女漫画板。
この2板が緒戦から終盤に至るまで激しい1位争いを展開。
独特の雰囲気の投票レス自体でその性格を如実に表現した厨房板が、少し遅れて後に付ける。
4番手につけた犬猫大好き板も奮闘するも、最後までこの流れを覆すには至らず。
1位=株式板 2位=少女漫画板 3位=厨房!板 との結果に終わる。
厨房板は、得票数の1/3にも相当する無効票という、まさに厨房らしい結果となる。
また、最後の30分に投票不能というアクシデントに見まわれたのも、この試合であった。

【予選第18組】
支援と同盟がバランスよく発揮された第18組。
「最強の仮面ライダーってだるだ?」をはじめ、まさに模範的と言えるスレ支援で衝撃を与えた特撮板。
緩やかな同盟と、それ以上に「神の水」とまで謳われる液体に魅了して票を伸ばす酒・Bar板。
これら2板は比較的安定した票の伸びでそれぞれ1位・2位を維持しつづける。
先が読めないのが3位争い。序盤〜中盤は全板中2番目の書込み量を誇る番組chが緩やかに票を伸ばすが、
中盤に差し掛かり、ペースを速めた作曲・楽器板が番組chを抜き去る。
終盤になると、前日1位を獲得した株式板の援護投票で光通信板が一気に票を伸ばすが、
わずか3票差で追いつかず、現状、惜敗率第1位という無念の予選敗退を喫する。
1位=特撮!板 2位=お酒・Bar板 3位=作曲・楽器板

【予選第19組】
総得票数「だけ」を見れば、比較的緩やかであった第19組。
独自の最萌トーナメントが白熱している最中であるにもかかわらず、圧倒的強さで1位をキープしたのがアニメ板。
この座は最後まで揺るがなかった。
それを追うのが、緩やかな同盟と支援でゆっくりと、しかし確実に票を獲得しつづけるアナウンサー板。
株式板住人が謎めいた数列を残したものの、この形式は最後まで変わらないものと思われた終盤のその時、
突如として時計・小物板が台頭。株式板が「介入」したのだ。
1位=アニメ板 2位=アナウンサー板 2位=時計・小物板
…そう、3位は存在しない。今大会初の同着が実現したのだ。
しかし、今思えば、これは、この後の戦いの熾烈さを占う前兆であったのかもしれない。

【予選第20組】
この予選第20組は、それまで数々の板を、まさに実弾で支援してきたFLASH板が
絶対的な1位の座を不動のものとした。
だが、それ以上に凄まじかったのが2位・3位争いであった。
ニュース系各板の強固な援護と支援によって(他板からの支援も目立った)票を伸ばす台湾板。
それを追うのが、意外なフランクぶりが判明し、今大会を通じ某板に良い意味での波紋を投げかけもした自衛隊板。
そこに前半沈滞していたゲームサロン板が終盤猛攻を繰り広げ、上記2板を追い上げる。
その結果 1位=FLASH・動画板 2位=台湾板 3位=自衛隊板 3位=ゲームサロン板 となる。
なんと、今度は3位が同着、4板が予選突破と言うとんでもないものとなった。
そして、2位の台湾板との票差も24票と、今までにない凄まじい接戦であった。

【予選第21組】
抜きつ抜かれつではなかったものの、比較的多数の板が順調に票を伸ばした試合であった第21組。
達観とも言うべき激しい萌えの境地から来る団結力に共感したのか、様々な板を味方につけたCCさくら板、
かなりの初期から選対スレが存在し、萌えなら決して負けないギャルゲー板、
多くの人にその魅力を知らしめんとする野生生物板(ここの選対スレはなかなかドラマチック)、を筆頭に
しりとり板、独身男性板、無職だめ板の3板にもかなりの票が集まり、
1位=CCさくら板 2位=ギャルゲー板 3位=野生生物板 といった結果だけを見ればわかりやすいが、
渦中にあってはどの板が勝つのか最後までわからなかった。
それだけに、予選敗退の板には残念な結果であったと言えよう。
また、この大会では初めてコードが試験導入されたのも、この試合であった。

【予選第22組】
この第22組では、ラウンジが保持していた得票数レコードが遂に塗り替えられた。
競馬ファンならではの熱烈な投票意欲から、競馬板が859票もの圧倒的な票数を獲得したのだ。
それを追うのがBBSpinkの強豪・半角二次元板と、ニュース系など各板に援護された議員・選挙板。
結果 1位=競馬板 2位=半角二次元 3位=議員・選挙板 となる。
以上3板が激しい勢いの票の伸びで勝ち残ったが、あえて4位で予選脱落となったAA長編板に注目したい。
純粋にAAストーリーを追求したこの板ならではの優れた支援にも関わらず、上記強豪3板との戦いに敗れたのだが、
それ以上に敗北が決定した後に発表されたオリジナルAAストーリーに感動した者も少なくないだろう。
このように、たとえ敗れても、その魅力が記憶に残る板が現れるのが、このトーナメントの醍醐味であろう。

【予選第23組】
あまりに専門的なエロにも関わらず、どういう訳か、多くの板の住人の援護を受けたSM板が
スタートダッシュから1位の座を不動にしたのが第23組。
いや、むしろ、それ以上に予選突破を賭けた2位・3位争いが熾烈であったと言ったほうが適切かもしれない。
しばらくモー娘。関連がメインの芸能chが2位の座を占めたが、
当初選対スレが混迷を極めつつも票を伸ばしたエロゲー板が終盤、深い確執から来る反対派を押さえ、
終盤一気に芸能chを抜き去る。
そこに、苦戦を強いられながらも数々の対策が効を奏し、票の伸び率を徐々に早めた携帯・PHS板が追いつき、
結果、1位=SM板 2位=エロゲー板 3位=芸能ch 3位=携帯・PHS板 
…という、20組に現れた同着3位という奇跡が、早くも再現されてしまう。そんな戦いであった。


【予選第24組】
22組で競馬板が保持した得票数レコードが早くも書きかえられた第24組。書き換えたのは三国・戦国板だった。
この通称・三戦板は初期から積極的に活動しており、このトーナメントに「同盟」の概念を初めて持ちこみ、
その友好を維持しつづけた、まさにこのトーナメント当初からの台風の目であった。
対するは、2chの裏の顔と言っても差し支えの無い、優勝候補の一角・半角文字列板。
ここは予選よりも本選といった気風が強く、同盟はほとんど組んでいない辺り、三戦板と対照的だ。
(それでも支援画像祭りは盛大だった)
後半、その強豪・半角文字列板をおさえて2位に伸し上がったのが、今大会中に誕生した新板-鉄道路線・車両板。
新板ながら、その奮闘ぶりは目を見張るものであった。
1位=三国・戦国板 2位=鉄道路線・車両板 3位=半角文字列板
以上の3板は、本選でも十分に強豪となり得る板であろう。

--------------------------------------------------------------------------------------------

ここに収めた8試合---第17〜24組---を振り返ると、
前8試合とは対照的に壮絶なものであったといえるだろう。

これから予選も終盤に差し掛かる。
残る8試合で、本選進出する板が全て決まるのだ。
果たして、まだ見ぬ24板はどの板なのであろうか・・・?

6419.net