第1位 Jr(1290票)


第2位 ニー速(pink)(991票)


第3位 競馬(982票)


第4位 声優(941票)



第5位 ニュース極東(733票)
第6位 同性愛(305票)
第7位 オカルト(208票)
第8位 ニュース実況+(98票)
第9位 卓球(88票)
第10位 犬猫大好き(87票)

名無しさんβ 氏による観戦記
二次予選07組

投票前。
抽選後<<Jr>>、<<ニー速(pink)>>、<<競馬>>、<<ニュース極東>>、の
4強板で瞬殺とも言われた07組。
瞬殺されると言われた6板にとって投票日までの約10日間でいったい何ができるのか。

投票開始。
<<Jr>>、<<ニー速(pink)>>の2板が先行争いをする。
共に多くの組織票、支援票を持つ板だけに順当な展開であった。

そしてこれに続いたのは<<声優>>。
<<声優>>の選対は抽選発表直後からの約10日間で結果を出した。
07組はニュース系の板が重なっており
このため他の連合にとっては一種の投票先空白日になっていた。
<<声優>>はこれらの板に二次予選の相互支援を持ちかけていった。
各連合にとっても二次予選はすべて苦しい組み合わせであり、票が欲しいものの
対戦の組み合わせを調整する関係上自ら相互支援がしにくかった。
このためそこに来た<<声優>>の相互支援の申し出は当然歓迎されることになる。
こうして<<声優>>は全面支援あるいは投票推奨先という立場を得ていった。
この後も<<声優>>は4強板に割って入り3位を走り続ける。

<<競馬>>は予想外に票が伸びず4位を走る。
友好板の投票推奨先を<<声優>>に食われた形となったためでもある。
とはいえ投票終了前数時間で見せる末脚の切れはトップクラスであり
それほどの不安は感じられなかった。

割を食って5位を走るのが<<ニュース極東>>。
こちらも終了間際の票を積み上げる力はあるものの当然上位の板も甘くはない。
苦しい戦いを予感させた。

昼。
<<Jr>>、<<ニー速(pink)>>のトップ争いは続いている。
大きな差にならず夜間次第という状況であった。
3〜5位争いに変化はない。勝負は夜次第という状況であった。

<<同性愛>>はゲイ能連合として6位を走るが連合内のジャニーズが
<<Jr>>を優先する関係もあり票の伸びは今ひとつであった。
だがそんな状況をまったく感じさせない選対スレの
和やかさとハイテンションはこの板らしさでもあった。

<<卓球>>、<<犬猫大好き>>、<<オカルト>>はそれぞれ自板の魅力を出した
支援物資を投下し宣伝する。しかしここまでの二次予選の展開を見る限り
支援物資による浮動票を頼りに勝ち上がることは難しく、
実際<<卓球>>、<<犬猫大好き>>、の票は伸びない。
それでも<<オカルト>>は同盟板からの投票もあるため
票数はあったがそれでも6位の<<同性愛>>に並べるかどうかという状態であった。

<<ニュース実況+>>は今回最も苦しい展開となった板であった。
組み合わせの関係上、兄弟板や友好板のほとんどが
他の板を支援する状況になり、また一次予選が01組と
一ヶ月以上あいたことも自板住人からの関心を失わせた。
結果<<ニュース実況+>>は勝敗よりも板の宣伝を優先することにしていた。

夕方。
上位の板にとっては、二次予選で度々偽コードにより
途中の票読みと実際の順位との入れ替わりが発生しており
僅差の勝負では途中の票読みがあてにならないことから
どこの板もたとえ票読みで勝っているかに見えても油断しなかった。
1位争いの<<Jr>>、<<ニー速(pink)>>。3位争いの<<声優>>、<<競馬>>、<<ニュース極東>>。
この2つのグループ内の勝敗の行方はまだわからない。

宣伝スレでは<<声優>>と<<オカルト>>が支援物資を一日中投下し続ける。
この日宣伝スレの7割以上をこの2板で占めた。
とくに<<オカルト>>はその怖さのために全て見てもらえたのか疑問なほど
質量ともに充実した私怨物資?を投下し続けた。

夜。
各板からの投票で票数は一気に増える。
<<Jr>>はその集中投票で<<ニー速(pink)>>を振り払いトップ独走となり
そして<<競馬>>は<<声優>>をかわし3位に上がり、さらに2位の<<ニー速(pink)>>に迫る。
5位の<<ニュース極東>>も終盤追い上げるが4位には届かなかった。

投票終了後。
運営から結果が発表された。

第1位 Jr(1290票)
第2位 ニー速(pink)(991票)
第3位 競馬(982票)
第4位 声優(941票)
第5位 ニュース極東(733票)
第6位 同性愛(305票)
第7位 オカルト(208票)
第8位 ニュース実況+(98票)
第9位 卓球(88票)
第10位 犬猫大好き(87票)

1位の<<Jr>>は一次に引き続きやはり強かった。その力は全板の中でも
トップクラスであることを証明。本戦では組み合わせ次第では優勝の可能性も。

2位の<<ニー速(pink)>>。板ができて約1ヶ月だが
すでにAAキャラも完全に独り立ちし上位進出可能な力を見せた。

3位の<<競馬>>は予想外の展開だったが終わってみれば余裕の通過。
浮動票頼みでは最も厳しい二次予選を通過し本戦は磐石か。

4位の<<声優>>は戦前の予想を打ち破り見事通過。
苦しい組み合わせ故の積極選対活動が実を結ぶ。実は選対の能力が高いことが判明。

以上、上位4板は本戦へ駒を進めた。

5位の<<ニュース極東>>はニュース系の潰し合いという組み合わせの前に敗退。
獲得票数では他の組なら通過していたところ。他の極東同盟板に夢を託す。

6位の<<同性板>>。ゲイ能連合も連合内のジャニーズの票が<<Jr>>に行くため
組み合わせに泣くことに。しかし最後まで明るい選対を貫いた。

7位の<<オカルト>>は<<声優>>と共に選対活動の活発さでは全板の中でも
トップクラスだった。票は伸びなくても恐怖を振りまき板らしさを十分発揮。

8位は<<ニュース実況+>>。今回最も組み合わせに泣いた板。
早々に板の宣伝に主眼を置いて選対活動した分悔いはないか。

9位は<<卓球>>。一次予選では一票差に競り勝ったが二次予選では
浮動票、支援物資頼りではやはりつらかった。
二回続けて<<Jr>>と同組なのは何の因果だったのか。

10位は<<犬猫大好き>>。その支援フラッシュは秀逸だったが
二次予選では票に結びつかなかった。しかし選対スレは最後まで
ほのぼのとした雰囲気を守り板らしさを見せた。

二次予選07組は以上のような戦いでした。


0qv.org