予選9組〜16組
赤色水先案名無い人 ◆RED.RgQs
氏の総括
全板トーナメントの舞台裏・・・
第7・8組の激しい戦いの影で、この大会始まって以来の危機が訪れる。
あまりの進行の早さで、
ガイドライン板が、本来の機能を果たせなくなりつつあり、板住人から反発を受けたのだ。
 「このままでは会場が無くなる!」
 「スレッドごとに板を転々とするか?」
 「強制IDでないとダメだ!」
 「ニュー速が会場提供として名乗りをあげたぞ!」
 「あそこはスレ立て制限がきつすぎる!」
・・・手詰まり感が、場の空気を徐々に沈んだものへと変えていく。
絶望感に支配されかけた、そんな折、突然自体が急変した。
アクセス量増大から、気になって夜勤さんが覗きに来たのだ。
参加者から多少の意見を聞き、あっさりと新板を創設。
こうして第9組より、特設会場での試合が展開されることとなった。
そして、今後、夜勤さんは神と崇められることとなる。

---------------------------------------------------------------------------

【予選第9組】
特設会場に移転しての第一回目の試合となる第9組。
夜勤さんやトオル氏自身からの投票に触発されるかのように批判要望板が一気に票を伸ばす。
これを追うのが仕事疲れを癒すべく奮闘するDTP・印刷板。
ここで、朝になってたばこ板が突如猛攻を開始。一気に2位に踊り出る。
最終的に 1位=批判要望 2位=たばこ 3位=DTP・印刷 との結果に終わった。
これまで数々の支援をしてきた創作文芸板は、後半、一気にペースを上げるものの追いつかず、
惜しくも4位で予選脱落という、残念な結果に終わったが、
板の魅力をわかってもらうと言う観点では大成功といえる。

【予選第10組】
この第10組は、流れが読めそうで読めなかった典型の試合であった。
やはりノリのいい大阪板と、本選進出有力候補の映画・8mm板の1位争いで、
試合の流れは確定したと思われたが、
終盤、ラジオ番組板が凄まじいラストスパートで突如1位に。
また、吹奏楽板もラジオ番組に匹敵し得るほどの急角度で票を伸ばしたが、
惜しくも及ばず、4位にとどまり、予選敗退を喫する。
1位=ラジオ番組板 2位=大阪板 3位=映画・8mm板 との結果で、今組の試合は終了する。

【予選第11組】
票の流れもさる事ながら、各板の支援合戦が熱かった予選第11組。
その支援合戦を引っ張ったのが、効果的な支援を次々繰り出した興味深い知識の宝庫、世界史板。
対するは、ある意味、2chで最も有用な板の一つと言える癒しの総本山、メンヘル板。
この2板の1位争いが最後まで続く。
3位は序盤、NHK板がマイペースに陣取るも、東京板、ビートルズ板に抜かれ、5位に転落。
東京板はこのまま急激に票を伸ばし、2位に急接近するも、結果3位にとどまる。
名スレ支援の効果が出たのか、後半票を伸ばしたビートルズ板は、4位との結果に終わる。
1位=メンヘル板 2位=世界史板 3位=東京板

【予選第12組】
ここまでは、会場移転直前のお祭り騒ぎが嘘のように正統的な名試合が繰り広げられていたが、
予選第12組で、ラウンジ「直角祭り」、シャア専「園芸タン祭り」に続く第三の祭りが展開。
ニュー速7「ちんこ祭り」である。選対スレの「20」が、1位突破の暁には自らのナニを晒すと宣言。
俄然闘志を燃やし始めたニュー速7(私のニュース速報)が、他板住人をも巻き込んで独走状態。
対するお笑い小咄板と身体・健康板も、地道な支援で票を伸ばすが、「20」のブツの威力の前には及ばない。
たった一人の英雄が試合を引っ張った珍しい例となる。
1位=私のニュース速報板 2位=お笑い小咄板 3位=身体・健康板
なお、後日談となるが、「20」は本当に自らのアレを晒したそうだ(ちなみに、私も見た)。

【予選第13組】
スタートダッシュとラストスパートが試合の流れを大きく左右した第13組。
また、各板の支援も行き届く、好試合となった。
まず、激しいスタートダッシュを見せたのが、プロレス板とファッション板。
それを追うのが、電波・オカルト・同性愛という、よくわからない組み合わせの同盟で臨む物理板。
終盤、各板一斉にラストスパート開始。漫画板も急激に追い上げるも上位3板の勢いに追いつかず、4位にとどまる。
1位=プロレス板 2位=ファッション板 3位=物理板
伝統芸能、航空・船舶の両板は、予選突破こそならなかったものの、
数々の優れたスレ・ネタ支援でその知名度を大いに上げた。

【予選第14組】
予選第14組は、W杯を目前に、否応無しに盛り上がる国内サッカーが
圧倒的な強さで1位になった。
一方、関連する板の支援を取りつけ、2番手で安定したのが声優板。
3位争いは前半は投票所・中国(まちBBS)・801・武道武芸が接戦を繰り広げるが、
後半に入り、中国板(まちBBS)が抜きん出て三番手にのし上がる。
1位=国内サッカー板 2位=声優板 3位=中国(まちBBS) との結果に終わる。
801・武道武芸・投票所の3板も100を超える票を獲得するも、予選敗退を喫する。

【予選第15組】
上位2板が他の板を圧倒、破壊的な票の伸びを見せた第15組。
この形式のトーナメントの発祥地であるLeaf・key(葉鍵)板が、その名に恥じない強さと有効な支援で序盤からトップに。
これを僅差で追うのが、異様な熱気と前組1位の国内サッカー板等の援護で票を伸ばす同性愛板。
三番手は、2板に大きく引き離されるものの、支援で確実に票を伸ばす料理板がつけた。
1位=Leaf・key板 2位=同性愛板 3位=料理板。
上位に板はそれぞれほぼ600の票もを獲得して本選進出。
Leaf・key板は、今組1位だけでなく、
直角祭りのラウンジに次ぐ、現時点での歴代得票数第2位と言う快挙も成し遂げる。

【予選第16組】
32試合が予定されている予選の、ちょうど折り返し地点となる第16組。
好調なのは、北海道民を惹きつけた北海道板。まちBBSは軒並み好調だが、やはり住む土地への愛着であろう。
これを追うのが、ファッション・少女漫画という強豪を、よくわからない組み合わせだが、同盟とした半角かな板。
これらが安定した票の伸びで1位、2位を占めた。
三番手は、身近なネタを扱うスレが豊富にあり、それらを支援材料として投下しつづけたジュース板がついた。
(ジュース板は個人的にだが、もっと賑わってもいい板の一つであると考える)
ハゲ・ズラ板は健闘するも、4位で惜しくも予選敗退との結果に終わる。
1位=北海道板 2位=半角かな板 3位=ジュース板

---------------------------------------------------------------------------

激しい接戦とラフなスタイルが目立った1〜8組と比較すると、
9〜16組は、息の詰まるような試合展開は少ないものの、概ねフェアな戦いであった。
新しく専用の板ができ、予選も中盤に差し掛かるところで、
このトーナメント自体が安定してきた証拠であろうと考えられる。
しかし、まだ予選が半分終わったばかり。
これからの試合の行方は、誰も知らない。

6419.net