本戦1回戦の観戦記   予選の観戦記

 

8/22 本戦1回戦 Aブロック第1試合の観戦記  紫電改(K2/J/Gig) 氏による

結果
1位 58票 ドイツ連邦共和国 
2位 36票 アザトース

トーナメント最萌トーナメントもついに本戦に突入した。
記念すべき第1回戦は最高好感度国家トーナメント 準優勝のドイツ連邦共和国vsクトゥルフ最萌トーナメント 優勝の
アザトースの対決となった。展開としては特に目立った混戦も無く、序盤から終盤まで1位ドイツ・2位アザトースのまま終了した。

ポイント

ドイツ連邦共和国:実際の国名であり、ミリタリー・地理・シスプリ等のマニアの支持もある程度受け、一般票も多く獲得できたのが
勝因であろう。支援AAやフラッシュ・画像なども多く見られた。アザトース:予選では神の力を見せつけたが、本戦では一歩及ばなかった。
ドイツ程の知名度も無く、狭い範囲での支持しか得られなかったのが敗因であろう。

その他
本戦になり1vs1の戦となったので、予選の様に他票の影響が無くなり真の人気投票が今始まった。本戦では予選と違う様相を
見せる事であろう。

---------

 本戦1回戦Aブロック第1試合の観戦記   青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA) 氏による


トーナメント決勝者最萌トーナメントは、16回に渡る予選により、126候補から
62候補が涙を飲み、64候補が本戦へと駒を進めた。その候補達の試合は他のトー
ナメントの優勝、もしくは準優勝候補に相応しい熱いものであった。
これより本戦が始まる訳だが、更に投票数、支援合戦など更に華々しいものになるであろう。

決勝戦へ向けての第一歩である第1回戦、その第1組は予選最終組で登場、第1位で
勝ち抜けをしたドイツ連邦共和国。72票となかなかの強さを見せつけた強豪だが、
国家としての知名度と魅力は底知れないものがあり、この試合でもその強さが見られるか。
対する相手は国家よりも更に次元の計り知れない大いなる神、アザトース。予選2組、
45票第3位で勝ち上がってきた。創造神としての絶対的なパワー、そして一切の知性を
持たない盲目白痴の神という所から、微妙に白痴萌えなる人の心をくすぐったりもする。
第1試合から想像を絶する組み合わせとなったが、その顛末や如何に。

今試合より23:00王決定戦だけでなく、0:00を狙う逆チキンレースもポイントを
争うゲームとして取り入れられた事もあり、賑やかな出だしとなった。投票スレ06-627
で「アザトース賛」なるHP(ラヴクラフトの事ではないですよ?)をしょうま氏が
投下、またドイツ連邦共和国側でもドイツに関連するアニメキャラAAを連投。
しかし投票スレは深夜に相応しい静かな状態が続き、06-656でアザトースとされるリアル
画像を投下された後、ドイツ連邦共和国側に粛々と投票が続く。こくりこ氏の、シスプリ
繋がりの春歌画像やロンメル元帥&ヒトラー伍長画像、そしてナチスネタFLASHを投下
した影響もあるだろうが、投下グラフを見るとアザトースへの票、AM3:00〜
PM12:00までの投票数0。この沈黙はアザトースにとってかなり辛い。
対してゆるゆると票を伸ばしていくドイツ連邦共和国。
だがPM12:00を過ぎるとその様相が逆転。票が伸び悩むドイツ連邦共和国、
追いすがるアザトースの形に。

終盤は、もうすぐ反省期間終氏のアザトース説明サイト、しょうま氏の予選アザトース
支援を再ピックアップ、06-713のアザトース想像萌え画像投下など、支援ではアザトース
優位になるが、票の伸びはドイツ連邦共和国の方が一歩上回っていき、そのまま決着と
なった。 


結果
1位 58票 ドイツ連邦共和国 
2位 36票 アザトース

この試合の勝敗について、知名度の差について避けて通る事は出来ないだろう。
アザトースをよく知らない、だからドイツ連邦共和国に一票するレスがあったが、ドイツ
を知らないからアザトースに、という人は1つとしてなかった。
ただ、支援に関しては互角、もしくはそれ以上であったから、勢いがあれば(今は無き)
「ベルリンの壁」を壊すが如き力を発揮出来たかもしれない。
クトゥルフ最萌トーナメントでは06-713のような少女としての萌え変換が良くあった為、
ネタ化の力があれば…と思うのだが、難しいだろうか。
一方のドイツ連邦共和国だが、予選よりも得票数を落としてしまった。大体のトーナメント
では、お互いの票数の競り合いが激しければ激しいほど総計投票数が伸びる傾向にあるが、
ドイツ連邦共和国としては今後に残された課題の一つとなるだろう。
今後勝ち上がってくる相手は更に強豪となる事は確実、次戦の相手の時には安定した票に
+αできるよう、期待したい所だ。

 

本戦1回戦 Aブロック第2試合の観戦記  紫電改(K2/J/Gig)氏による

結果
1位 79票 プラチナ 
2位 45票 ちくま

第2戦目は最萌アニメソングトーナメント優勝の「プラチナ」vs 有料急行最萌トーナメント優勝の「ちくま」の対決となった。
展開としては序盤にプラチナが一気に票を稼ぎ、その後をちくまが追う形になった。
中盤、13時頃にさくら組が一気に投票し一気に票を稼ぎ差を付け、終盤は目立った動きも無く、そのまま終了した。

ポイント
プラチナ:やはり独立した板になる程の人気の高いCCさくらのopという事もあり、年齢層も広く、熱烈な支持者が多かったので票が稼ぎ易かった。
ちくま:やはり鉄道ファンの支持は強く、一般票もかなり稼いだが、CCさくらの強烈な萌えの前には太刀打ちできなかった。

その他
2戦目は双方の支援が多く、双方の人気の高さを証明した。

 

 

本戦1回戦 Aブロック第3試合の観戦記  名無しさん 投稿日: 2003/08/25(月) 22:24氏による


結果
1位 130票 惣流・アスカ・ラングレー
2位 117票 ギコ猫

1回戦屈指の好カードで「事実上のブロック決勝」とも言われたこの試合。その
前評判に違わず、凄まじいまでの総力戦となった。

投票スタート直後はギコ猫(以下ギコ)が抜け出すが、惣流・アスカ・ラングレー
(以下アスカ)も離れず食らいつく。その後、AM3:00位からアスカが頭一つ抜け出し、
夜明けあたりからジリジリと差を広げて、一時は50票ほどの差を付け独走状態に。
しかし、PM9:00あたりからギコが反撃。他板の応援を受け、あっという間にアスカ
との差を詰め大逆転劇を見せようとした。が、しかしアスカの方も支援画像などの
バックアップを受けるなどして、ギコの急追を何とか凌ぎきった。終わってみれば、
共に100票以上の得票で、その差は13票。まさに「激戦」といえる内容だった。

ポイント
アスカ:予選での得票率が低かったからか、相手が優勝候補の一角でもあるギコだからか、
    陣営に相当の危機感があったようで、相当の数の支援画像が送り込まれてきた。
    その支援画像のレベルの高さは勿論、土壇場での得票数から、GAINAX最萌での
    集中力がここ一番で再現されたともいえる。ただ、激戦の疲労は激しく、次戦への
    立て直しが注目される所である。
ギコ:2chでの圧倒的知名度を武器に、他の板の選対スレへの支援要請活動も含めて万全の
   準備を整えられた感もあったが、昼間でほとんど票が入らなかったように「広く浅い」
   投票行動であったことは否めないか。終盤に来て、他の板からの応援が届き怒涛の反撃
   を見せるものの、時既に遅し。相手の一点集中的な強さに惜しくも敗れ去ってしまった。

こうしてみると、エヴァ板の「潜在的能力」の高さをこの場で再び思い知らされる事となった。
今後、綾波レイの出る試合も多くの注目を集める事となるだろう。

 

 

本戦1回戦 Aブロック第4試合の観戦記 黒っぽいアオミドロ氏による


ギコとアスカの「壮絶」とでも言うべき試合が幕を閉じた直後、戦いの舞台に上がった両者も
また、見事なまでに対照的であった。

エロゲー最萌ロリトーナメントのファイナリスト、香坂アリス。
世界エアライン人気トーナメントの雄、エールフランス。

二次元と三次元。魔法とマシン。『萌え』と『燃え』。
筆者の感覚では、やはり基礎票差や萌え支援の威力から、アリス側が優勢に思える。
だが、ここは様々な板の、様々な住民が訪れる場所。支援の出方や票田の動きによっては
何がどうなるかさっぱり分らない。
下馬評通り香坂アリスのロリ魔法が大爆発するのか、はたまたエールフランスが2回戦に
向けて飛び立つのだろうか……??


投票スレッド07。
もはやトーナメントの恒例行事、504の、のの人募集中。氏(の、代理)の前口上が終わるや
否や、逆チキンを制しつついきなり支援物資を叩き込んできたのはエールフランス陣営の
◆k5zNo.69J.氏。様々なカキコが乱れ飛ぶ中、クイズ番組っぽいMP3を投下してくる。
だがその直後、510ではトー中氏が縦読み駆使してアリスに吼える!ありすがんばれ!!
更にアリス陣営、◆P4SUZU/C1.氏が疾風怒濤の支援攻勢。521・527・529・531・533と、物凄い
勢いで画像投下!画像投下!画像投下ッッ!!!
なんか書き込みと書き込みの間が3分位しかないような気がするんですが……もしかして
それだけの短時間にコレを描いているのだろうか?スタンド使いばりの早業である。
一方そんなアリス陣営に対してエールフランス陣営も、523で*支援さん氏が『エールフランス
たん』なる戦略級ロリキャラを投入して対抗してみたり(てか『虜 炉留美(とりこ・ろるみ)』
って何者なんだろうか笑)、526では航空機写真満載のHPを紹介したりして応戦、なかなか
どうして負けていない。 

まだ開始25分も経っていないにも関わらずの、この支援量。
支援物資を誰より愛する清き一票☆名無しさんが535でびっくりしてるのも無理はない。
だが、このテンションを引きずるように、両陣営の支援合戦はまだまだ続いていく。

541ではこたつ某氏がアリスAA劇場を投入したかと思えば、548では◆5619859402氏が
コンコルドの画像を落っことす。
さらに553・556とアリスの萌え画像が連打、544・545でも萌えAAが飛んでくるが、直後の
560で再登場したは*支援さん氏。523の続き、という形で貼られたこの画像だが……そこの
おやじ約2名!おまいらコンコルドで一体ナニやってんだゴルァw
直後の『>>560のハコ乗りされたコンコルドの情けない顔(何となくそう見える)に萌え。』
という言葉が何故か果てしなく切ないんですが。
ちなみにこのコンコルドおやじは、この試合の間中その存在感を示し続け、浮動票の流れに
少なからぬ影響を与えていくことになる。

その後は562のこくりこ氏の『アリスつながり探偵局画像』や572・573の『アリスお休みSS』、
578・580の画像支援などアリス側の支援が続出、次々飛び出すアリスへの援護射撃にエール
フランスはその間沈黙……と思いきや、またまたこの人が来てくれたッ!
エールフランスのリーサルウェポン(なんぢゃそりゃw)・*支援さん氏が584・585でまたまた
dデモ支援物資を投下。
へ、変身シテマスヨ!マジカルコンパクトデスヨ!どうすればいいんだw

596の炉利羽 萌氏の、まっぴるま(といっても午後3時だが)からのアリスたんエロ絵支援、
更に608でもアリスたんのプチ補足説明をしてみたりと、アリス陣営もまた本気だ。
そしてそんな彼等の熱意に応えるように、*支援さんも616でエールフランスたん+墜落する
おやじ(南無阿弥陀仏♪)の自作支援を繰り出す。
さらにラスト1時間に入ろうという632で、飛行機AAを紹介してくるエールフランス陣営。
その直後、娘。塗装の飛行機AAを先頭にした、モ娘。部隊が到着し、エールフランスへ
次々に投票していく。
一方、その展開に慌てたのか、はたまた元からヤる気だったのか、アリス陣営も朝倉ゆうな
支援部隊氏が645で18禁のアリス画像を投入。さらにスタートダッシュで魅せた◆P4SUZU/C1.
氏もここで帰還、649・655と支援画像の神速生産でアリスを援護する。

自分の萌え(燃え?)にかけて、とにかくヤれるだけのことをヤってやる、そんな『心意気』を
感じるのは筆者だけではないだろう。両陣営ともすごい。
686のチキンレース口上が終わった後も、688のトー中氏に689の弓削頭狂が縦読み競演する
など、最後の最後まで熱かったバトルは終了。
とにかくひたすら支援が発生した23時間の結果は……


702 :(子) ◆U07733UhFQ :03/08/25 23:09 ID:wReX0ltg
有効コードがある票の順位
1位 67票 香坂アリス
2位 55票 [T]エールフランス

香坂アリスが2回戦進出となります。


エールフランスの支援爆撃を、支援の力で跳ね返したロリ・オブ・ザ・ロリ、香坂アリスが
見事に二回戦進出を決めた。 


エールフランスってのは確かフランスの飛行機会社で、香坂アリスってのは水月っていう
ゲームのキャラだという話だったわな。でもそういえば『水月』ってどう読むんだ?

こんな知識しかない状態で、何となくログを見返してみた筆者。
その感想は……『両者とも素晴らしいファイトだった!!!』……コレに尽きる。

萌えの御旗のもとに、画像にSSにAAにと、様々な支援を投入して戦ったアリス陣営。
そんな相手に対し、エールフランス側は、エールフランスたん萌えやコンコルドおやじネタ、
飛行機のカッコ良さを感じさせる画像など、様々な形の支援で応戦した。
両者がどれだけ健闘したか、それは623〜626にある、支援まとめを見て欲しいと思う。


613 :清き一票@名無しさん :03/08/25 19:27 ID:2gJUMBXn
[[CMP25-Hp0AxKuq-2Q]]
>612その他多くの人と同じく、はじスレ住人として<<香坂アリス>>に1票。
……と書くと、ただの友情票に見えるのが悲しいところだが、
実際にはエントリーキャラ数八百余人のトーナメントを勝ち抜いた実力の持ち主であるが故に、
最炉での激しい支援合戦に萌えたキャラである。


上に抜粋した書き込みが表すように、香坂アリスは強かった。
そんなクイーンオブロリに対してロリネタで果敢に挑むなど、様々な自作支援を繰り出して、
コンコルド……じゃなかった、エールフランスは互角に戦った。


703 :清き一票@名無しさん :03/08/25 23:18 ID:gYj7LBfs
アリス、勝ち抜けおめ!
エールフランス、負けたけど55票獲得おめ!
(ちなみに世界のエアライン人気トナメでエールフランスが獲得した
総票数(予選含めて)の約4倍)

支援・投票された皆様、お疲れさまでした。


両者の奮闘に関しては、リアルタイムで参加できなかった筆者が四の五の言うよりも、上の
書き込みを読んだ方がよっぽど早いだろう。


一方、見事に勝ち名乗りを上げた香坂アリスの勝因もまた、支援物資だったと思う。
確かにこの試合、浮動票をより多く奪ったのはエールフランス側であったかも知れない。
しかし、『コンコルドにも萌えたけど……』というように、一度相手側に転びかけた浮動票を
何票も引き戻すことができたのは、確かにアリス側の支援の力ではないだろうか?
自称支援マンセー厨の筆者には、そんな風に思える。


勝ち進んだアリスの次なる相手は、惣流・アスカ・ラングレー。
さきの試合では130票を集め、優勝候補の一角・ギコ猫を下した強敵である。
アリスの約2倍の集票力を持ち、支援力も優秀なアスカが、データを見る限りでは圧倒的に
優勢ではある。だが、果たして本当にそうなのだろうか?
アスカとギコの試合を筆者はよく見ていないので分からないが、票数はともかく支援と電波の
密度では、アリスの方に分があるように思える。
また、130票を集めたアスカの予選での票数は56票だった。これはアリスが出した票数とほぼ
同じである。
……支援を頑張って浮動票と二次元系の潜在票を集められれば、勝機は十分あるのでは……
何故かは分からないものの、そんな気がする。

ともあれアリスには、また今回のようなハァハァな支援を期待しつつ、この電波文を終える。
しかし、水月か……時間があったら今度やってみるかなあ……?

 

 

本戦1回戦 Bブロック第1試合の観戦記 55の名無しさん(IB4D0Otc)氏による

本戦1回戦 Bブロック第1試合
結果
1位 81票 的場文男
2位 43票 品川 

激闘のAブロック1回戦が全て終了し、ここからBブロック1回戦。
ここから新たな激闘が始まろうとしている・・・。

「3次元・男」キャラながらも隠れた(?)実力の持ち主である的場文男(以下文男)。
これに対し、「駅萌え」の品川がどういった戦いを挑むかが焦点ではあったが・・・。
序盤こそ、支援画像の後押しを受けた品川がリードする場面があったが、暫らくして
あっさりと文男にリードを許すと、あとはもう文男が大井競馬場で逃げるが如くリードを
広げていくという、一方的な展開になった。正午過ぎには既に品川に対してダブルスコアの
差を付け独走。品川の方は支援画像&サイト紹介などで追い上げようとするも、どうも
勢いがなく、アクセス規制のあった中で差は詰まらず終了。終わってみれば、文男の強さ
だけが目立った試合となった。

ポイント
文男:競馬板の方では盛り上がりに欠けていた感もあるが、終わってみればこの結果。つくづく
   競馬板住人の底力の強さには驚かされる。また、支援画像等はほとんど無かったが、その
   代わりに文男含め各地区地方競馬騎手のAAが貼られ、これが代用支援となったと見てもよい。
品川:今回は、相手が悪かったとしか言い様が無い。これだけ差を付けられては・・・・・
   あと、予選の時は銀河とのセット投票が有効であったが、今回はシングル戦となって有効的
   手段を作れなかったのが大きいか。支援画像はなかなかなものだったが・・・。

トーナメント開始直後はノーマークの存在だった文男が、徐々に真価を発揮し始めてきた。こう
なると、他の有力所も決してうかうかできるような状況ではなくなった。ただ、トーナメントを
勝ち進んでいけば自然と淘汰されて残るのは強い者のみ。そうなると、先の「アスカvsギコ」戦
のような総力戦のシーンが2回戦以降多くなっていくのは免れない事だろう。 

 

 

本戦1回戦 Bブロック第2試合の観戦記 藍・千氏(dRAMW2.k)氏による

巨人ファソの人は激怒するかもしれませんが今岡の試合ということで許してください

司会(゚Д゚)「今日は今岡と鈴凛の対戦。特別ゲストとして次のお二方をお呼びしました」
(丶´_ゝ`)「はんしんたいがーすのかねもとだよー。」
ξ・∀・ξ「亞里亞です…。兄やが腐っているの…。くすん。」
(丶`_ゝ´)フォォォォォ カキーン(逆転3ランホームラン!)←超兄貴モード発動!
ξ・∀・ξ「やったぁ、兄やが完全復活したの。これで大丈夫なの…」
(゚Д゚)「おおーっと、ここでコクリコ代理氏による支援投下。」
ξ・∀・ξ「くすん。亞里亞の画像は一枚もないの…。コクリコ兄やに嫌われているの…、
       くすん……くすん、くすん……。」
(丶`_ゝ´)「まあ、落ち着け。序盤は互角の戦いだな」
ξ・∀・ξ「でも、画像支援は断然鈴凛なの…。AAは(‘ ε ’)が多いモナー。」
(゚Д゚).。oO(一瞬亞里亞タンの中の人が今岡に見えた…)
(丶´_ゝ`)「いまおかせんしゅになかまからとうひょうきているよー。これでさがひらいたかな。」
ξ・∀・ξ「兄やしっかりするの…。試合中なんだから…」
(丶`_ゝ´)フォォォォォ カキーン(タイムリーヒット!)
ξ・∀・ξ「うふふ、今日の兄やはちょっと違うの…。やっぱり私がついているからかな?」
(゚Д゚)「ここで野球のほうは試合終了。阪神久々の甲子園で勝ちました。
    金本選手はお立ち台のためしばらく席外すことになりそうです。」
ξ・∀・ξ「兄や、おめでとうなの…。勝利後にいっぱい今岡選手に票が入っているの…。」 

゚Д゚)「こちらも投票終了。結果は…
本戦1回戦 Bブロック第2試合
結果
1位 107票 今岡誠 
2位 52票 鈴凛 
    で今岡選手の勝利となりました。」
(゚Д゚)「ごらんのように今岡選手の勝利となりましたが、勝利のポイントは何処でしょうか?」
ξ・∀・ξ「鈴凛にはいっぱい支援があったんだけど、やっぱり知名度の差なの…。鈴凛も頑張ったんだけど惜しかったの…」
(丶`_ゝ´)「やっぱり阪神の調子がいいけんのう。チーム一体となっているのが勝利に結びつくものじゃけん。」
(゚Д゚)「お二方、ありがとうございました。それではヒーローインタビューです。今岡選手、おめでとうございます」
(‘ ε ’)「ありがとうモナ。」
(゚Д゚)「ずばり勝因は?」
(‘ ε ’)「金本さんの逆転ホームランが効いたモナ。モナも頑張ったモナ。」
(゚Д゚)「…そっちではなくて優勝者最萌トーナメントのほうですが…」
(‘ ε ’)「間違ったモナ。皆が応援してくれるから勝ったモナ。ありがとうモナ。
      鈴凛もなかなかの好敵手だったモナ。」
(゚Д゚)「それでは、最後にファンの皆様に一言。」
(‘ ε ’)「これからも応援よろしくモナ。阪神も応援してくれると嬉しいモナ。」
      ついでに勝利記念に蟹を送るモナ。」
(゚Д゚)「ありがとうございました。」

(゚Д゚)「最後に、鈴凛サイドからのコメントとプレゼントが届きました。
アニキ、鈴凛は残念ながら負けたけど頑張ったよ。
鈴凛の作ったメカ贈るから楽しんでね。
どれどれ…」
(どっかーん!)



完?

今日の成績
(野球)阪神 6-4 巨人
(‘ ε ’)3打数1安打1四球 復活間近なのか?
(丶`_ゝ´) 4打数3安打4打点1HR 完全に超兄貴モード

参考
金本選手のプロフィール
http://www.hanshintigers.jp/team/profile/6.html
亞里亞タンのプロフィール
http://www.mediaworks.co.jp/gamers_s/sispri/sis02.html#char12

 

 

 

本戦1回戦 Bブロック第3試合の観戦記 (MS86iKt2)による

有効コードがある票の順位
1位 78票 バッツ
2位 39票 原素子 

まずは開始2分に素子の画像支援が投下される。数はわずかながら「刺され隊」も駆けつけ、序盤は素子リードでスタート。
この後、早朝の間はほとんど投票なし。が、その沈黙を破って投票されたのは「バッツタン」の領収書。これがジワジワ効いて正午前にバッツが逆転。
以降はバッツが頭一つ抜け出すが、素子もいつでもバッツを刺せるようにピタリと追走。
ジワジワとバッツ優勢になりつつあった19時前にバッツ陣営がフラッシュを初めとする支援を投下し、勝負を決めにかかる。これが功を奏して素子を突き放す。
こうなると素子の頼みの綱は、固定票の中心「刺され隊」。が、終わりの段階でも刺され隊は皆無。たまりかねた素子陣営は22時15分前後に怒涛のAAラッシュで反撃を計るが、時すでに遅く、バッツの勢いは増す一方。終わってみればちょうどダブルスコアでバッツが圧勝した。

ポイント
素子:新アニメ最萌準優勝という肩書きだが、本業は刺されるエピソードもあるゲーム。ということでアニメ、ゲーム双方のファンの投票が期待されたが、準優勝の原動力となった「刺され隊」は最後まで不発に終わり、不本意な結果となってしまった。
バッツ:踊り子、すっぴんが後に控えている状況で、まず本体が初戦突破。途中までは接戦だったが、終盤は「刺され隊」のお株を奪うラストスパートでダブルスコアを記録。支援の内容においても、フラッシュや領収書という個性的な支援でツボを抑え、浮動票を掻っ攫っていった。

まとめ
知名度に勝るバッツが、さらに浮動票も獲得し、磐石の勝利となった。素子は支援が少なかったのが致命的。知名度に劣る者は、その差を埋める支援で浮動票を獲得しなければ、かなり厳しいだろう。

-----------

 本戦1回戦 Bブロック第3試合の観戦記 青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による


一昨日、昨日とジャンルを越えた戦いが繰り広げられたが、今日は「ゲーム」という
媒体で繋がる候補の激突である。
原素子は「ガンパレードマーチ」というゲームより登場。秀逸なその内容が評価され、
そこから小説やアニメといったメディアにも進出、トーナメント優勝者最萌トーナメント
には、秋期&春期アニメ新番組最萌トーナメントからの出場となる。お姉さん的魅力
溢れる彼女、この戦いを如何にして乗り越えていくだろうか。
対するはもはや知らない人はいないだろう、「ファイナル・ファンタジー」シリーズの
5作目より、バッツの登場である。多彩なジョブを持ち、そのジョブ達も本戦へ勝ち
上がってくるなど見事な快進撃を続けている。予選での投票数ではバッツの方が倍近く
集めているが、その人気を今回も見せることができるだろうか。


2ちゃんねるで実施されている大手プロバイダの書き込み制限が懸念される状況の中
試合開始、しかしその影響は深刻のようで逆チキンレースも参加者少なめ、更に深夜帯の
投票数は全部で18票、支援物資も08-284の原素子支援画像数枚の1レスのみ。
ただ投票を見ると支援待ちしている書き込みも見られるので、後半戦が鍵になりそうな
気配だ。
朝になり、◆BUtzLV1Lm氏が08-304で落とした画像は「バッツタン」名で書かれた
普通なら証拠隠滅してしまうだろう某牛丼屋の領収書だった。自爆系の支援物資にワロタ
と投票する人も現れ、これを起点としてバッツ票に票が集まり始めたのだから、
◆BUtzLV1Lm氏も浮かばれるというものだろう(笑)
ここまで票の伸びで劣っていたバッツだったが、昼前に原素子に逆転、更に突き放して
ゆく。
バッツの支援も勢いは止まらず、台詞屋 ◆kNkAB9DQ7c氏のAA支援、◆BUtzLV1Lm氏
のサイト支援、FLASH支援に自作画像、バッツネタコピペ改変などで一気に投票スレ
の空気をバッツ色に染め上げていく。原素子側も果敢に先輩と呼ばれる以前の画像や
AAを纏めて投下するが、時すでに遅く、バッツへの投票は止まらない。
対する原素子側の最終兵器「刺され隊」の動きだが、爆発力に欠けた状態のまま試合終了
となってしまった。

結果
有効コードがある票の順位
1位 78票 バッツ
2位 39票 原素子 

ポイント

バッツ:知名度もあり、それを支援が後押しするという安定した試合運びで2回戦へと
進んだ。流動票をも上手く掬い上げた形になったバッツだが、今後はすっぴんや踊り子
などの各ジョブも勝負を控えており、効果のありそうな支援も他の候補より消費が激しく
なる。バッツ自身がここで勝ち上がった意義は大きいが、更に厳しい戦いを強いられる事
は必然。どうか頑張って貰いたい。
原素子:気が付けば、ダブルスコアが付いてしまう原素子ファンの人にとって残念な結果
になってしまったが、彼女の支持基盤となるスレが沈黙していたようなので、このトーナ
メント自体知らない人も多かった可能性がある。だがそれでも「刺され隊」の票は少ない
ながらも確実にあった。支援でもバッツに後れを取ってしまったが、それでも彼女の魅力
は伝わったのではないだろうか。

今回、バッツ選対では21:00頃を目標として一斉に支援物資を投下する方法を取った
ようだ。個々で応援するのも良いが、投票スレの空気を支配する手法の1つとして優れて
いると筆者は思う。


本戦1回戦 Bブロック第4試合の観戦記 黒っぽいアオミドロ氏 による

 

支援や電波(チョトマテ)が飛び交うナイスバトルが続く中、この試合もまた凄かった。
援護物資の個性ならどこにも負けない、さいたま最萌の強豪・大利根町。
はてしてエルメェスやウェザーの乱入はあるのか、ジャンプ最萌女王・空条徐倫。
美貌や可愛らしさよりもそこはかとなくネタの波動が漂う両者。予想段階ではやはり、さ
しもの大利根町も、徐倫(と愉快な仲間達!?)相手では多少きついとされている。だが、さ
きのアスカ・ギコ戦でも、劣勢とされたアスカ側が支援や何やらで勝利している。
ものすごい支援力で浮動票をどこまで稼げるのか……そんなギャラリーの思索をよそに、
のの人氏のいつもの前口上(472)と逆チキンで、試合の幕は切って落とされた。

ネタなら任せろ!そう言わんばかりに大利根町がまず動いた。前(略)184氏が早速ネ
タ満載の大利根町支援HPを落っことす(488)。画面のド真ん中を彩る逆転裁判ネタに
は度肝を抜かれた人も多いのではなかろうか。さらに続いておけぐわ氏も、502・503で
素晴らしい画像満載のGOLD FINGER '99大利根町支援フラッシュを投下。これがまじで天
晴れな出来。さらにお馴染みの(?)こくりこ氏も、517で支援投入。しかもさいたま絵か
ら徐倫支援の荒木先生の顔入り絵、JOJOポーズオフ怪画像まで、両陣営への愛がぎっ
しり!というか毎日支援物資投下ご苦労様です♪
きっついピンキッシュ+大利根町の電波攻勢はまだ続く。532でもこれまでの萌画像を
ものすごい勢いで紹介しつつ大利根町の歌姫・ピンキッシュNHK-FM登場の再通知に539
のさいたま∩( ゚∀゚ )∩氏の萌え画像支援。凄い!凄すぎる大利根町支援!!!

それでも票数自体はほぼ互角、むしろ徐倫の方がまだ優勢に見えなくもない。だがそ
の時、意外な板から意外な支援が飛んでくる。552の、無党派さんである。
両者相譲らずの状況下で、彼が行った支援は……8月31日の埼玉県知事選投票への有権
者へ向けた、投票呼びかけである(557・559・563で各種データも紹介するこだわり)!
がんがりすぎ!ほんとがんがりすぎっ(私は埼玉県民じゃないので投票むりぽですが)!
そして更に、570では埼玉県最萌トナメ決勝開始フラッシュが投入(しかも曲は9/8日ご
ろに登場する『鳥の詩』だったりする)。
えらい支援+ネタ攻勢の大利根町に対して、対する徐倫陣営は、『やっぱ「除倫」はや
ばい、無効ちゃうんか?』みたいな指摘を582等で行っていたり。

例を見ない電波支援攻勢で完全に空気を支配した大利根町に対して、徐倫もちょっぴり
えちぃイラスト等を投下(607、おまんこ女学院代表氏)。だが今日の大利根町に支援で
負ける要素は無いのか、590・600でピンキッシュ情報wが飛び出し、622では大利根町が
けっこう県境にあるらしいことがAAで紹介される(赤い肩の名無し曹長氏)。さらに
てってー的に投下される、前(略)184氏の、ピンキッシュが登場したラジオレポート
も熱いの一言(628・629・630・631・646・655・661)。676や706でも、無党派さんがまたまた
凄い勢いで知事選トピックスを紹介するなど、チキンレースを過ぎても勢いが止まらな
い大利根町が、よくわからないテンションを維持したまま試合終了。
試合の方は82票VS59票で大利根町が見事に勝利(710)、2回戦へ駒を進めた。なお、試
合の結果が報じられた後も、無党派さんは714・722・723と、来る8月31日の埼玉県知事選
についてのトピックスを紹介するなど、一人ひたすら頑張った。
なるべくなら、選挙に行ける人は選挙に行って欲しいかもな……などと思ってみたりす
る筆者であった(いや、筆者はさっぱり投票なんてできないですが←天誅っ!!!) 

今回の試合で勝敗を分けたのは、紛れも無く支援物資だった。ピンキッシュ電波を始め、
後から後から次々に秀逸な萌えやネタを放ち、果ては埼玉最萌時の名作フラッシュまで
も繰り出して戦い抜いたスゴイ町・大利根町。
面白いネタなら山ほどあったはずなのに(少漫名物恐怖のキモエルメェスAAに顔面真っ
白になったかたも、結構居るのでわなかろうか?)、秘められたネタ力をフルに発揮する
いとまもなく敗れ去ってしまった空条徐倫。
試合中の支援量もあって大利根町乱舞の印象が強いが、徐倫が本領発揮して、ネタ支援
合戦モードにもつれ込んでいたとしたら……知名度では十分な徐倫にも、十二分に勝機
があったのではないだろうか。そこが少し残念ではある。

続々続々と支援物資を出して、勝利を掴んだ大利根町。ピンキッシュがラジオに登場して
くれたことや、埼玉県知事選が近いという幸運も見方にしての完勝だった。
こんどの相手はFFDQ板最燃男トナメ準優勝者・バッツ。自作画像やAAやフラッシュや、
とにかく幅広い支援を展開してくる相手である。後押しするFFDQ板は相当な団結力
を誇り、基礎票も十分。正直簡単に勝たせてくれることはないだろう。相当気合を入れ
ねば、地力の差で押されかねない。
が、大利根町も支援力では絶対に負けていない。ピンキッシュを始めとするなんつーか
いみふめいなふしぎなネタ(笑)で全力攻撃すれば、仮に試合に負けたとしても(w)とて
つもない名勝負になることだろう。筆者はそれを心から期待しまくりたい。
つーわけで、両者とも頑張れ!燃やせ!『その日』のため作った支援に命をかけて! 

結果
1位 82票 大利根町
2位 59票 空条徐倫

 

 

 

本戦1回戦 Cブロック第1試合の観戦記 (MS86iKt2)氏 による

結果
1位 205票 ムーンブルクの王女
2位 149票 大阪

まず先手を取ったのは大阪。SSを中心に支援を展開し、若干大阪が押す。対するムーンは紹介文、
さらに支援サイトへのリンク、フラッシュ等のボリュームある支援で対抗。また、DQの戦闘画面を表した
AAでの投票もポツポツ出始める。
1時を過ぎても支援の応酬はとどまるところを知らず。1時ジャストに大阪の壁紙、SSが登場すれば、
その8分後に攻略本からのムーンの支援が投下されるという、まさに一進一退の展開。
が、AAの方に目を向けると、大阪がムーンを凌駕。この勢いの差がそのまま大阪のリードを生む形となった。
2時台からは大阪の独壇場。支援の勢いは止まるところを知らず、画像支援を中心に押しに押す。
3時過ぎにはgifアニメ支援を投下し、一気に勝負を決めにかかる。
対してムーンの反撃は03:21にまず画像支援。次いで03:27にSSを投下。
特に前者は自作らしいこともあり、効果覿面。ここで大阪の勢いにマッタをかけ、夜明け後に望みをつなぐ。
朝になると、未明に投下された自作画の効果が持続していたこともあり、ムーンが盛り返す。
これがさらなる自作画、フラッシュ、さらには音声支援を呼び、ムーンが反攻に出る。負けじと大阪サイドもSS、
画像支援を投下するが、思うように票が集まらない。正午前には一時18票あった差をムーンがついにひっくり返す。
午後に入ると、支援量で大阪がムーンを上回るようになるが、一度勢いづいたムーンを止めるのは難しく、
差を広げられないように追走するのがやっと。また、14:41には中立支援が登場する。
支援量では押されていたムーンだが、夕方に入ると、SS、AAが到着し、大阪に対抗。
すると、ムーンにスパートがかかり、耐えに耐えていた大阪もついにその差を広げられてしまう。
それでも21時台はAA投票が大阪に入り始め、大阪が浮上のきっかけをつかんだかに見えた。
が、21:45前後に、DQの戦闘画面AAのラシがムーンに投票される。その数実に14票。これで勝負は決した。
ラスト1時間は大阪、ムーンAAが入り乱れ、互角の展開となったが、それまでの差を縮めるには至らず。
両者が最多得票記録を更新した熱戦はムーンブルクの王女に軍配が上がった。

ポイント
大阪:予選同組で同じく本命視されてたギコ猫に続き、まさかの敗戦。が、それでも最多得票記録は更新。
その戦いぶりは堂々たるものだった。敗因を挙げるなら、単純に「ムーンが強かった」ということだろう。
ムーンブルクの王女:どちらにも甲乙つけがたいと言う人も多い中、浮動票を獲得できるような支援を送り続けたのが
良かった。
また、21:45のラシに象徴されるように、相当の固定票も見込まれるので、これからの戦いも楽しみである。

まとめ
本選では初の二次元女性キャラ同士の対決となったこの試合。属性が一致し、支援が飛び交う激しい試合となった。
票差こそ50近くついたが、内容そのものは非常に締まった好ゲームであり、結果、両者最多得票を更新。
やはり同次元同性は比較対照しやすいためなのだろうか。
願わくば異次元対決でもこの試合に負けない盛り上がりを期待したいところ。

-------------

本戦1回戦 Cブロック第1試合の観戦記  黒っぽいアオミドロ氏 による

素晴らしい試合だった。

アニメ最萌準優勝者・それまでの関西弁キャラの常識を塗り替えた、大阪こと春日歩。
FFDQ最萌の女王・DQ2の哀しきヒロイン・ムーンブルクの王女。
双方が死力を尽くして様々な支援を放ち合い、『どっちに入れればいいんだ?』と、大いに
投票者を悩ませた。そして、試合後は、勝者も敗者も、相手陣営の健闘を称えあった。

熱い、熱い、お互いの『萌え』がぶつかり合った、支援戦。
「折れも支援作りたかったのに……」という悔恨の声を上げながら、票を投じる人も何人か
いたほどの、このトーナメントでも最大量の支援物資が飛び交ったファイト。
今までにも支援で賑わった試合はあった。だが、この日はそれに加えて、会場のモチベー
ションというか『熱さ』のレベルも、今までとは確かに違うように感じられた。何というか、
この『投票所』という板が出来たばかりの祭の日々を、どこか思い出させるような……。
支援は美しきもの、ネタは素晴らしきもの。その両者がそろえば、例え負けても凄い試合に
なる――この試合の前、大利根町・空条徐倫戦の観戦記でなんとなく書いてみたセリフが、
即具現化したような(なんだか物凄い手前味噌。申し訳ありませんw)戦い。
はっきり言ってこの試合は、このトーナメント全体を通じてもトップを争うベストバウトに
なるのではないかと筆者は思う。


大利根町・空条徐倫戦の結果が発表されて間もない投票スレ08の718から、紅茶菜月氏が
大阪入場SSを発表。カーレースの余韻も覚めやらぬ753でも◆I2I2v3OkR6氏が大阪支援
スレを紹介。さらに紅茶菜月氏は762でも自作18禁SS『ある夏の日の午後』を投下する
など、スタートは大阪側が攻勢に出る。
しかし、ムーンブルクの王女も767でのキャラ紹介に始まり、771では◆DOIIFWZQzo氏が
某プロ×風FFDQ最萌EDフラッシュや、ムーンブルクの王女支援サイト紹介などの重量
支援ですかさず応戦。
それからはもう両陣営入り乱れての支援物資の乱打戦である。
うちゅー@大阪板より氏のガンダムネタの大阪支援SS+壁紙が飛び、◆DOIIFWZQzo氏が
ファミコン版ムーンブルクの王女画像を大投下、それに対抗して前日の大利根町支援でも
活躍したおけぐわ氏が『あずまんがさいたま』を落とせば、台詞屋氏が素晴らしい画像を
落とし返す。まさに双方気迫の爆撃合戦だ。
だがその後は*支援さん氏の大阪知世服装チェンジ絵に始まり、紅茶菜月氏のSS支援や、
こくりこ氏や☆ ◆29En7GikoU氏の画像空襲など、大阪側が押し始めた……ように見えた。

ところが流れが大阪の方に傾きかけたその時、ムーンブルク陣営が猛反撃!次々に画像を
放ちつつSSも投下(台詞屋氏)。◆5619859402氏の大阪支援の『ゴム使おー』の呼びかけ
を押し流す勢いで、890にムーン支援HPと共にフラッシュ支援を投下!
FF風戦闘シーンにゾーマの曲、戦うハーゴン+シドーとDQ2の3人、萌画像たっぷりの
EDが見事にマッチしたこのフラッシュは、さながら『ひかりのたま』がまぶしくかがやく
ように、大阪の戦闘力……というか集票力を殺ぐことになった。
そしてさらに897では、「LoveSong探して」を北欧風ポップスにアレンジしたという自作曲
支援まで放つ。これもまさしくイオナズン級の破壊力(筆者には『黒のコア級』に写るので
ありますが、このネタはそこはかとなくなんかちがうのでこの辺にしときますw)。
で、これで終わりかと思ったら924でまたとてつもないモノが降って来る。ムーンブルクの
王女の脱衣パズルである!!!おいおいそりわどんな支援だ!てゆーかそんな支援ありかっ!
なんか『破壊の剣の裏技』が可愛く見える位卑怯だと思うぞっ(笑)!
大阪陣営も、それらの超重支援の合間にSSや画像支援を展開してはいるのだが、流石に
この会心の一撃×3の前では少々霞んでしまうのも仕方ないか。
この3支援(特に890のフラッシュ)は投票スレが次スレに移転した後もしばしば再掲され、
それによって場の空気はじわじわとムーンブルク側に傾く。

だが、大阪陣営とて支援物資が尽きたわけでも、あきらめモードに入ったわけでもない。
大阪AA支援が届き、自前垢で大量の画像が公開されるなど、強力呪文を連発してくる
ムーンブルク側に対して一歩も引かず。
スレが08から09に移行した後も、ムーンブルク側にタリ板から『タリ板クエスト』が届いた
かと思えば、大阪側にもハングル板から大阪経済法科大学生氏のAAがやってくる。
大阪側が28で海外のあずまんがサイトを紹介すれば、ムーンブルク側も間髪入れずに29で
海外ドラクエサイトを紹介し返すなど、両者の凄まじい戦いは続く。
そんな中、47ではムーンたんと大阪の服装入れ替え絵が投下される。……なんか、友好て
感じで好きだなあ。作者は塗り残しのショックで崩れ落ちてるみたいだが(笑)。
58では大阪が51のリクエストに応える?3時イラストを落とした後、大活躍するのが大阪
支援のSS作家・紅茶菜月氏。59で18禁SSを落とし、65で同志からの支援を代理投下。
76でMOMO氏が自作ムーンたん支援SSを落とせば、今度は89・131でもまた支援SSを放つ。
……もしかして氏は思いっきり24時間体制で支援してないか?いやまあ他にもこくりこ氏
とか台詞屋氏とか、そういう修羅的支援者が何人も居るような予感がするが。
137でまたまたムーン支援フラッシュや音楽支援が再掲されたのに抵抗して138では大阪の
支援フラッシュが投下される。なんかセピアな雰囲気の、シンプルなこの作品。大阪の可愛
らしさの中にどこか切なさが混じる、なかなかよいものである。
こくりこ氏も154・163と次々に大阪画像支援を展開し、台詞屋氏も185でムーン支援SSを
またまた発表、さらに209でもDQ2EDテーマ『この道わが旅』をお送りする。にしても
SSや曲や、これだけ幅の広い支援を次々投下してくるあんたは何者!?

どちらに入れようか迷う声が、支援を続ける両者へのエールが、投票スレを飛び交う。
試合終了が近付いてくる中、支援物資の投下にも『最後に届け!この思い!』みたいな熱が
篭るようになってくる。
240の紅茶菜月氏の大阪SS、244のムーン支援ウマ自作イラスト、258のうちゅー氏の大阪
SSあんどスレ支援に、ナナシクラゲ氏のムーンSS。
286ではお絵かき板に眠っていた画像が転写され、紅茶菜月が290・302で祈るようにプチSS
を落とし、294の大阪経済法科大学生氏も最後まで大阪AAを再掲載。そしてラスト10分に
なる頃にもさらにムーンフラッシュが再掲されてくる。
時間が残り何分なのか、一体誰が見るのか、それは多分あんまり考えていないのだろう。
この試合が終わりを迎えるその瞬間まで、ただできる限りの支援をしよう……そんな熱い
萌え魂は、見ていてなんだかカッコ良かった。

……そんな最後まで支援が面白かった試合は、ムーンブルクの王女が制した。

ムーンブルクの王女の勝因は何だったのか。大阪の敗因は何だったのか。
大阪側から、フラッシュやアレンジ曲、ゲームなどの強力な支援が出なかったからなのか?
それとも、その高い知名度ゆえに、ファン層は広いもののコアなファンが予想よりも多く
なかった……なんていうしばしば起きる現象が大阪に起きて、ファンの濃さや『懐かしさ』
で上をゆくムーンブルクの王女が浮動票を奪ったのだろうか?
正直筆者には勝因敗因を決定するのは難しい。というか、したくない。

この試合、敗れた大阪も、149票を獲得している。それだけの票を大阪が集めることができ
たのは、間違いなく、あの膨大な量の支援物資によるものだった。
205票というレコードを弾き出したムーンブルクの王女もまた同様である。


貴方の萌えは、どこにありましたか?

投票スレ、そして雑談スレのレスをつらつら眺めていると、
「良かった」「凄かった」「感動した」。これらの言葉が幾つも幾つも目に付きます。
支援を作り出す支援者。そして、その支援を見て心動かされる者。
その片方、または両方どちらが欠けていてもトーナメントは味気ない物になってしまいます。

皆さん、今お時間ありますでしょうか?
もし時間が許されるのでしたら、改めて投下された支援を見てみませんか。

……貴方の萌えは、ここにありましたか?

この試合に勝ったムーンブルクの王女さん、おめでとう。
そして及ばずながら負けてしまった大阪さん、残念でした…。
…でも、勝ち負け云々が全てでは無いこと、勝敗がこのトーナメントの本質の
たった一部でしかない事を、頭の良い皆様はきっと理解していらっしゃると思います。
両候補の支援者の皆さん、そして投票した皆さん、お疲れ様でした。
今一度、今日の試合で頑張った皆さんに、大きな拍手を!


試合後のこの書き込み。これが今日の試合の全てではなかろうか?
『支援』という手段でこれだけの票を集め、これだけの名試合を作り上げた両者に、筆者も
ただよく頑張ったと拍手を送りたい。

 

 

本戦1回戦 Cブロック第2試合の観戦記 55の名無しさん(IB4D0Otc) による


結果
1位 123票 郷原洋司
2位 45票 陽ノ下光

2次元キャラが揃ったこのブロックで異彩を放つ「3次元・男」キャラの一人、郷原洋司(以下郷原)。
その実力は、予選12組で有力候補とも言える綾波レイに先着(2位)した事でも侮れない印象を持つ。
対するは、「ときメモ2」主人公の陽ノ下光(以下光)。「ギャルゲー」分野を切り開いた「ときメモ」
シリーズの主人公なのだが、予選16組では滑り込み4位でかろうじて通過と精彩を欠いた。ここで巻き
返しを図りたいところだったが・・・。

本選開始前には、光の支援画像が多数用意されていて現に投下されたのだが、その割には投票に結びつかず、
逆に郷原が、序盤から票数を重ねて突き放しにかかり、夜明けのAM6:00には30対9と既に大差を付け優位に
立つ。その後も光が一向に票数が伸びない中で、郷原は着実に票数を伸ばしていく。光には多くの支援画像が
貼られていくのだが・・・。
そして試合が再び動いたのは、PM3:00を過ぎてから。この日は日曜という事もあり競馬中継が行われた中、
重賞新潟記念で郷原が以前騎乗していた2頭でワンツーフィニッシュ!これが抜群の「支援効果」となり、
さらに郷原に票が投じられる事となった。この状況は、夕方を過ぎても続く事になる。
何とか巻き返しを図りたい光陣営は、PM8:00を過ぎたあたりから各板選対スレに支援要請をかける。その
甲斐もあってか、PM9:00くらいから漸く票数が伸びてきたのだが、郷原の勢いは衰えを知らず、なかなか
差が詰まらない。結局、光が猛追をかけようとしても、郷原は既に遥か先を行っておりそのまま終了。
結局、郷原がトリプルスコアに近い差を付けて圧勝した。

ポイント
郷原:この日の郷原は、正に「天の時・地の利・人の和」の理にかなっていた。「天の時」は、この日が
   日曜日で競馬が行なわれており、先に挙げたように重賞で「お手馬」がいたという事。「地の利」は、
   ちょっと違うかもしれないが対戦相手に恵まれるなど、「アスカvsギコ猫」戦や「大阪vsムーンブルクの
   王女」戦のような「総力戦」にならなかったという事。「人の和」は、以前(予選の時に)挙がっていた
   「人の良さ」を示したエピソードや、この日の重賞で勝った馬の騎手にアドバイスを送っていたという
   逸話が伝えられ反響を呼んだ事。これらが揃って、正に「完勝」と呼ぶに相応しい勝利を挙げた。
光:とにかく意外にも票数が伸びなかった。この事に尽きる。何しろ、太陽が出てる間はほとんど投票がなく、
  名前に「陽」が入っているにしては不憫に思えるほど票数が伸びなかった。支援画像はとにかく沢山投じ
  られてきたのだが、その影響がほとんど無かった事を見ると、もはや「ときメモ」の神通力は消え失せた
  といっても過言ではないかもしれない。

事前の予想では、郷原の方が優位に立っていたとはいっても、これだけ差がついたという事についてはとにかく
意外。このあたりは、時代の流れというものを痛切に感じました・・・・・。

 

本戦1回戦 Cブロック第3試合の観戦記  青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

この日の試合は、「似たジャンルで別カテゴリ」という少々変わった組み合わせとなる。
登場する矢島晶子と言えば、アイドル伝説えり子のえりこ役、犬夜叉の琥珀、
クレヨンしんちゃんのしんのすけなど、それぞれ異なったキャラの個性をたくさん
演じ分けられる声優であり、(http://sdb.noppo.com/akiko_y.htm 参照のこと)
声優最萌トーナメントの唯一の生き残りである。
その声役の一つに新機動戦記ガンダムWのリリーナ役があるが、今日の試合相手となる
オーバーマン キングゲイナー(後、キングゲイナーと略す)も同じ富野アニメである
ため、どちらへ投票しようか悩む人が出そうな一戦である。

今日はのの人募集中。氏の前口上より前から支援投下がある。こくりこ氏の矢島晶子支援
となるであろう、覇王大系リューナイトのパッフィー画像が09-622に。そしていつもの
逆チキンラシが終わった後、0:30に小規模ながら行われていたJSA(ジェットスト
リームアタック…じゃなくてエクソダス)が今日は派手に行われる、投票はややキング
ゲイナー寄りか。これで波に乗るキングゲイナーは、他にもキンゲイナー放送中に実際
あったエクソダス中に激しく愛を語る台詞や音声、その関連スレ(09-641)、キングゲイ
ナーのオープニングをAAで作ってみるスレのリンク(09-649)、更にキャラ紹介を画像と
セットにしてドカーンと投下。前半で流れを掴もうと集中的に動く。
対する矢島晶子支援も、引き下がる事なくこれに応戦。THEビックオーのR・ドロシー
(09-642)、アニメ版ONEの柚木詩子(09-671)の画像、ファンファンファーマシィー
の3役のmp3(09-676)と画像(09-698)などと続く。また09-700ではクレヨンしん
ちゃん劇場版からのmp3。アニメだけではなく、スター・ウォーズのアナキン・スカイ
ウォーカー写真が出てくる(09-708。矢島晶子は日本語吹き替えとして登場)辺り、
矢島晶子の仕事の幅広さが伺える。
朝になると支援合戦は落ち着いてくる。矢島晶子支援であるフィギュア17の椎名つばさ
AA(09-709など)や音声支援(09-742など)で野原しんのすけとはまた違う、萌え属性
の心をくすぐるようなものでアピール。
投票の方はさほど進まないが、技ありの支援のお陰かじりじりと矢島晶子がキングゲイナー
に追い付きつつある…。
終盤でもAAメインで両候補の支援者から飛び交い(さいたま∩( ゚∀゚ )∩の中の人、
大活躍)、全く気が抜けない状態が続く。
23時が近づき、決めかねていた人達も投票をし出した事、そして全板人気トーナメント
を彷彿とさせる一斉投票が多かったために、グラフはやや直角な感じで立ちあがった。
その結果は…。 

有効コードがある票の順位 
1位 67票 オーバーマン キングゲイナー 
2位 51票 矢島晶子 

ポイント

オーバーマン キングゲイナー:予選ではセット投票の恩恵もあり、無事予選通過を
果たした訳だが、今回は単独でも宣伝活動と豊富な支援を武器に戦える事を証明した。
しかし、キングゲイナー本編は今DVDを買うか借りなければ見られない事もあって、今後
も苦戦を強いられる可能性があり、盤石とは言い難い。どうか、一戦ずつ試合を経て知名度
を上げ、更に大きく、強くなっていって欲しい。
矢島晶子:投票されたレスを見ると、矢島晶子側に熱いレスが多く見受けられる。
それだけ矢島晶子の実力に気付いている人が多いという事なのだろう。また、09-754で
の矢島晶子の演技の素晴らしさについて語った書き込みは、同意する人も多かったのでは
なかろうか。
勝敗を分けたのは、今回は属性が近しいためにキングゲイナー側へ流れた人がいた事、
そして矢島晶子の役だったキャラを好いている人達が、このトーナメントを余り認知して
いないからではないかと想像する。

この試合、キャラや候補の魅力についての紹介が特に丁寧だった。初心者でも判るような
配慮は支援を見る者にすれば非常に有り難いし、浮動票を呼び込む糸口にもなる、そして
ファンを増やす事にも繋がると思うのだが、どうだろう。

 

 

本戦1回戦 Cブロック第4試合の観戦記  べい(cRS//ujA) による


ギャルゲー最萌の金メダリスト「衛」。人気ゲーム『シスタープリンセス』の12人の妹の一人。
 ボーイッシュなスポーツ家で、その素朴な笑顔に魅了された全国の「あにぃ」は数知れず。
対してFF/DQ板最燃男王者、DQ「5主人公」。知名度は随一であろうが、はたして萌えの本場に通用するか?
衛は前予想で比較的高評価を獲得。DQ5は△2つと辛い評価。順当に行けば衛だろう。
……だが、我々は既に大阪vsムーン戦の奇跡を目にしている。大阪に勝利したDQ勢に、衛は勝てるのだろうか?
異様は試合開始前から現れていた。逆チキンを狙った金髪車氏のフライングである。
投票先は<<5主人公>>。そう、この試合の全てを物語るかのように……。

先にこくりこ氏の先行支援が紹介されるが票に中々結び付かず。
DQ勢は自作支援画像などで対抗し、開始後3時間で9vs25と5主人公が突き放す。
こくりこ氏らの大量支援や「DQ5も好きだけどここは衛に投票」という方々の健闘にも関らず、差は広がり続ける。
今回の支援合戦も中々の見物であったが、特筆するならば
給水党氏の5主人公への連続自作支援は、本作をプレイしたことないものまでが心を動かされたようだ。
21:00からのラシで5主人公がさらに追い逃げ、結果として二倍近い大差で「5主人公」が勝利し、国民的RPGの貫禄を見せ付けることとなった。

結果
勝: 103票 5主人公 
敗: 53票 衛 


ポイント
衛:支援量は申し分無しであったが、意外にも票を伸ばせず。やはりシスプリ連載終了が痛かったのか。
5主人公:奴隷から王へ。その苦労と、やっとつかんだ幸せに感動を覚えたという方が多かった。
   また、結婚イベントが話題になった本作。09-883に呼応してビアンカ派かフローラ派か宣言するものが多々。
   知名度の高さだけではなく、「燃え」と「萌え」の両方を兼ね備えている点が大勝利につながったのではないか。

シスプリ勢は早くも全員敗退し、今大会のレベルの高さを示した。
それとは対照的に、FF/DQ勢はここまで全員一回戦突破を果たしており、層の厚みを感じる。
Dブロック初戦の"すっぴん"にも注目したい。

 

 

本戦1回戦 Dブロック第1試合の観戦記   青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

Dブロック最初の組み合わせは、すっぴんと名古屋城。
すっぴんはバッツたん最萌えジョブトーナメントの優勝者で、予選でも72票を
集めて倉田佐祐理と2位タイで突破を果たした。すでに1回戦突破を果たしている
バッツに続きたい所だが、相手となる名古屋城も、予選同組で日本の城定番決定戦優勝の
会津若松城が予選落ちしてしまっている(同時に名古屋城はリベンジ達成しているが)
だけに、背水の陣を引かざるをえない。果たして「名城」の意地を見せられるか。


試合開始2分後、支援の先制パンチは名古屋城側からだった。
10-217で志保車氏からの自作画像、ロボット化(?)した名古屋城が日輪をバックに
ポーズを取っているもので、最初から何故かギャグ路線っぽい。10-227では連日支援者
の代表その1、鶏 ◆TikinEFdr. 氏からの名古屋のちょっと(いや、かなり)変わった
喫茶店、マウンテンのやたらボリュームのあるかき氷やダダ甘そうないちごスパゲティ
などのメニュー画像やレポート紹介。10-240でも◆vOagNJ7CRI氏からは名鉄セブン館
でそそり立つ身長6〜7mのマネキン、ナナちゃんの紹介、とただならぬ名古屋の一面
を垣間見せてくれる(笑)。
また、お馴染みの名古屋はええで!やっとかめFLASHや、ショボーンが可愛く踊る
えびふりゃーどえりゃースキFLASHで名古屋の魅力をアピール。このFLASHに
よろめいた人もかなりいたようだ。
10-242では連日支援者その2、こくりこ氏がバッツ繋がりでファイナルファンタジー
シリーズから画像を数点投下。ネタ系も混ぜている辺りがこくりこ氏らしい。
深夜帯の応援合戦は名古屋城の方が盛り上がっていたが、投票もそれに反映された形で
名古屋城側が有利。10-273ではロボ城2枚目を投下した志保車氏からの、名古屋地下街
の体験談を元にして作った(らしい)支援SS「中級ダンジョン」が登場。
なかなか良い出来だ。
対するすっぴんからは、10-321にマジでヤバイ改変で笑いを取った後、
21時45分合わせでFF・DQ板からの応援らしき連続投票が届き、その中に混じって
グランバニア車 ◆DQ5/ZUO1O. 氏が、どう考えても普通は思い付かないバッツ1人きり
でFF5をクリアするための方法を記したサイトや洗顔すっぴん(それは何か違います!)
自作絵を投下。
また紅茶菜月 ◆5xcwYYpqtk 氏は暦のダイエット話を使っての名古屋支援自作SS
「おいしいもの」を投下して反撃するものの、すっぴんのラストの伸びには勝てず、
下の結果でこの試合は決着した。 


有効コードがある票の順位 
1位 69票 すっぴん 
2位 59票 名古屋城 

ポイント

・すっぴん:今トーナメントではFF、DQキャラの勢いが光っているが、バッツの
ジョブであるすっぴんもその勢いの恩恵を得られたようだ。ゲーム自体の知名度の
高さ故にジョブについても応援する人も多かった点もあるだろう。また、先日のバッツ、
並びにFF、DQキャラの情熱的な支援からの期待票もあったと思われる。
ただ、2回戦の組み合わせを見るとBブロック2回戦から4連続FF、DQキャラが
登場するため、応援する側にとって非常に大変な戦いとなる事が容易に想像できる。
踊り子の1回戦も控えているが、応援キャラ登場までゆっくり休息を取っておいて
貰いたいと思う。
・名古屋城:今回の支援は名古屋「城」に囚われず、名古屋の魅力を全面に出して勝負
した形になった。浮動票も支援でかなり得られたものの、10票の差がすべてを分けて
しまった。
名古屋城を含めた名古屋のツボは支援で押し出されたようなので、琴線に触れた方は
名古屋に足を運ばれてみてはどうか、などと思う。
(ちなみに、FLASHで出てきた「やっとかめ」は「久しぶり」という意味だそうだ)
名古屋はええで。いっぺんいりゃあせ!(来て下さい)

まとめ

異次元対決だった今回、応援基盤がしっかりと存在しない候補は苦戦を強いられて
しまう傾向があったが、今回は支援者が集まって名古屋城を押し上げた感じだ。
それ故すっぴんを苦戦させる結果となったが、次戦の大道寺知世vs本村由紀子の
どちらが勝ち上がってもすっぴんは今回より苦しい展開になると分析する。
だが、特定の色に染まらないすっぴん故の強さもあるはず。是非頑張って欲しい。

 

 

本戦1回戦 Dブロック第2試合の観戦記   青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

2次元vs3次元の構図は今まで何度かあったが、「2次元キャラ萌え」vs「3次元美人
萌え」の萌え一騎打ちとなると本当に数限られてくる。おまけに大道寺知世は小学4年生
(TV版の時)、本村由紀子は(童顔であるが)熟女に属する、お姉さんである。
この差、自分の属性がどうなのかを再認識してしまう一戦だったのではないだろうか?
本村由紀子は予選で29票という結果を残しているために、予想屋全員がノーマーク
だった。対する大道寺知世は本命や対抗の揃い踏み。
…だが、この試合終了後はその予想屋達も判断の甘さに頭を抱えたのではなかろうか
(ちなみに筆者もその予想屋の一人である)。


今日はのの人募集中。氏が1週間程休まれるという事で、のの人募集中。氏製作の開始
宣言文を代理人が貼り付けた。
10-447からは大道寺知世側の本日代表支援者となる、*支援さん ◆vOagNJ7CRI 氏が
入場文を持って現れる。対し、本村由紀子側も10-449で本村由紀子の出演するラジオ
放送のサイトを紹介。試合日が日曜日だったなら、番組自体が支援にもなっただろう。
しかし、これを投下しようとした周波数774kHz ◆I2I2v3OkR6 氏、アク禁のために
お煙 ◆OBAKEvF5iY 氏が代理で貼り付けを願うしかなかった。投票スレで思うように
行動できないのは本当に苦痛だったはずだ。
10-445では*支援さん ◆vOagNJ7CRI 氏の力作、大道寺知世の着せ替えFLASHを
投下。
「トーナメントゆうしょうしゃさいもえトーナメント10がつごう とくべつふろく」
との題が付いており、子供向け作品のようにみせておいて実は大きいお兄さんをピン
ポイントに刺激している作品だったりして(笑)。
10-480では本村由紀子AAがお目見え。「ゆっこたんハァハァ」の文字が散りばめてあり、
応援陣への戦意高揚を促しているようにも見える…。
10-489では今回のトナメ専用、大道寺知世のプロフィールサイトを投下。キャラが判り
やすいようにとの配慮である。10-491でも綺麗なCCさくら壁紙、10-500にも大道寺知世
画像を…と支援アピール面で勢い勝る大道寺知世支援陣。
ここまでの投票は支援のパワー差か、それともこの時間帯が強いのか、大道寺知世の方
が上。しかし、本村由紀子を応援する第1支持団体である、株式板の本村由紀子こと
ゆっこタンスレ。ここは朝方から活動的(基本的に夜は早寝)になる点があり、まだ
本領発揮とはいっていない模様。3日に1スレ消化していく勢いがあり、火が付けば
逆転可能なポジションにいる。 


日中は前述通り、本村由紀子票が一定のペースで伸びていき、大道寺知世は今一つ安定
した伸びを見せない。10-517で知世はええで!やっとかめFLASHが登場するも、効果は
今一つか。しかし、知世側の投票者に「さくら組 ○○」という、生徒らしき名前で
投票がある、一種のラシ的なものなのだろうか…(^^;
13時過ぎ頃についに1位に躍り出た本村由紀子。15時30分からは本村由紀子ファン、
通称ゆっこ民達が期待を繋いでいた「株式ワイド クロージング・ベル」の放送時間。
株式板の本村由紀子スレが伸びる伸びる! しかし、終わった後でも余り投票スレで
動きがない。TVに登場するなどの告知は、判りやすく細やかにやっておくべきだった
かも…。
しかしそんな事が裏側であったと悟らせるような事もなく、本村由紀子は順調に票を
伸ばしていき、大道寺知世との差を広げていく。
投票スレに動きがあったのは10-624、朝方に「知世はええよ! やっとかめ」FLASHを
投下していた(これは予選にも出た)*支援さん ◆vOagNJ7CRI 氏、新たに2番の歌詞
バージョンを製作、投下!(ついでにこの前日試合だった名古屋がらみの自作絵も
くっつけて投下!)先程記した着せ替えFLASHと共に、支援を見て決める流動票の人達
の心へ衝撃を与える事に成功した模様。つーか、作品の質が良くて凄い!
10-688で本村由紀子応援サイトや写真アップローダの丸乗せ(!)で支援対抗をするが、
Sizuku ◆sizukuuh1M 氏達の画像投下などにより、投票スレの流れを大道寺知世側が掴んで
離さない。本村由紀子にグングン追い付く大道寺知世、ぎりぎり届くか届かないか…。
そして結果は…。

有効コードがある票の順位 
1位 139票 大道寺知世 
2位 127票 本村由紀子 


ポイント

・大道寺知世:*支援さん ◆vOagNJ7CRI 氏やSizuku ◆sizukuuh1M 氏を始めとする
支援者達が、流れを持って行かれまいと踏ん張り切った事が勝因としてまず挙げられる。
また、終盤の粘りも見事であった。この試合の前日が知世の誕生日という設定だそうだが、
丁度1日遅れの誕生日プレゼントになった感じだ。
しかし、あえて言わせて貰うなら、投票の際に「大堂寺」や「知代」などの誤字が多かった。
間違いやすい名前であるので仕方ないとは思うのだが、本村由紀子の誤字が無かった
事を考えると、やはり知名度の不足を意味しているものでもあると考える。
トーナメントは長期戦でもあるから、こまめなアピールが必要だろう。
・本村由紀子:大道寺知世に比べるとどうしてもアピール面不足と感じてしまうのだが、
その点はトーナメントをこなしてきた数の差がある。(大道寺知世は、CCさくら最萌、
アニメ最萌、全AA人気、などがある。それに「CCさくら」としての登場数を考えると
更に…)29票という何とも寂しい予選突破だったが、この試合では127票という数字。
株で言うなら高騰、というか暴騰だ。
この票の伸びは評価すべきだろう、それだけ本村由紀子を応援する人がいた証明である。
投票する際の「ゆっこ民」の名乗りはどこか、誇らしげにも感じた。

まとめ

23時近くになって駆け込んでくる票は、いつもの倍位ではなかっただろうか。
とにかく支援者にすれば非常に長く感じられる1戦だったはずだ。
双方100票を越える、トーナメント優勝者最萌トーナメントとしては激しい方に属する
内容の試合であった。候補の実力は互角、支援の差で競り勝ったと言っても過言ではない。
もし本村由紀子側も支援用の核弾頭を用意していたとしたら…。
宣伝や応援を充実させていたら…色んなifを感じさせてくれる試合であった。
両陣営の人にお疲れ様と言いたい。

 

本戦1回戦 Dブロック第3試合の観戦記   べい(cRS//ujA) による


今回は同じゲーム関係でありながら
かたや有名音ゲー、beatmania等のコンポーザーのひとり、
かたや有名RPG FF5の主人公バッツの職種の一つという、実質的な異次元対決となった。
定評のあるDJ SIMON氏が音楽で投票者を魅了するか、
踊り子号と勘違いされ、予選を大穴で通過した踊り子が真の実力?を見せるのか、が注目される。

○ 試合の様子
序盤から音ゲープレイヤーの支持を受け、いきなり独走態勢に入った<<DJ SIMON>>。
DJ SIMON支援 ◆779b4UMz4I氏やCM10-888のKONAMIのページ及びなりきりスレ紹介、
◆k5zNo.69J氏がSIMON氏の代表作SOFT LANDING ON THE BODYの略称にかこつけたソフランCMうp等
で勢いを加速させる。
<<踊り子>>側も10-854でズレた踊り子支援(Yahooで踊り子を検索汁! 18歳未満厳禁)、
10-867や10-892で以前の試合で使われた踊り子画像等を紹介して対抗するが、午前は票に結び付かず。

午後はFF・DQ板支持層である学生の帰宅のせいか、徐々に<<踊り子>>側に動きが。
18:00ごろ、こくりこ氏が踊り子支援として「キタキタおやじ」などの画像を投下、笑いを取る。
10-931には踊り子号の写真が、10-944には踊るバッツAAが登場。
21:00、試合は佳境に入る。
11-021が違法覚悟で<<SIMON>>氏本人の歌声が入ったファイルを投下、これに感じ入って投票した方も。
21:45からは定例のFF・DQ勢ラシ。バッツ他FFキャラAAが搭乗しているのは……何と<<踊り子>>号AAだー!
ここで20票前後あった差を縮め、一時は5票近い僅差に。
FF・DQ勢としては巻き返しを図りたいところだったろうが……。

22:30投票終了前30分間に、こんこん連合からの怒涛のラッシュ。
大部が<<DJ SIMON>>票に流れ、追いすがる踊り子を脱線させる格好となった。

本戦1回戦 Dブロック第3試合
結果
1位 94票 DJ SIMON
2位 76票 踊り子 

○ ポイント
DJ SIMON:ビーマニプレイヤーの支持により終始安定して得票を続けた。
 筆者は氏のことを余りよく知らなかったけれども、
 11-021の支援を聞くと確かにファンが多いのも頷ける出来だ。
 しかし、版権問題のせいか音楽支援の少なさは意外に感じた。
 支持者にとっては脳裡に曲が焼きついているほど氏が愛されているということの現れか。
踊り子:やっぱり変だった、踊り子。
 前々日のすっぴん戦の疲労は手痛く、自炊画像支援こそ無かったが、
 多種多用な支援や踊り子号などへの便乗で多くの浮動票を獲得。
 敗れたとは言え、他層を取り込み、すっぴん以上の得票をしたことは今後の参考になるだろう。

○ まとめ
余り前評価を得られなかった者同士の対決だったが、総有効投票数は180にものぼり、
十分人を引き付ける闘いであった。
FF・DQ勢は初めての敗北を喫したが、これを休養と捉え余力を蓄えて
9/20のティナ戦、9/27からの地獄の四連戦にもユニークな支援を見せてもらいたいところだ。
そして<<DJ SIMON>>、予選・本選ともに予想の評価は低かったが、強固な支持基盤に支えられ順当に
勝ち進んでいる。まさにCブロックのダークホース、今後の番狂わせに期待ができると言えよう。



Dブロック第4試合の観戦記     お煙(SSexobDM) 氏 による

本戦一回戦前半を締めくくる中澤裕子 vs 上野は異次元対戦ながら、発足時からモー娘を支え
卒業した中沢、戦前戦後東京の玄関を努め、現在は中継駅として存在する上野、双方これからの
展開が注目される年季の入ったキャラの対戦である。

熱い支援を受けながら、スタート! 先手を取ったのは上野、HPのリンクで駅の歴史や上野周辺
の案内をアップ。中沢は画像中心の支援で追いかける。上野は列車の画像や上野がある台東区
もネタに取り入れ支援を続ける。やや上野リードで6日の朝を迎える。金曜日の日中ということも
あり、票はあまり伸びないが、上野は支援の手を緩めない。
夕方になると、徐々に活気が戻ってくる。中沢支援の「モーニングマスク。参上!」、上野はフラッシュ
で応戦! 投票ペースも上昇。21時になるとモー娘関連の組織票が入りだし、中沢は上野と並ぶ。
ここで気になる支援を紹介・補足しよう、スレ11-282上野支援の 居酒屋「常磐線」 である。
JR常磐線は上野始発で茨城県の土浦あたりまでが、通勤圏である。東海道線や中央線との違いは、
1.雨の日はスーツ姿にゴム長靴のサラリーマン 2.連結器の上で酒飲みながらサイコロ賭博をや
るオヤジ達。 今ではあまり見かけなくなったが、こんな時代が実際に常磐線にはあった。
通勤に2時間近くかかって残業でもしようものなら、会社の近くで飲めば終電に間に合わない訳で、
電車の中で一杯飲みたくなる気持ちも解る。だけど!家に帰ってから飲みなさい (w

22時、支援を見守っていた参加者が一斉に投票を始める。この時間もほぼ互角の戦い。総投票数の
1/3がこの1時間で行われた。 23時、投票終了! わずか1票差で中沢の勝利!

結果
1位 56票 中澤裕子
2位 55票 上野 

ポイント
中沢:上り調子でハロプロ系主体の票を獲得。画像支援や支援用過去ログも豊富にあるだろう。
   10月1日のDJ SIMON戦が楽しみである。是非、3桁台に得票数をのせてがんばって欲しい。
上野:正直、支援では中沢以上がんばったと思う。魅力は充分発揮出来たのだから、負けて悔い無しで
   あろう。予選の得票数30を倍近く上回ったことは、ひとえに支援者の情熱が参加者に伝わったから
   である。
まとめ
結果の得票数だけ見れば地味な対戦カードなのだが、内容の濃い対戦だった。
投票総数111に対して200レス以上消化したこの対戦、そこからは支援者のがんばりが伝わってくる。
何百票も入る対戦に慣れた参加者には、新鮮に感じられたことだろう。最後に上野を支援した参加者に
エールを送って観戦記を終える。「上野は俺らの〜 心の駅だ〜 くじけちゃならない 人生が〜
あの日ここから 始まった〜」

 

Eブロック第1試合の観戦記      青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

9/7 1回戦 Eブロック第1試合
キングゲイナー・オーバー!vsジョセフ・ジョースター

1回戦もついに前半戦を終了し、休む間もなく後半戦へと突入する。
Cブロック第3試合ですでに勝利を決めているオーバーマン キングゲイナー、
その主題歌であるキングゲイナー・オーバー!が登場。リズム良い曲に今ではもう
知る人も少ないはずであるゴーゴー…モンキーダンスが印象に残るアニソンだ。
対するのは有名な漫画、荒木飛呂彦作「ジョジョの奇妙な冒険」第2部の主人公。
2代目ジョジョである、ジョセフ・ジョースターだ。Bブロック第4試合にて
同漫画の6代目主人公、空条徐倫がまさかの敗北を喫しているためにここは勝って
おきたい所だが…。
「ジョジョの奇妙な冒険」はアニメ化されているのでアニメ対決と言ってもいいと
思われる一戦、双方有力候補だけに良い試合が期待できそうだ。


試合開始後30分。応援部隊が期待していただろう、ジェットストリームエクソダス
(JSA)は予想通りに大規模な量に。可愛いのからキモ可愛いものまで(笑)、色々な
踊るAAが投票スレを飾る。この時点で一気に差を付けるキングゲイナー・オーバー!
支援においても出遅れるなとばかりに、11-421から3レスまで大量な支援物資を絨毯爆撃!
アナ姫を始め、ドミネやアニメに関係ない人まで踊っている画像、歌姫ミイヤ・ラウジン、
破壊力抜群なキングゲイナー関連FLASH群、キングゲイナーを歌いきるスレッド、
キングゲイナーDVD終了につき実況の呼び掛け(2ちゃんねる外)など、支援量で
ムードはキングゲイナーに傾いたか。
しかし、往年のジョジョワールドが黙っている訳は無し。早朝にこくりこ氏、ネタ系
支援画像を連投しててこ入れをすると、ジョセフ・ジョースターが追いかけモードに入る。
昼間になる少し前の11-455でキングゲイナー・オーバー!の動画投下と共に、滅多に
見られないであろう、作曲した井荻燐氏のモンキーダンス動画まで付けて支援を強化。
しかしそうはさせじとその次のレスでTVの形で1〜6巻までをダイジェストで振り返る
FLASHを投下。ここで互いの票差は更に縮まる。
そして今回ジョセフ・ジョースター側の支援で最高に話題を呼んだ、ジョジョピンボール
ゲームがお目見え。これにハマって時の経つのも忘れてしまった人もいたようだ(笑)
バサラ ◆2HLng5G4kg 氏がキングゲイナー・オーバー!側の支援まとめを行い、また
11-506では本日ラスト支援であるヤッサバ隊長の漢泣き踊り画像、これが投下される
頃にはすでに残り時間90分ほどになっていた。
この頃に支援物資を見て投票先を決めていく票が多く見られるが、最後まで踏ん張り
きったのはキングゲイナー・オーバー!の方だった。 


有効コードがある票の順位 
1位 76票 キングゲイナー・オーバー! 
2位 48票 ジョセフ・ジョースター 

ポイント

キングゲイナー・オーバー!:グラフを見ると、投票が特に最初と最後に集中している
事が判る。JSAや前半に効果のありそうな支援物資を一斉投下して勢いを作り、
ジョセフ・ジョースター側の、強力だが散発的な支援に最後まで耐え切った。
また、各選対へのこまめな宣伝も集票力の一端になっていたようだ。
しかしキングゲイナー・オーバー!の、テンポ良い楽しげな曲を知っていたからこそ
票が伸びたのであり、ジョジョを知っていてキングゲイナーを知らなければ流石に
勝利は掴めなかったであろう。ただ、新作支援が作りにくい候補であり、次戦の
支援充実は他候補より大変だと推察する。
ジョセフ・ジョースター:個性豊かなジョジョシリーズのキャラ中でも知名度高く、
ここで敗北する事にショックを受けた人もいるのではないか。勝負を分けたのは
前半の沈黙と想像するが、それに加えて基礎地盤はキングゲイナー・オーバー!の
方が固まっていた。この後試合を控えているブローノ・ブチャラティーだが、
この敗北が試合に悪影響を及ぼさないか心配になる筆者である。
しかし、今日投下された支援物資、非常に評価が高かった。これはキングゲイナー・
オーバー!側も同じだが…きっと今でもピンボールで遊んでいる人がいるのでは。
…支援した人、有り難う。そしてお疲れ様でした。

まとめ

キングゲイナー・オーバー!が1回戦を勝ち進んだ後に待っている2回戦。
相手は鳥の詩と決まった、歌という共通項のある候補だ。それ故に見所があり、
筆者はまたも目が離せなくなる事だろう。
そして、これを読んでいる貴方もそうであって欲しいと思う。

 

Eブロック第2試合の観戦記       黒っぽいアオミドロ氏 による

ゆーのはなんか胡散臭いけど……へぇー。
633では替え歌支援も登場し、637では某佐○県某町の某マスコット・まほろタンがらみの
鳥の詩フラッシュが、652では辛口キムチな北の国から、電波タプーリの爆笑フラッシュ・
『金(キム)の詩』が投下されるかと思えば、655では今度はドラゴンボールのヤムチャネタ
の、哀愁漂いまくったトンデモ替え歌が大登場。
浩平側も、632(ONEヒロインズ)、636(ONEメインヒロイン・長森瑞佳)、657(浩平)と、
画像支援を次々に投下するが、流石にこの大破壊フラッシュ+反則替え歌に張り合うのは
難しい……が、それでもなお、追う浩平も逃げる鳥の詩も、支援物資の投下を続ける。
675・678ではONE、いや葉鍵屈指のギャグメーカーヒロイン・七瀬留美の画像が貼られ、
676・699でも再登場のこくりこ氏が画像支援(どちらかというとAir寄り)を投下し……
って、何故美味しんぼ?何故マルチ(ToHeart@Leaf)??でもおもろいのでOK(マテ笑)。
688でも浩平支援画像が貼られ、チキンレース只中の712でも、トー中氏が文中にAirの
ヒロインの名前を網羅した芸術的なまでの縦読み投票を行うなど、終了付近では支援うん
ぬんより書き込みそのものが想いを語る熱いものが多かったのがなんか良かった本日の
試合も終了。その結果は……

734 :(子) ◆U07733UhFQ :03/09/08 23:10 ID:2pDhL/Fb
有効コードがある票の順位
1位 51票 鳥の詩
2位 31票 折原浩平

鳥の詩が二回戦進出となります。

……思ったより票数が少ないのにびっくりだったが……ともあれ葉鍵対葉鍵の謎対決は、
鳥の詩の方に軍配が上がることとなった。 


鳥の詩が勝ったのは、まず間違いなく知名度の差のためだろう。
クックルやあらくれ、まほろタンなど、様々なフラッシュに使用されたために、『葉鍵は
よくわかんないけど、とりあえずフラッシュで聞いた時あるから鳥の詩の方に……』という
感じで票を入れた人も結構居たのではないかと思う。
だが、何はともあれ、この曲が様々なフラッシュに登場したことこそが、鳥の詩が名曲で
あることを証明していると言えよう。
一方の折原浩平。
時には突発的に、思わず頭の中を覗いて見たくなるような、凡人には思いもつかない爆笑
珍行動を起こすかと思えば、時には思わず泣き出してしまいそうな感動を提供してきたり
もする、葉鍵ゲーム中でも屈指の名主人公。
だが哀しきかな、ONEというゲームの、設定の難解さも手伝ってだろうか、どうしても
ゲーム未プレイの人には実態が掴みにくく、そのため支援物資等による浮動票の獲得が
難しかったように見受けられた。
しかし、それでも浩平は、多くの人から票を集めた。浮動票への訴えかけの難易度の差が
ゆえに敗れはしたものの、それでもかなりの人から票をもらったり、あるいは『どっちに
入れようかマジで悩む……』という葛藤を与えたことは事実。
正直筆者は、彼は頑張った、同属(?)相手に予想以上の健闘をした、と思う。

勝ち進んだ鳥の詩は、2回戦で『キングゲイナー・オーバー!』との『燃え歌VS萌え詩の
宿命の対決』を演じることが決まった。
今までの得票数等を考えれば、キングゲイナー・オーバー!の方に分があるが、筆者は鳥の
詩がかなり好きなので(天誅)、正直頑張って番狂わせを期待したい。


……最後になったが、折原浩平の登場するゲーム『ONE〜輝く季節へ〜』は、ギャグあり
泣き所ありの名作だと思っている(筆者的にはKanonと並ぶ鍵最強傑作)。
エロ度が薄いことと難易度(特に七瀬とか茜)が多少高いこと、それと絵に癖があることを
除けば問答無用で良い出来なので、1日1時間以上パソコンが自由に使える18歳以上の
方は、是非是非プレイしてみて下s 



Eブロック第3試合の観戦記      青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

9/9 1回戦 Eブロック第3試合
ニダーvsニャルラトテップ

今日の試合は、どちらも何かオソロシイものを呼んできそうな取り合わせである(笑)。
まずは邪神の中でもカリスマ的存在(?)、ニャルラトテップが登場。
クトゥルフ神話の偉大なる神々の中でも、力押しよりも謀略などで罠にはめて自滅させる
事を好む邪神である。小説、ゲーム、漫画など、その名に触れる媒体はかなり多い。
対するは(のの人募集中。氏の開始宣言文曰く)「アジアのスーパー田代砲」ニダー。
常に謝罪と賠償を要求している気もする、憎らしいけれど憎めない妙なポジションの
存在、その背には壇君の姿もチラホラ…。
魔空大戦となるやもしれないこの一戦、果たしてどちらが2回戦へと進むだろうか。


ちょっと通りますよ、のAAが投票スレを通過、その後お茶を飲んでくつろいでいたり
する中逆チキンレース。凝った「教習所って難しい」の改変投票もあり、結構賑やかだ。
開始10分後に支援第一弾が11-772で、とこれはモナー童話集「インスマウスを覆う影」
のAA劇場紹介が。半漁人インスマウスがニダーに置き換えられている名作(迷作)
の紹介もあり、これはニダーvsニャルラトテップ対戦記念として投下された物
(元の題材がニャルラトテップを含むクトゥルフ神話)である。
11-773ではしょうま氏が支援が間に合わなかったとしょげながらニャルラトテップ陣営
として登場、それでもたくさんの支援を落っことしていく。
クトゥルフ最萌トーナメントで使われたお絵描き伝言板を支援物資として投入、
邪神を萌えキャラに変換してしまう最萌パワー恐るべし。また他にもSAN値が感じら
れないように見える日記サイト紹介(タニシの丸焼きニャルラ…)、おまけに先程通過
したちょっと通りますよAA…のリアルイラストが。場所が東京ビックサ○トな
のも笑いのツボか、しかし非常に緻密に描かれていて驚かされる。更に巫女○女ナース
替え歌のニャルラトテップ風改変もあり、支援が幅広い。
ニャルラトテップ支援はまだまだ続く。学研のクトゥルー神話大全のニャルラトテップ
登場作品の紹介が11-787である、(こまめなまとめ文がいかにも文学板らしい)ここで
またまた登場、しょうま氏がクトゥルフ最萌投票スレの決勝戦を貼り付けるなど、
ここまで集中的に支援を投下していく。投票スレの勢いはニャルラトテップが握ったか…
と思ったその時。 

全AAトーナメントでもニダー支援でその力を見せつけた、しる ◆SOTEC/poFY氏
がおもむろに登場。したらばの長編支援スレに延々と連投する連作AA2本、
第1弾32、第2弾27、そのレス数59! 
全AAトーナメント予選で出る幕無くお蔵入りになったネタだそうだが、
「何故これがボツになるんだ!」と言いたくなるほどの出来。まだ見てないのなら一度
長編支援スレを見て貰いたい…。
その後もニダー陣営からはAAトーナメント決勝戦を記念して作られたFLASHや
ニダーが生まれたハングル板の面白さを伝えるFLASHにニダーが生まれたスレの紹介 を
行うが、ニャルラトテップ陣営からはデモンベインというゲームでのニャルラトテップ
(注:綺麗なお姉さん)やニャルラトテップ紹介サイトなどを投入。こくりこ氏が画像
を持って登場する朝頃になるまで、両陣営の支援合戦が枯れることなく続いていた。
しかし、投票スレにとにかく目立つニダーAA。投票の多くはニダーAAを使用して
いる為にそれだけで存在感がある…。
票が票を、ニダーがニダーを呼ぶのだろうか。どんどん伸びていくニダーの票数。
11-927では萌えキャラもビックリな萌えニダー少女画像を投下、また
魔神閣下 ◆ZD/Y49hXi2 氏が数多くあるハングル板の看板画像を持ってきたりと
勢いを保持し続けるニダー。スレ移行した12-015でseirei 氏の萌えアザトース&
ニャルラトテップ自作絵が登場したりもするが、戦況は非常に苦しい…
ニャルラトテップ陣営に取って反撃の狼煙を上げられないまま、試合終了となった。

12-161で自販機氏を騙るネタ試合終了看板が貼られる…ニダーよ、おおむぎ若葉氏
を買収してどうするって言うんだ(w

有効コードがある票の順位 
1位 199票 ニダー 
2位 35票 ニャルラトテップ 

ポイント

ニダー:予想屋の人達が木之本桜と二分する形で本命視している候補だけに、ニャルラ
トテップを寄せ付けない強さを見せた。200票に僅か1票足りないこの記録は今のところ、
ムーンブルクの王女に続く順位である。この試合の日、かの北の国の建国記念日
という事でハングル板自体勢いがあり、票田の下支えとなるしお韓スレの伸びも好調、
支援も充実、宣伝活動も盛んで、この勝負これといった弱点が見つからない。
しかし投票初心者が多い為か、コード貼り付け忘れなどの投票ミスが多かったのが気に
掛かる。今後は接戦もあるだろう、油断は禁物。…油断が命取りになるオチがニダーの
お約束とは言え、試合の場でそれを再現してしまうのは避けたいところだ。

ニャルラトテップ:支援物資が投下される度に票は増えていたのだが、パワー型のニダー
相手に悲しいかな、5倍近い差を付けられてしまった。画像など支援面でニダーに引けを
取っていなかったと筆者は思うのだが、萌えポイントの難しさが票の伸びの足を鈍らせて
しまったか。
約80年前に書かれたラヴクラフト小説で形成された世界観は、異質ながら
今の時代も人の心に受け継がれている。そしてその神々の名は書物から他の媒体へと広が
っているのだ。もし今後ニャルラトテップやアザトース、クトゥルフなどの名前を耳に
したら、この試合の事をちょっとで良いから思い出して欲しいと筆者は願う。

−暗黒のファラオ万歳 ニャルラトテップ万歳 
 くとぅるふ ふたぐん にゃるらとてっぷ つがー しゃめっしゅ しゃめっしゅ
 にゃるらとてっぷ つがー くとぅるふ ふたぐん 

まとめ

厚顔無恥なニダーに、ニャルラトテップの張る自滅系の罠は効かなかった…。

と、ネタはここまでにして。
ニダーが勝ち上がる事により、2回戦の組み合わせは木之本桜vsニダーという非常に
面白みのあるものになった。正直、気を抜いた方が負ける事になるだろう。殺伐とした
試合になるのか、はたまたマッタリはにゃーんニダニダした試合になるのか、注目したい。 



Eブロック第4試合の観戦記       (MS86iKt2)氏 による

本戦Eブロック4組 9/10(水)  木之本桜vsコクリコ

久々に二次元萌え属性同士の対決となったこの試合。しかも作品名がさ
くらつながり。
まずは開始30分前にこくりこ氏による双方支援が場をあたためる。 
そして逆チキン。ここではコクリコAAが先制パンチを放ち、わずかながら
コクリコの方がさくらを押すという展開。
が、出遅れはしたもののやはりバリエーション豊富なさくらAAが黙っては
いなかった。支援物資もぞくぞくと到着し、あっという間にコクリコを突き放
す。
コクリコ陣営も断続的に支援は投下するが、スタートダッシュ以降はなか
なか票を伸ばすことができない。
深夜の時点で早くも大勢は決定。が、その後もさくら陣営は支援の手を緩
めない。トリプルスコアをつける勢いを維持し、終盤戦へ。
21時過ぎ、恒例の支援まとめが行われるが、ここでアクシデントが。同時に
投下されたコクリコ支援AAが支援まとめによって分断される。が、これが
功を奏したかどうかは知らないが、完全に勢いの止まっていたコクリコにも
票が入り始める。
が、ようやく息を吹き返したコクリコに対しても、さくらは攻撃の手を緩めない。
22時半前後にはモ娘板からのラシが投下され、3ケタの大台に到達。コクリ
コはトリプルスコアを回避するのがやっとであった。

結果
1位 111票 木之本桜 
2位 42票 コクリコ 

ポイント
木之本桜:優勝候補にふさわしく、圧倒的な強さだった。楽勝だったにも関
わらず、大量の支援、さらにラシと、最後まで手を抜かなかったさくら陣営の
熱の入れようは敬服に値する。次の相手は、今回の対戦でもちょくちょく援護
射撃をしてくれた盟友・ニダー。厳しい戦いが予想されるが、得意の物量作戦
で乗り切りたい。
コクリコ:正直相手が悪すぎたとしか言い様がない。支援量は決して少なく
なかったし、同じ二次元萌え属性ということでかなり迷う人も多かったことか
ら、票差以上に競った内容だったとは思う。が、一つ気になったのは、直リ
ンできない内容の支援が多かったことだろうか。まあ熱心に支援を見る人に
とっては関係ないかもしれないが、多少操作がわずらわしくなってしまうので
その分だけ浮動票を稼げなかったというのがあるのかもしれない。

まとめ
票はあわやトリプルスコアと開いたが、二次元萌えが真っ向から衝突した
好ゲームだった。さくらが最後まで手を抜かず戦ったのも、同じ属性のコ
クリコの逆襲を恐れてのことか。とにかく最後まで何が起こるかわからな
いのが最萌トーナメント。万が一のことを考えて今回のさくらのような万全
の試合運びを心がけたいところである。

 

Fブロック第1試合の観戦記       青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA) による

9/11 1回戦 Fブロック第1試合
PS版みさき先輩 vs ブローノ・ブチャラティ

組み合わせ抽選の際に真っ先に目がいったのは多分このブロックであろう、Fブロック。
その第1試合は、「輝く季節へ」というゲームより登場(PS版はONEという名が付い
ていない)、川名みさきことPS版みさき先輩。「ONE〜輝く季節へ」は18禁ゲーム
のPC版と全年齢向けのPS版があるが、こちらは候補にPS(プレステーション)の文字が
入っている通り、全年齢向けの方だ。盲目といういたたまれない設定があるが、
それよりも大食ネタや、独特の台詞回しなどの方が先行している感がある、黒髪ロングの
少女。
対するはジョジョの奇妙な冒険の第5部より、ブローノ・ブチャラティが現れる。
人の上に立つ人間はひと味違う(ジョジョキャラはどれもひと味違うのだが…)、
を地でいっているイタリアの組織の幹部である。
ジョジョ流の名言も数々残しているが、このトーナメントでは空条徐倫、ジョセフ・
ジョースター共に善戦するも敗北、という結果となっているためここでジョジョキャラと
して一回戦勝利を収めておきたいところだ。

この試合でも、のの人募集中。 ◆CENONOCX8s 氏の開始宣言文、
お煙 ◆OBAKEvF5iY氏、鶏 ◆TikinEFdr. 氏のAAの開始看板、
トー中 ◆y9hYsl8Dnk 氏の縦読みなど、お馴染みの逆チキンレースに参加している人達
が思い思いのレスを付けていく。毎日趣向を凝らしたテンプレを作るのは大変なはずだ。
支援の方は、葉鍵板最萌トーナメントで自作支援として出された、みさき先輩支援
「みさきDA!」「そうだな、65Hitってとこかな」の優良FLASH(12-459)や、他葉鍵
ゲームキャラとのクロス画像を交えたみさき先輩関連画像(12-461)を投下してまず流れ
を作る。12-475でもみさき先輩18禁画像、12-477からも「理由?そんなのみさき先輩
に萌えてるからに決まってるじゃないかぁ!!」という叫びにも似た投票と共に、他の
ゲーム画像を使用した「実際のゲームとは違った衣装を着たみさき先輩」、つまりは
コラージュ画像で支援を…これも自作支援の部類に入るだろう。
投票数はあまり伸びないが、朝方までにみさき先輩有利の雰囲気を作り出していく。
ブローノ・ブチャラティ側はここまで、ほとんど黙して動かぬ状態。
朝方に☆ ◆29En7GikoU氏が、スレに貼られたブラクラ警報を出して注意を促す(本当
にご苦労様です)、その間にも志保車氏がいつもの愛車でみさき先輩AAを乗せて
登場、全板トーナメントで話題を呼んだ、「みさき先輩の点字講座」を長編支援スレに
貼って投票スレにリンクを貼る。この支援はこのトーナメントでも支援弾としての効果が
十分にあったようで、「点字講座が良かった」との支援に感銘を受けた投票がいくつか
見受けられる。 

昼間からはブローノ・ブチャラティ側の投票に勢いが出てくる、

 514 名前:ジョセフ・ジョースター 投稿日:03/09/11 13:20 ID:DlD+V6EU
 ↓ おまえは『<<ブローノ・ブチャラティ>>に1票』という! 

 515 名前:清き一票@名無しさん 投稿日:03/09/11 13:38 ID:w5QifoiR
 [[CMP11-vdD3nK51-QH]] 
 
 <<ブローノ・ブチャラティ>> に1票  Σ(´Д`lll) 

12-515氏、貴方はお約束を知っているッ!(笑)

12-520ではS氏が自作みさき先輩画像を。そして12-524からは志保車氏が再び登場、
ONEとみさき先輩の魅力を2レスに渡り語っていく、しかしその文にしっかりちゃっかり
縦読みを仕込んでいる辺りが志保車氏らしいというか何というか…盲目の彼女が何故
普通の学校で生活できるかというトリビア的説明などもなされている辺り、丁寧だ。
さて、ブローノ・ブチャラティ側の支援だが、12-539にようやく登場。ジョジョの
奇妙な冒険のTV風FLASH(重いのはご愛敬だ)、結構遊んだ人も多い(かくいう筆者も)
ジョジョピンボールゲーム、そしてのスタンド技決め台詞が格好いい、敵殴りまくり
FLASHが登場。しかし、その1レス下(1分遅れ)で同じ支援物資を貼る別の人が…。
「気持ちは同じだったということですねw」とのレスが交わされた通り、ここでジョジョ
キャラとしてのアピールをしたくて我慢できない人が複数いたという事。
呼応した人がいたかのようにここからのブローノ・ブチャラティ票の伸びが凄まじい。
追い上げるブローノ・ブチャラティ、最萌みさき先輩トーナメントの紹介や萌えAA、
萌え画像、ONEのゲーム紹介(またも縦読みっ)を貼って全力逃げダッシュする
みさき先輩…。

炉利羽 萌 ◆MnLOLIwa.M 氏とトー中 ◆y9hYsl8Dnk 氏も23:00王決定戦に加わり
縦読み文章…この日はやたらと縦読みの多い試合だった(笑)

有効コードがある票の順位 
1位 58票 PS版みさき先輩 
2位 49票 ブローノ・ブチャラティ 

ポイント

PS版みさき先輩:このトーナメントでは葉鍵板関連からかなりの候補が出場しているが、
みさき先輩も葉鍵板トーナメントでベスト4に勝ち残った人気キャラだけあって、
その意地を見せつけた。支援もそこそこの数が出ていたが、「PS版としてのみさき先輩」
ではなく、普通に「みさき先輩」として推していた人が多かった。「オリジナルみさき先輩」
と「PS版みさき先輩」の2組が出場しているのだから、それぞれの違いが判る支援を
望みたい、というのは我が儘だろうか。
…実際問題、キャラ的な違いを細かく知りたいという人がいるかどうかは(ry
ブローノ・ブチャラティ:9票差の無念の敗退、そしてジョジョの奇妙な冒険から登場の
3キャラが、この時点で全員トーナメントから消える事に悲しみ、そして驚いている人も
多いのではないだろうか。下のようなジョジョキャラらしいアツい投票も数多かった候補
だけに、寂しいものを感じる。

 538 名前:清き一票@名無しさん 投稿日:03/09/11 19:57 ID:SPSoKZPG
 [[CMP11-1zOiTnMn-sY]] 

 空条徐倫は敗退した……ジョセフ・ジョースターも…… 
 今回のトーナメントで、一回戦突破するのが困難なのは 
 理解している…… 

 だが、もしかしたら突破できるかもしれないと思うなら! 
 この俺の一票が影響するかもしれないと思ったら! 
 投票しねえわけにはいかねえだろう………! 
 
 俺の清き一票だぜー、受け取ってくれ <<ブローノ・ブチャラティ>>! 
 
 投票すると思った時には! 既に行動は終わってるんだぜ! 
 「投票した」なら使っていい! 

しかし、ここまでジョジョキャラが奮闘した事実や、残していった意義もまた大きかった
に違いない。第6部まで終わり、第7部に向けての展開が楽しみな今だからこそ。
ここまで本当に
アリアリアリアリアリアリアリアリアリ!!!! アリーヴェデルチ!

まとめ

PS版みさき先輩は次に、モー娘。の加護亜依との試合となる。非常に自力のある候補
だけに、全力でぶつかっていって欲しい。
「う〜痛いよ〜 目の前がチカチカするよ〜」
いや、そうじゃなくって。 

 

 

Fブロック第2試合の観戦記      青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏 による

9/12 1回戦 Fブロック第2試合
フォウ・ムラサメvs加護亜依

Dブロックの大道寺知世vs本村由紀子戦以来となる「2次元萌えキャラ」vs「3次元萌え
アイドル」対決、フォウ・ムラサメは誰もが知るアニメ作品、機動戦士Zガンダムの
中で悲劇のヒロインとして描かれている。ニュータイプ研究所の強化人間養成のため
名前と記憶を奪われ、ガンダムMk-IIを撃破することによって過去の記憶を取り戻す
ことができると信じ、戦い続けた過酷な宿命を背負わされた少女だ。
対するはこちらも知名度は高いだろう、「モーニング娘。」のメンバーの一人、加護亜依。
あいぼんなどのニックネームを持ち、現在も歌にTV番組にと活躍中。また2ちゃんねる
でも( ‘д‘ )といった「あいぼん」としての顔文字が決まっており、このキャラの
認知度も高い。
激戦が囁かれているFブロックの第2戦目の火蓋が、ここに切って落とされる。


試合開始30分前。12-647にて張られたリンク、それは長編支援スレのもので
「機動戦士ぼんダム」という双方支援だかどっちなんだか判らない…、ガンダムの
主題歌を替え歌に、そしてあいぼんAAがフォウ・ムラサメへの宣戦布告を行っている
辺り、加護亜依側からのエール交換だった模様。
その内容を受けて試合開始直後に今度はフォウ・ムラサメ側からもそれに対抗した宣言文
(こちらも長文故に長編支援スレへのリンク)が返される。少々本音が見え隠れする
プロパガンダ戦が終わると、次は両陣営の支援爆撃が始まる…。
…この時、密かにフォウ・ムラサメ側で支援が裏で行われている事に気が付いている
人は多分あまり知られていなかったはずだ。何故なら投票スレにその告知が貼られて
いなかったから。
ネットラジオという媒体を使って、3倍氏が本日だけのラジオ番組を行っていた。
初めての放送という事だが、ガンダム系の曲を掛けながらのトークはなかなかな物であった。
話は投票所に戻り、12-667より支援母体となる加護連から挨拶。と同時にサイト一つを
ポンと置いていく。この中には支援者が時間を掛けて集めただろう支援物資が山積みにさ
れていた。この宝石箱を開けた人はどのくらいいただろうか。
12-682ではののたん&あいぼんのフーン兄弟風AA劇場が◆I2I2v3OkR6 氏から。
◆12S/BzP.qc 氏も登場して加護亜依画像支援がこれに続く。
時計は0:30を回り、ここでJSA同好会でラシが始まる。以前はシャア専用板が
音頭を取ってやっていた企画だけに、フォウ・ムラサメに投票が連なっていく…。
ここまで加護亜依優勢だったが、これで逆転。しかし投票ではない賑やかし=様子見
の人も多い所が気になる…そう、まだ試合は始まったばかりだ。 

12-699でも加護亜依画像+胸プルルン水着動画で追い打ちを掛けてくるが、12-710に
画像の反撃、美樹本晴彦&北爪宏幸画伯の描いたフォウ・ムラサメ画像を投入。当然ながら
クォリティの高い画像に息を飲ませてもらった。
12-711でこくりこ氏が画像を持って登場。
2:00前に3倍氏のネットラジオは終了し、放送を聞いていたhiryuu氏などが支援乙、
との書き込みと共に投票に来る一幕も。
フォウ・ムラサメ支援は続く。12-716、718とシャア専用最萌ファイトの決勝過去ログや
超巨大サイコガンダムAA(リンク)などで投票スレを賑わす、しかし加護亜依画像追加
投下で一進一退の展開…6:00までの投票数、どちらも同じく20票!
12-743では、自分のシンデレラ・フォウについての思い出をしみじみ語りながら投票
する。フォウへの記憶が投票者の心の奥に深く刻まれている証拠であろう。
昼頃にシャイニング娘。トレカ画像のリンクが貼られ、また壁に耳あり、障子にメアリー
さん氏による加護亜依のラジオでの甘くて舌っ足らずな声や画像などが続けざまに投下
されていく。
この連続投下が功を奏したのか、15:00過ぎ頃、一進一退だった得票が加護亜依側に
ほんの少しだが傾いてくる…。12-795では支援用サイトにディスコグラフィを追加、
またU-名無しさん氏から応援として送られた辻加護画像が来る、とすぐ後にフォウ・
ムラサメ側面支援として「機動戦士Zハンダム」というハングル板発と思われる爆笑FLASH
の一撃が投票スレを襲う。つーか、ズラネタがちょっとアレでソレな気も(笑)
12-821ではAA長編劇場でモー娘を知らない人でも楽しめそうな作品、「あいぼんさんの
モーヲタ的生活」の紹介がある。こん連18番 ◆KonKoNx986 氏からの萌えを存分に
含んだ画像支援もあり、勢いは止まる所を知らない。極めつけは加護連筆頭で毎週水曜日
にネットラジオを放送している県庁氏が、20:00からの音楽番組ミュージックステー
ションに出てくる加護亜依を実況中継、その後加護亜依関連の曲をリクエストして掛ける
というサービス付き。この試合、裏では「ネットラジオ対決」というやたら贅沢な対決が
展開されていたのだ。その告知が12-814で登場。問題はどれほどの人がそのラジオを
聞いていたか、なのだが…。これについては割愛。
12-848にはぶりんこのコンビで活動する事もあり、どちらも髪型が似ている為迷う人が
多く、その見分け方をネタも交えて語るスレ「辻と加護の見分け方」を、12-853では
その見分け方にちなんだ辻加護見分けクイズFLASHを合わせて投下、ここで追い打ちと
ばかりに12-870ではモー娘。FLASH中でも名作中の名作friendship FLASHがお目見え、
この時間はモー娘各連合のラシが続いていた為、12-905に力作、マジでヤバイ改変
フォウ・ムラサメVerを制作、投下するものの加護亜依一色といった状態だった。
そして、その差が投票差となって反映されてくる…。
このスレの23:00王決定戦が非常に微妙なタイミングとなり、最後の投票は12-938。
950以降の無効票となる危険まであと僅か、という所でこの日の試合は終わった。 

有効コードがある票の順位
1位 118票 加護亜依
2位 70票 フォウ・ムラサメ 

ポイント

加護亜依:現在もTVにラジオにと活躍している故の知名度の高さ、加護連の活発な宣伝
活動、そこに支援の後押しも加わって後半の勝負に押し勝った。支援もバラエティに富ん
でおり、フル回転で支援者も頑張った努力の賜だと推測する。それに加えて、ニダー戦
にあったように、モー娘。系の試合の投票はよくモー娘。AAが使用され、投票スレを
賑わせる−これが若干の支援効果を持つようだ。
が、トーナメントの支援物資の中で出ていた「辻と加護の見分け方」の支援が挙がる辺り、
モー娘。の個性豊かな面々の中で加護亜依の名前を浸透させるのは大変だという認識が
支援側にあったのだろう。そして実際加護「亜衣」などの投票の誤字が見られた…。
この辺に次戦からのポイントが隠れていると筆者は思う。
フォウ・ムラサメ:加護亜依と比べると若干知名度に劣る分を支援で埋めようとした
支援者達。現在売り出し中のアイドルに追い付くほどの支援を打ち出すのは並大抵の努力
ではなかったはずだ。後半はどうしても支援が追い付かない一面がそれを物語っている。
機動戦士Zガンダム放映より20年弱という時代の流れが勝敗の明暗を分ける。支援を
探してくる作業に難航したという風の噂が筆者の耳にも入った。だが、改めて投票スレを
見ると、フォウ・ムラサメに対しての萌え文が熱い。そして「今日はどちらに投票しよう
か迷った」というコメントの如何に多かった事か…。経過した年数だけ、人の心にじわり
じわりと広がっているのだなと感じた。70票の想いはきっと彼女に伝わっただろう…
シンデレラ・フォウ、永遠なれ。

まとめ

得票数だけれみれば平凡な試合に見える。だが実際は、名試合と一言で片付けるのには
とても惜しい試合だった。OPを飾った支援「機動戦士ぼんダム」のエンディングが
人知れず長編支援スレに投下されていたのだが、目を通されていた人はいただろうか。
そこでの加護亜依は、泣いていた。本当は戦いたくなかい相手だった…、そんな意味合い
が込められている気がした。

おまけではあるが、試合の結果が貼られてすぐに埋め立てが始まった投票スレ12。
勢い余って1008レスまで進んでしまった事を記しておく。今トーナメントの埋め立てでも
こんな事は起こらなかったはず、なのに何故ここまで書き込みが進んだのか…
これを読まれている賢明な貴方なら、言わなくても判って貰えるはずだ。



Fブロック第3試合の観戦記      志保車氏 による

9/13 1回戦 Fブロック第3試合  真琴車 vs モ娘(狼)

ぴんぽんぱんぽーん。

以下の文章には、一部自作自演が混じっています。
投票所の反応等に即して書いたつもりですが、過大評価になっていたらすみません。

Pink鯖の一角・葉鍵板。
『Leaf』『Key』という、18禁ゲームのブランドを扱う、板である。
2年前開かれた葉鍵最萌とほぼ平行して、とあるトーナメントが開かれた。
『葉鍵板最萌車コテトーナメント』。
葉鍵住民の記憶からも、薄れつつあるかも知れないその企画。
その準優勝者が、真琴車だった。

そんな真琴車の相手は、モーニング娘。(狼)板。
2chでもトップクラスのアクセス数を誇る、巨大板。
1年2ヶ月前の全板トーナメント決勝で、4300もの票を獲得した相手である。
知名度でも、集票力でも、とても敵うとは思えなかった。
だが、真琴車とその支援者達は、最強とすら言われる狼に、果敢に挑んだ。
これは、×月×日、真琴車が狼と繰り広げた、熱戦の模様である。


                 ( ̄ ̄<     / ̄>
                  \  ヽ   / /ソ
        プ ロ ジ ェ ク ト\  ヽ P r o j e c t X
   ─────────────────────
         超戦者たち /|_/ /\voters
                 |   /   \   丶
                 \/       \__ノ

            投票史上に残る伝説を作れ
          〜 車コテ・真琴車の挑戦 〜 

真琴車の支援者達は、正直勝てる試合だとは思っていなかった。
だが、『狼に一矢報いたい』という、確かな意思があった。
大したこともできないながら、やれるだけのことはやってやりたい。
試合では流石に勝てないだろうが、支援やネタでは負けたくない。
真琴車を支援していた筆者も、当時そう必死になっていたことを覚えている。

そんな信念を抱いたのは、筆者だけでは決して無かった。
あの時真琴車を支援した人々は、多かれ少なかれそんな気持ちであったと思う。
だが、その想いを誰より強く抱いていたのは、恐らく他でもない真琴車本人だった。
0:00時出走に備えて愛車を磨き、時計を合わせた。
それだけに留まらず、強力な支援物資を備えて、試合に臨んだ。
もしかしたら『一矢報いる』ではなく、『本気で勝つ』つもりだったのかも知れない。

一瞬でも、煌めけ。奇跡よ、起きろ。
……そんな願いは、確かに健闘へと繋がった。


人々を驚かせた好勝負。
全てのきっかけになったのは、そんな真琴車氏本人作の、支援だった。
真琴(や、モーニング娘。の小川『麻琴』)の紹介などがぺたぺたと貼り付けられる中、
突然14で投下された、支援物資。
本選組合せ抽選当日を回想する、修羅の門のパロディ作品だった。
『伝説』に向けての熱い心意気が、会場内を、爆笑の渦に包んだ。
真琴車自身の手によるこのパロディ支援は、26、そして40でも投下された。
余りのアホらしさに、腹を抱えながら票を投じる者が、続出した。

更に真琴車側は、次々に支援を繰り出した。
44〜47、60〜61にかけての、大量の画像投下。そして、70の、フラッシュ支援。
真琴車は、投票所の空気を、完全に支配していた。
そんな中、狼側の麻琴車も、娘。狼・羊・鳩板について解説を行った。
また、真琴の自作絵を麻琴のイラストと間違えるなどの、微笑ましい一幕もあった。 

真琴車の攻勢はまだ続く。
84〜87では、縦読み入りのKanon紹介が投下された。
90でも18禁の画像支援が投入され、89の狼側の支援を呑む。
93のカーレース(?)の紹介。94でも知る人ぞ知るチェき氏のAAが登場した。

名無しで書き込んでもばればれの青色氏に入れられるツッコミ。
104の、石川物凄勢連合の久々の登場。
そんなドラマを挟んだ後も、真琴車は投票所を席巻し続けた。
春シオン氏が、116で自作の真琴車想像図を落とした。
そして、朝になった所で、またもや真琴車氏が125で支援パロディを投下。
127〜130では真琴SSも飛び出し、132〜134、138では縦読みも登場。
135〜137でも画像やAAが貼られ、150〜152では1へぇトリビアも投下された。


一方狼側も、支援……もとい娘。布教物資を全く投下しないわけではない。
156で暫く前に卒業した保田がらみのスレを投下。
159でも、麻琴の呪い?でチェき氏のAAを反転させる芸当を見せた。
164では敵(の支援者)に塩(ラーメン)を送る(?)、麻琴ラーメン屋スレを紹介。
そして、177ではAAが印象的な狼の先入観を払うような、回文スレを投入。
その後、AA貼り付けの応酬を挟んで、227でぽこみゅんスレも貼り付けられた。
244では、葉鍵と娘。を共に愛する、青色氏の両者支援も飛び出した。

だが、そんな中でも目立つのは、真琴車の『奇跡』を望む声だった。
伝説を見たい、その心意気を叶えさせてやりたい。
そんな人々の声が、いくつも見られた。
256から始まる、狼名物の花火大会。
その間にも、真琴車奇跡の勝利を祈る声や、縦読みが混じった。 





結果はやはり、真琴車の敗北だった。


真琴車が予想以上の健闘できたのは、狼の支援が少なかったからか。
筆者は違うと思う。

狼側からも、支援物資は飛んできていた。
各種ネタスレの紹介、そして投票所を彩るAAの数々。
一見地味なAAだが、筆者程度ではコピペ改変だけでもかなりの時間を要してしまう。
まして、真琴AAの反転などという高等技術はとても不可能だ。
毎試合毎試合、あれだけのテンプレを作ってくるための労力は、どれほどなのか。
また、矢口回文スレにも驚かされた。
筆者も、書き込みにたまに縦読みを仕込むこともあるが、回文はさっぱり作れない。
以前にも何十分も考えた末、12,3文字のものを作ったが、よく見たら1文字ずれて
いたので挫折した経験がある。
それを、それを……もう何かが間違っているとしか言いようが無い(笑)。

もともと『支援』より『祭』を重視する、狼。
支援物資よりもテンプレAAを作り、投票そのものを最大のネタと捉える彼等。
葉鍵を始め、葱(アリス等)、FFDQ(ムーンブルクの王女等)、etc……。
そんな支援重視の板と、狼とを比較すること自体、どこか筋違いなのかも知れない。 

だがこの試合、支援の幅や勢いが感じられたのは、やはり真琴車側だった。
漫画パロに萌え画像、SSに縦読みにAA。
強力な支援物資で、狼に真っ向勝負を挑んだ真琴車。
Kanonの真琴そのものに萌える人々や、ネタに感銘を受けた人々の、援護。
多くの増援を受けた彼の戦いぶりは、一部の狼住民も驚かせた。

前述の通り、筆者は真琴車サイドで支援していた。
真琴車側に対して、かなりの感情移入が入っていることは否定できない。
だがそのことを差し引いても、場の空気を終始支配したのが真琴車だったことを、断言
しても問題無いだろう。
『試合』には負けたが、『勝負』には勝った。
あれほどの浮動票を獲得したこと自体、伝説と呼ぶに値するのではなかろうか。

全板のラスボス・狼と互角以上に渡り合った真琴車。
その391の散り際には、敵方からも味方からも、惜しみない賞賛が送られた。


そして……
彼の伝説級の支援は、399の前奏曲?を始め、以後もまだ続いていくことになる。 




Fブロック第4試合の観戦記      お煙(SSexobDM)による

本戦Fブロック4組 9/14(日)  Download vs 倉田佐祐理

本日の対戦は、本戦一回戦屈指の注目カードである。パワーのDownloadか?萌えの倉田佐祐理か?
志保車氏による双方のキャラ紹介が終わり興奮の高まりの中、0:00投票開始!
Downloadが一揆にスタートダッシュをかけ、倉田佐祐理が萌画像とフラッシュの支援を受け追いかける。
深夜から朝にかけて支援の弾幕(画像・フラッシュ・SS)が厚い倉田佐祐理が、Downloadをとらえる。
Downloadは、Winnyや自板スレの紹介で支援するが、MXが主であった全板トナメのような殺伐と票を伸ばす
勢いはなく、Winnyのようにマターリな状態が続く。

注目の好カード・日曜日ということもあり、午前・午後も支援と投票でスレは順調に進む。支援画像に萌えて
投票する参加者も多く、倉田佐祐理がリードを広げて行く。Kanonのサブキャラとは言え、多くの熱烈なファンが
いる倉田佐祐理は支援ネタが豊富であり、参加者を魅了する。Downloadは、「ぴあ」や「ダウソ神」のAAを使った
投票はあるものの、出すネタが無いところがつらい。

約10票差のまま勝負どころの夜を迎える。全板トナメで5000票以上獲得した頃のDownloadにとって10票差
など無いに等しいのだが、今回は選対組織も無くIMを使った投票要請もないようで苦戦のままラストの4時間へ。
全投票数の1/2がこの時間帯に行われ、この時間帯でも厚い支援を受けた倉田佐祐理がリードを保ちながら
投票終了!

有効コードがある票の順位
1位 142票 倉田佐祐理
2位 123票 Download 

○ ポイント
Download:板そのものが全板トナメの頃と性格が異なり、戦闘的なイメージは無い。トーナメントに対し熱しやすく
冷めやすいのだろう。(w 予選の得票数を下回った今回の123票、残念である。
倉田佐祐理:予選の得票数を倍増した142票は、さすが葉鍵最萌のファイナリストである。支援を見た他板からの
参加者を魅了したのが勝因と思う。
○まとめ
400レス以上消費したこの対戦は、「知名度」より「萌え」が勝ったのだと思う。勝者の倉田佐祐理は二回戦でモー
娘(狼)相手でも善戦するだろう。Downloadについては今回の対戦に勝ち、全板トナメ決勝の再現を期待していた
参加者は _| ̄|○ したと思う。最後にDownloadにエールを送り観戦記を終える。

   NEVER NEVER NEVER GIVE UP!!

        ______________ ______    _
      /´ _____________//__  __ .|   / ./
      〈  〈___   ._  _ _  ._     / ./  | |  / ./
      ゝ___  ヽ ./ ./  / // ヽ / /__ ./ ./   | | / ./
     .____.ノ  / / ./  / // ∧ ∨ //  / / ./   | |/ ./
    /_____ノ 〈   ̄ .// / ヽ /  ̄ ̄  / ,/    |  /
               ̄ ̄ ̄ . ̄   ̄      . ̄     ̄ ̄




Gブロック第1試合の観戦記    (子)(7733UhFQ)氏 による

9/15 1回戦 Gブロック第1試合
夏影-summer lights- vs オリジナルみさき先輩

1回戦も残り2ブロック8試合。本戦では2度目となった葉鍵勢の同士討ちとなってしまったこの試合。
しかも直前の同士討ち試合は鳥の詩vs折原浩平という、この試合から見れば同じトナメの準優勝選手vs作品中のお相手。
もはや誰かが狙ったようにしか思えない組み合わせである。
前の試合では曲に軍配が上がったが、この試合は果たして・・・

鶏氏の逆チキンレース案内、ネオ☆ゴマタン氏の3分前AA、のの人募集中。氏の試合直前アナウンス、そして逆チキンレース。
もはやこのトナメの風物詩となった感のあるこれらの書き込みを経て、この試合も開幕した。
両選手とも葉鍵出身、さらに曲とキャラという比較の困難な選手同士の試合のためか、はたまた前日からの萌え疲れか。
あるいは当日の阪○優勝(事情あって伏せ字)もあってか、投票はひたすらマターリペース。
お互い前の試合(意図するところは若干違うが)で支援を撃ち尽くしてしまったことも、このマターリペースの一因だろう。 
阪神○勝といえば、13スレ916-917ではそれにちなんだ小説のパロディが投下され、また22:30のこんこん連合定時ラッシュでは、
道頓堀ダイブのテンプレが使われるなど、18年ぶりのイベントの影響はこの投票所にまでも届いていた。
そして13スレは試合終了直前に規定の950レスをオーバーし、残り10分を切った時点で14スレ突入。
そのまま23時の投票を経て、この試合も終了となった。その結果は・・・

有効コードがある票の順位
1位 52票 オリジナルみさき先輩
2位 26票 夏影-summer lights- 

葉鍵最萌曲ファイナリストvsONEカップル対決第2ラウンドは、26-52というスコアで、みさき先輩がリベンジを果たした形となった・・・
が、そんな「江戸の敵を長崎で」的な話は、恐らく誰も気にしていなかったことだろう(w)
みさき先輩は次戦、またも葉鍵勢のチェき(選手名のため敬称略)との試合となっている。
コテハンながら、本人の人徳、擬人化萌え、さらには全員敗退してしまったシスプリ勢のバックアップも期待できる強敵だ。

ポイント

夏影-summer lights-
曲だけでなく、作品紹介という観点からも紹介があったものの、結果はダブルスコアに終わった。
本来曲とは、作品やシチュエーションの構成要素として存在することが多く、、曲単体で浮動層に訴えることが困難であったことが
敗因といえるのではないだろうか。
キングゲイナーのダンス、鳥の詩のクックルような曲単体からのネタでもあれば、また違ったかもしれない。

オリジナルみさき先輩
票数こそ少なかったものの、危なげない勝利。みさき先輩としてはこれで予選から4勝目となる(w)
ただし、PS版みさき先輩の次の試合を考えると、次戦も弾薬切れの状態での試合となることは確実だろう。
なんとかオリジナルならでわの支援があればいいのだが・・・
(でも、オリジナルならではの見所というとどうしても年齢制限付きになってしまうような・・・)

まとめのようなひとこと
この試合は、支援するということの難しさをいつも以上に支援者諸氏が感じていた試合なのではないだろうか。
かたや目に見えない楽曲。視覚に訴える支援がメインとなっている昨今、音楽というジャンルはそれだけで支援が困難になる。
極端な話、曲を1曲まるまるうpしてしまうと、それで正統派の支援は打ち止め。あとはネタで勝負するしかない。
かたやほぼ同一人物がほんの4日前に出場したばかり。勝利したとはいえどう贔屓目に見ても弾薬を温存できる試合では
なかったこの試合から4日で物資の補充というのはきわめて困難だっただろう。
そんな中、毎回ネタをひねりだして支援してくれている、鶏氏やこくりこ氏、そして他のコテハン諸氏や清き一票@名無しさん達に、
いつも以上の感謝をしつつ筆を置かせていただく。

 

 

Gブロック第2試合の観戦記      (MS86iKt2) による

本戦Gブロック2組 9/16(火)  該当者なしvsチェき

(この試合の出場者であるチェき氏への敬称は省略させていただきます)

まず初めに支援を投下したのは真琴車氏。モ娘(狼)戦で旋風を起こした
漫画パロ支援でチェきを援護射撃。
負けじと2分後、今度は皇太子様によって18禁の該当者なし支援AAが投
下される。これで多少流れはつかんだものの、チェきの固定票に押される
形となる。
該当者なし待望の画像支援は01:37に投下される。これで該当者なしが二
次元萌えキャラへと変身。が、断続的に支援が投下されるチェきの勢いを
止めることができない。
03:57に今度はこくりこ氏によって「404 Not Found」系の萌え画像、パロディ
などが投下され、さらにその姿を変身。
この後、試合がほとんど動かないまま迎えた14:32、ついにチェき本人に
よる支援AAが登場。そしてその支援先は自分ではなく、該当者なし。この
AAがツボにはまったのか、本人の意向に反して(?)チェきに票が集まって
いく。
夜に入ると、ダブルスコアをつけられていた該当者なしが反撃に出る。萌え、
ネタとその姿を変幻自在に変えてチェきを追撃。片やチェき側もAA集、シス
プリ画像支援などでその差を守る。ラストスパートは該当者なしが上回った
が結果は…

1位 77票 チェき 
2位 61票 該当者なし 

ポイント

チェき:支援は少なめだったが、固定票に支えられて見事勝利。また、本
人による該当者なし支援も、結果的には勝利の一因となったよう。
該当者なし:ネタに萌えキャラにとその姿を変幻自在に変え、奮戦したが、
一歩及ばず。その特性から固定票は皆無だっただろうが、そこから61票も
集めたのは賞賛に値するだろう。

まとめ
今回の試合は、両方を支援する人がいたり、本人が相手を支援するなど
勝負というよりは試合を楽しんでいるようだった。また、「該当者なし」という
キャラを確立することを模索していた感じであり、今までにない独特の雰囲
気だったといえる。まあこういう試合もトーナメントの醍醐味の一つではない
だろうか。

 

 

 

Gブロック第3試合の観戦記       筆箱 による

本戦Gブロック3組 9/17(水) チキ vs ディアナ・ソレル
今回の試合は、マムクートプリンセス VS 月のプリンセスの
萌え萌えお姫様対決ですねどっちも(*´Д`)ハァハァで楽しみですね♪
試合開始直後にディアナに2票入るがチキのAA登場!
それにつられチキの支援物投下!チキに投票が入り
開始10分で支援物の感想が来てチキにまた票が入るが、
これを黙っていなかったディアナ側
長文支援スレにディアナの支援スレが入り、
JSA同好会(ジェットストリームターンエー同好会ディアナ親衛隊参上)が参上
こちらも10分で一気に票が伸び逆転!チキ側も負けずに投票数上げる
試合開始して1時間後
ディアナ側が大量に支援物を投下し、
ディアナ側の票が伸びるがチキ側も負けずと支援物投下するも
ディアナ側の支援物の量が凄かった・・・この試合では一番量が多いレスだったでしょう
朝方まではチキ、ディアナ、ディアナ、チキと両者とも一歩も譲らなかったが、
月の女王やっぱ月がないと駄目なのか?
朝になったらチキ、チキ、チキと投票が入るディアナ側が支援物投入するがチキの票が伸びる!
試合開始して10時間後
チキ側、ディアナ側の支援物の投入が続く票は1票入れたら1票入れ返す接戦です。
残り時間半分切ったとき、チキ側の支援物の感想など交換が始まるこれが良かった。
チキ側の支援物の投入の量や質が良くまたディアナ側の支援物の投入がなくチキ側はかなりのアピールが出来ましたね
さらにチキの応援側の支援がはっきしてディアナに1票入れたらチキの支援物投入また入れられたら支援物投入で
チキ側のナイスコンビネーションでチキ側の頑張りのアピールこれはディアナ側はちょっとした誤算か?・・・
ここのナイスチームプレイに鉄道車両の「チキ」で鉄道ファンにアピールしチキの票がUP!
このとき仕事や学校が終わり帰って来る人たちが投票をし始め
『<<チキ>>に入れる!支援物資が(・∀・)イイ!』『両方知らないけど支援が良いので<<チキ>>に一票。』と
チキに投票をする人が増えディアナ側の大量の支援物を打ち破る
月が出始めたときディアナ側が伸び始め『おしえてディアナ先生』が本格的に授業を始める
このとき出席者(投票者)がディアナに投票しディアナの票を伸ばす
残り3時間
『おしえてディアナ先生』授業中にチキ支援物、ディアナ支援物の投入の激しいぶつかり合いがはじまる
ディアナ側は『おしえてディアナ先生』やアスキーアートなどでアピール!
  チキ側は支援の画像やアスキーアート、四コマ漫画などで応戦!
1分間隔で書き込みでの激しいデットヒート!『支援で萌えて1票』や『親切に教えてもらって1票』両者1歩も譲りませんでした!
このあとのチキンレースでの投票も両者1歩も譲らない投票で試合終了!


有効コードがある票の順位
1位 82票 チキ
2位 64票 ディアナ・ソレル 

今回の勝因、敗因

ディアナ側・・・ガンダム支持、面白企画、AAが良かったです
      『おしえてディアナ先生』企画は良かったけど
       1時間目が8時13分開始で2時間目が19時10分
       休み時間がかなり長すぎましたね・・・・
       あとディアナ側支援物を投入者が少なかったのも原因の1つでしたね

  チキ側・・・物凄い支援物の供給、量、企画、協力、支持、どれも良かったです。
       あと大事な時間帯20時30分〜21時50分までチキの支援物投入がありませんでしたが
       >>446の支援のまとめの投入が良かったですね
       もしこれがなかったらチキ側は負けてたかもしれませんね  

感想・・・今回はチキ側の支援投入とFE/TSの支持者が予想以上に多かったのが今回のポイントですね
    勝ったチキ側の応援者もビックリしたようすですからね・・・
    次の対戦は予想屋全員が◎を付けた柏木千鶴との対戦ですが
    今回のチキの投票数が上回ってますですが全力支援だったようなので
    次の試合もチキの支援で勝敗が分かれそうですね・・・
    Gブロック早くも荒れそうな予感です

Gブロック第3試合の観戦記 べい(cRS//ujA)氏   による

本戦1回戦 Gブロック第3試合

チキvsディアナ・ソレル ――つまりはロリ王女vs気丈女王という好対照な試合。
試合の萌天秤はどちらに傾くか、はてさて……

○ 試合の様子
いつも通り、のの人募集中。氏の前口上や、トー中氏の縦読み、逆チキンに始まり……
っとぉ、試合開始0分でチキ車氏の特攻!
その2分後、14-291には名無し氏からの<<チキ>>支援、SFC版ファイヤーエムブレムからの画像爆撃だ!
筆者は挫折して見ることができなかった「泣きチキ」も拝むことができて感慨も一塩である。
……そして実は、チキ車氏のAA、チキたんの載っている神竜専用車両には秘密があるのだが、それはまた後で明かされる話。
さて、こうなったら<<ディアナ>>側も負けてはいられない。00:30、JSA同好会のラシで追い上げる、追い上げる。14-319には大量の画像支援投下。本編画像有り、けなげな看護婦さん時の画像有り、コスプレ有り着ぐるみ有りハァハァ画像有りと、ディアナ様の魅力を全面に押し出した形だ。
そう、ディアナ様はキエルというそっくりさんと立場を入れ替わってみたり、そのあいだ野戦看護婦を務めてみたりと行動的なじょうおう様、死ねといわれたら死んでも良いという狂信者が出る始末である。一歩進み出るディアナ勢。

<<チキ>>陣営も危ないと思ったのだろう、14-291氏が14-323で対抗、炉利絵中心のチキ支援。
輸送隊氏(14-331)がFEアイコンの補給物資。
さらには名無し氏(14-343)のチキ三態支援 ―特に一番上の「コレがチキだ」は「耳はとがってる人外だからね」でも「あんまり攻めると泣いちゃうぞ」などキャラの特徴をうまくつかんでおりマジでヤバイ。
ここまでやられては日本男児はもうメロメロであろう。この時点で炉層は完全にチキにわしづかみにされたと言える。

この後もこくりこ氏やチキ車氏、輸送隊氏らのチキ支援が続き、ついに<<チキ>>が本性を現してディアナに肩を並べる!
……がしかし、どうしても追い抜くことはできない。<<ディアナ先生>>が講座を開き教壇に立たれたからであろう。(14-344)
ディアナ様御自ら自身と∀ガンダムを解説されるこの講座は四時間目(14-443)まで開かれ、懇切な丁寧さから大好評を博した。
14-358のディアナ支援画像支援も続く。こ、この豊満な御胸は……ゴクリ。 

午後になっても試合は付かず離れず。待ちきれないのか、不謹慎にも女王様のベッドに飛び込むロランAA(14-380)。
元291氏や輸送隊氏の支援連投は止まらない。ここでチキ車氏(14-394,404,407)。
「鉄道ファンを取り込み本戦進出を成し遂げた踊り子に習って」鉄道支援写真……
なんと、チキなる識別記号を持った鉄道車両があり、<<チキ>>が乗っているチキ車AAも実在のものだというのだ。
その雄姿(雌姿?)で鉄道ヲタの心の幹線までばっちりである。

以降はもう、語るに尽くせぬ支援と応援の大合戦。
18禁なチキ(14-412)が出ればキンゲよろしくモンキーダンスなディアナ様(14-432一番上)
AAを織り交ぜた∀エンディングテーマ歌詞紹介(14-451)が出ればFEのAA(14-459)やFE最萌時のFlash(14-461)
ディアナ様の個人教授あれば(14-467)、FE黙示録カイジスレ(14-470)
ここで22:00はとうに過ぎ、支援の量や投票数を見れば輸送隊氏らの活躍でチキ陣営がやや優勢か。
それでも最後まで変身を解かないチキ。14-503のマルス、筆者と位置変えろゴルァ。

恒例のチキチキチキン猛レースの果て……
有効コードがある票の順位
1位 82票 チキ
2位 64票 ディアナ・ソレル 

 ポイント
チキ:存外に知名度が高かったのが幸いしたチキ。
 よくよく考えるとFC版(90年)とSFC版(94年)の二時期にブームがある。
 それに新作のファンも加えて、ぶ厚い固定票層を形成していたのだ。
 加えて、はにゃ〜んな画像支援に悩殺されて投票した諸子も多々だった。
ディアナ・ソレル:固定票に加え、支援や解説講座による浮動票獲得も少なくはなかった。
 大きな敗因というのは見当たらない。
 これはもう、単純にチキ陣営の応援の熱意がそれ以上だったということだろう。
 「時が未来に進むと 誰が決めたんだ〜」という主題歌は近年の作品のヒロインであるディアナには味方しなかったか。

○ まとめ
結果のグラフを見れば瞭然なように、まこときわどい接戦であった。途中、ほぼ同じ曲線を辿っているのである。
きわどい画像も有りで萌えも十二分。最後の2、3時間でチキが20票近い差を付けたのは、00:02(14-291)に始まり23:58(14-510)に終る23時間56分のチキ陣営の怒涛の支援が積もり積もった結果であろう。決してディアナの萌えが足りなかったわけではない。

 555 :291 :03/09/17 23:23 ID:7ymM4XzF
 キター!チキたん大勝利!!

 両陣営の皆様お疲れ様でした。
 ディアナ様側の支援でもしっかり萌えさせていただきました。
 ええ、しっかりと。

 しかし正直、知名度の差から言ってチキたんが勝てる見込みは薄いと見てたから
 >>548の言うように全力支援でした。2回戦からどうしよう…(; -д-)

と、チキ勝利の立役者である291氏や輸送隊氏(14-548)までもが、いや、だからこそ、相手の強敵たりしことを認めている。
この背水の陣の隊列が、Gブロック一回戦最高の得票に繋がったのであろう。
二回戦、Gブロック最強と言われる柏木千鶴との試合でも是非このパワーを見せて欲しい。
シャア専勢もキングゲイナー支援がんがれ。
両陣営とも、お疲れ様でした!


Gブロック第4試合の観戦記 青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏   による

9/18 1回戦 Gブロック第4試合
銀河 vs 柏木千鶴

Gブロックのトリを飾るこの試合もまた、共通点を探すのが難しい(しいて言うなら、
柏木千鶴の妹に「あずさ」がいる事くらいか)対決となった。
たくさんの支援で浮動票をモノにしてきた電車系トーナメントの最後の望み、銀河が登場。
歴史あるその名を投票者達の心に刻みつける事は出来るか。
そしてGブロックで本命視されている葉鍵ゲームキャラの一人、柏木千鶴。予想屋が本命
と見た理由は葉鍵板最萌トーナメント優勝者であり、予選も堂々115票を集めているから
であろう。期待されているのは千鶴さんお馴染みの「狩り」、投票所はまたも死屍累々と
なるのであろうか…?

銀河からは駅員の放送コール風入場(14-560)、銀河は勝利に向かって出発進行の合図、と
柏木千鶴側からも入場が(14-562)。今試合も禁句を発して投票をする者達を狩る気概を
感じる内容のSS…それに応えたいのか、早速禁句ワード投票が飛び出す始末。
試合開始前なんだからもう少し待ちなさい、狩られたい人。
0:00の逆チキンレースと同時に支援物資投入開始。まずは銀河が予選で投下した物資を
再掲していく(14-573より)、これだけでかなりの数になる…。14-574には
全板トーナメントで競馬人のモナー化 ◆kOKEIbaTBY氏が執筆した、柏木千鶴戦の
予選観戦記を貼り付けている。こちらでも柏木千鶴、大奮闘していた事が伺える…。
他にも14-581であずま○が風千鶴さんや「はじめてのちづるばん」などパロディ系画像で
軽く笑いを取ると、14-585でぷちAA付きの柏木千鶴のキャラクター紹介。
14-583からは銀河についてのトリビアがある、これにへぇ〜へぇ〜へぇ〜(ryの
お馴染みボタン連呼した人もいたはずだ。緑色の電源車、筆者も一度見てみたいものだ…。
その支援の間を縫うように14-588で柏木千鶴の大きなAAが長編支援スレに貼り付け
られてリンクされていたりして、お互い序盤の支援投下が凄まじい。
銀河支援は次に鉄道総合板&路線・車両板の名スレ支援に切り替え、
「トリビアの泉@鉄道板」スレ、「鉄道車輌の独り言」スレ、新幹線をギャルゲーキャラ
化してしまうという「【PS2ゲーム】SWEET†SHINKANSEN 」スレなど、銀河支援という
より、電車という分野で柏木千鶴に支援で挑むという形に移行し始める。かと思うと
14-601の銀河の車内放送という原点復帰の支援も飛び出す。
その支援に対するは恒例の狩り。柏木千鶴の1回目大虐殺が14-599で、14-606でもまた
2回目がある、血塗られていく投票スレ…。
「なんと・・・・。早くも大量の犠牲者が・・・。」とのコメントが出る。 

さて、ここまで王道路線で支援を続ける銀河だが、14-608でいきなりネタ爆発の支援が
飛び出す。*支援さん ◆vOagNJ7CRI氏の支援タイトルを見ると、「厨学館のトナメ学習
雑誌「珍作逝年生」 9月18日号 絶賛発売中ッッ!」。何だ何だ? と思ってクリック
するとその本の豪華3大ふろくが(4つあるのはご愛敬?)、そしてそれと共に
「構想10秒・制作2日。20系時代の銀河をモデルにして擬人化しました」とのコメント。
中には銀河を擬人化したと思われる、藍色の服を着て銀河のプレートを付けた
人形さん、が色々なポーズを付けた写真が…目から鱗が5枚も10枚も剥がれ落ちそうな
支援にぶっ飛んだ人は多かっただろう。ボキャブラ天○風にいうならバカパク最大と
いった所か(笑)。
14-616にこくりこ氏の銀河への画像支援、これまたネタ満載。電車でイニDとか、
電車1両、どころか車掌室部分しかない電車とか。電車でGo!の女性キャラ、鉄ちゃん
も登場。
14-639にて最後の狩りを済ませた狩猟者はここで眠りにつく、そして投票スレも消灯
時間帯に…。

朝方の14-648からの支援でスレは動き出す、柏木千鶴のジョジョネタ連作、
中高生時千鶴さん、ネコ耳、巫女さん、冥土さんなど萌えツボを抑える画像群を投下。
おまけにネタFLASH3作を追撃投下。
10レスも進まない間に鉄道板の替え歌シリーズがリンクとして貼られるが、この間に
8時間以上のブランクが…。余りスレが進んでいない証拠である。支援はなかなか良い
のだが…。
14-678にて、いくつもの電車AAが長編支援スレに姿を現し、銀河を応援する。
最後の電車関連の候補として頑張れ、負けるな…との気持ちがこもっているようだ。
しかし、本当の意味での「支援応援」は、その次のレス、14-679に待っていた。
それは半角二次元板で鉄道列車を擬人化して萌えようという「京急タンスレ」の倉庫の
サイトリンクだった(但し一応18禁)。即効性はなかったものの、二次元萌えの人の心
を激しくくすぐったこの支援は、後にじわじわと「銀河の支援が良かった」票を呼び込む
事になる。何か長文縦読みで驚きのレスをしている人もいるし(笑)。
更に*支援さん ◆vOagNJ7CRI氏の追撃弾、ギャラクシーエンジェルというアニメ
(日本語訳すると「『銀河』天使」だ)のキャラに銀河のプレートブルマを履かせる二次元
萌え向けの自作画像を投下。本家エロゲーキャラである柏木千鶴がこの三次元から二次元
への方針転換(?)に負けてたまるかとばかり、14-714から18禁を交えた画像などを
投下開始して鎮火にあたる。銀河はその後の支援が続かない。終了間際で*支援さん
◆vOagNJ7CRI氏の萌えキャラ化自作銀河たん姉妹(片方は上で紹介した銀河な人形さん
の絵だ)をぎりぎりいっぱいで投下、しかしこれは残念ながら時間的に支援としての効果
は得られなかったか…。
気になる結果は…。 

有効コードがある票の順位 
1位 71票 柏木千鶴 
2位 41票 銀河 

ポイント

柏木千鶴:71票と予選より投票数を減らしてしまったものの、銀河に勝利した柏木千鶴。
しかし、気になる点が浮上した。狩られた人数、23人。狩り漏らし多数…。
柏木千鶴が出ると必ず行われる「狩り」が、後半、中途半端で終わってしまっている。
葉鍵板避難所選対を見ると判るのだが、「本来萌えである千鶴さんのイメージが、ただの
殺人鬼キャラとなり果ててしまっている」という苦渋が支援者達にあるようなのだ。
しかし、投票スレの文面を見ると、禁句ワードネタばかりで「ゲームとしての千鶴さん」
に対しての萌えはほとんど感じられない(ネタに走っているだけで実際あるのかも知れ
ないが)。次の試合でも支援者と投票者のこの点が噛み合わない、宙ぶらりんな状態で
あれば、非常に厳しい戦いになるのではないだろうか。萌えなら萌え、ネタなら割り切って
ネタ、あるいは両方で真っ向勝負を挑んで欲しい…が、応援する側としては心情的に
厳しいか…。
銀河:出来る支援を可能な限り出した感のある銀河、しかし全板トーナメントの切り込み
隊長的役割を果たすなど、トーナメントでの活躍経験回数豊富な柏木千鶴の知名度には少し
及ばなかったようだ。今回は三次元の存在である電車が二次元のキャラに姿を変えて
挑むという支援に加えて、銀河の歴史を振り返る支援もまたみっちり行ってきたので、
支援者とすれば、負けは残念であるけれどやり残した後悔はさほど無いのでは、とも思う。
支援者の皆さん、お疲れ様。
歴史を振り返れば、柏木千鶴の歳を優に越え、日本旅客の足となり続けた銀河。
その歴史は、これからも続くだろう。というか、続いてくれる事を切に希望する。

まとめ

かなり柏木千鶴支援者達に厳しい事を書いてしまったが、元々地力のあるキャラだけに
二回戦の相手、チキとは良い勝負を演じてくれそうだと思っている。二次元ゲームキャラ
対決となるだけに盛り上がりそう…両支援者の人には本当に頑張って欲しい、と心からの
願いを込めつつ、この観戦記を終えようと思う。 

 

Hブロック第1試合の観戦記    (MS86iKt2) による

本戦Hブロック1組 9/19(金) dj nagureo vs エリカ・フォンティーヌ

支援ゼロながら予選通過を果たしたdj nagureoと、豊富な支援をバックに
通過したエリカ・フォンティーヌ。対照的な試合運びだが、予選得票数は
38対41とほぼ互角。となれば、支援ゼロのnagureoの出方が大きなポイン
トとなるだろう。
開始4分。まずはギャルゲ車氏によってエリカ支援が投下される。エリカと
してはとにかく支援で押すというのが作戦か。
が、その直後、ついにnagureo陣営がそのベールを脱ぐ。その内容はDz氏
による応援ラジオの告知。放送開始は1時からだったが、リクエストを兼ね
た投票が次々に投じられ、あっという間にペースをつかむ。
エリカの方は00:17のAA支援を最後に鳴りをひそめる。その間にnagureo陣
営はプロフィール、公式ページリンクでさらにアピールし、1時の放送開始を
待つ。
そして1時、nagureo応援ラジオの放送開始。と同時に、投票スレはラジオ
の実況板と化する。放送中に投じられたエリカ票は01:16の14-826氏だけで
その後は放送終了までnagureoの25連取!沈黙を破って02:37にエリカ支
援を投下したこくりこ氏も遠慮気味になるほど。
連続得票は02:50にそのこくりこ氏によってストップしたが、その後も余韻に
浸ったnagureoファンの票の勢いは止まらない。4時の時点で45対7と、実に
6倍以上の差をつける。
何としても巻き返したいエリカ陣営も早朝に支援を投下する。これにより、
得票率こそ若干巻き返すが、依然として差は広がる一方。nagureoはほとん
どの時間帯で安定した得票を稼ぎ、さらに22:30前後には狼板のラシ投票
がnagureoに流れ込み、ダメ押し。最終的にはちょうどトリプルスコアで
nagureoが圧勝した。

結果
1位 123票 dj nagureo
2位 41票 エリカ・フォンティーヌ 

ポイント

dj nagureo:Dz氏による応援ラジオ、これに尽きる。これで得票を稼げたの
は勿論のこと、投票スレ完全に乗っ取り、実況スレ化してしまった。この支
援方法はかなり有効のようだ。2回戦以降も応援ラジオが展開されるそうな
ので、今後の戦いも大いに注目である。
エリカ・フォンティーヌ:稼ぎ時である深夜の時間帯に、nagureoに票を掻っ
攫われたのはあまりにも痛かった。支援量は決して少なくなかったが、何せ
nagureoの勢いが凄すぎ、かき消された形となった。

まとめ

今までは版権の問題などで、支援に苦しんだ音系だったが、ラジオという
新たな支援方法が登場し、一気にそのポテンシャルを開花させる試合と
なった。同じビーマニのDJ SIMONとともに今後の活躍が楽しみである。

 

Hブロック第2試合の観戦記      べい(cRS//ujA) 氏 による

9/20 1回戦 Hブロック第2試合
川越市vsティナ

FFDQ板最萌準優勝者、FF6のヒロイン、薄倖の美少女という言葉がよく似合う<<ティナ>>。
奇策で攻める大利根を降したさいたま最萌帝都、情緒深き<<川越市>>。
地名対二次元という、本トーナメントではもはや物珍しくはなくなってきた取り合わせだが、
それでもどんな戦いが繰り広げられるのか、楽しみである。

○試合の様子
開始早々、川越市側の支援が飛ぶ。川越市の宣伝サイトの紹介や、名物紹介など。
わらべうたの「通りゃんせ」の発祥地であるところなど、「へぇ〜」といった感じだ。
中々ユニークな名物も有るようで、特に、ふ菓子「大黒棒」のデカさは度肝を抜かれる。
「何かこう、人をぽかぽか殴りたくなるようなサイズですね(笑)」とは15-166の言。
調べたら85cmも有るらしい。ティナの身長160cmの半分以上……!! 大黒棒に投票するものまで出る始末だ。
ともあれ、この先制支援で序盤の浮動票を大量ゲットした川越市、順調な滑り出しである。

ティナ側も、以前の支援を紹介するなどで対抗。
特に15-170の、FFDQ板最萌時の激闘がよくわかるFlashや、
ティナの性格をうまく反映させた詩的なFlashは一見の価値有り。
かつてのプレイヤーの想い出を喚起し、アツい応援を受ける。

そして今トーナメントの名物、大黒棒ならぬ支援の大黒柱、こくりこ氏の登場である。
川越への支援は同胞「さいたま」ネタで、萌有り爆笑有り、個人的にはビックリマン調のシールに笑わかされた。
ティナ支援の方も面白い。似せティナって……魔導アーマーに載っているの、エアリスじゃないか!(つっこみ)
ここで鶏氏も表れ、川越第二の名物「発狂君」「超発狂君」画像を手土産に残していく。
いかにも辛そうなセンベイで、見ているだけで舌がファイアとバーサクの魔法に掛けられそうだ。

その後、川越市側は、さいたま支援や、
旧跡・仏閣案内などの日本人の心に染み入る支援で訴え掛ける。
一方でティナ側も支援応援を欠かさない。15-273の愛に溢れた投票を紹介しておこう。
---
「愛ってなに?」 
「わたしにはわからない…」 
そう言っていた彼女が、見つけたもの。 
ケフカの問いに 
「愛する心!」と誰よりも早く、真っ先に答えたところは感動しますた。 
支援もしたかったけど無理ぽなので 
投票に愛を込める!! 
---

そして……
有効コードがある票の順位 
1位 79票 ティナ 
2位 56票 川越市 

○ ポイント
川越市:一旦はダブルスコアを付けられていたが、最後の追い上げはティナ以上。
 さいたま厨からの票だけではなく、
 「大黒棒」紹介などのインパクトのある支援やお堂紹介などの風流な支援で
 投票者の興味をそそることができたためと思われる。
ティナ:固定票を集め、前評価通り勝利。
 支援こそFFDQ板最萌時のリサイクルが多かったが、
 何度見ても感嘆する出来のものばかりで、
 そのせいか熱い気持ちを込めて投票する者は絶えなかった。

○まとめ
激戦ではない。双方ともそれぞれへの愛を書連ねる、良い意味でまったりとした試合に感じられた。
川越市側は敗北したとはいえ、独自の豊富な名物・名跡紹介は評判で、
市の魅力を余すところなく伝えることに成功したと言える。
一方でティナ、勝利したものの、同じFFDQ板最萌出身の
ムーンブルク王女の得票にトリプルスコアに近い差をつけられている。
この調子では次戦は危いのではないか。気を抜かずにがんばってもらいたいところだ。 

 





Hブロック第3試合の観戦記   55の名無しさん(IB4D0Otc)氏 による

本戦1回戦 Hブロック第3試合 9/21(日) 

結果
1位 114票 綾波レイ
2位 79票 朝倉ゆうな 

共に「二次元・女萌えキャラ」という特徴を持たせながらも、その指向性は
結構違うこの二者。綾波レイ(以下レイ)は、「エヴァの一方のヒロイン」
ということで抜群の知名度を誇る、薄幸の美少女。一方、朝倉ゆうな(以下
ゆうな)は、エロゲーのヒロインという事で知名度は劣るものの「萌えの
進行度」は他のキャラに負けないくらいの志向度を持つ天然娘(?)。この
「似て非なる」キャラ同士の戦いは如何に進むのか?

こくりこ氏の画像支援、自販機氏の試合開始宣言で始まったこの試合。
いきなり双方陣営から支援物資が乱れ飛ぶ展開。その中で、レイ支援の
美麗画像及び爆笑Flashには相当の効き目があったようで、スタートは
まずレイが先手を取る。
スタート後1時間して、双方の票数の攻防は一進一退。どちらかに集中
すれば、もう片方が巻き返す。そんな展開が暫らく続くが、そんな中でも
支援物資の勢いは双方止まらない。レイの陣営は既存の画像を中心に厳選
されたものがピックアップされて投下されれば、ゆうな側は自作絵や自作
SSなどで応戦。この「支援合戦」は、かなりの数の投票者の心を揺さ
ぶったに違いない。
日が明けてから、徐々に地力(知名度)で勝るレイが票数を重ねリードを
広げていく。ゆうなも葱板らしく(?)禁断の「18禁支援」をもとに食ら
い付いていくのだが、票差はなかなか縮まらない。
この試合の4日後に対戦を控える、惣流・アスカ・ラングレーと香坂アリスの
支持者もそれぞれの陣営の応援に回り、さながら「4日後の代理戦争」の
様相も呈してきた感のある中、日も沈みいよいよ佳境へ。ただ、それでも
全体のペースは変わらず、レイ、ゆうな共に同じくらいの票数を重ねていき、
その差は詰まらない。終了間際のラッシュも、双方攻め込んでは押し返され、
攻め込まれては押し返す展開でそのまま試合が終了。結局、レイが序盤に
掴んだリードをうまく守りきった。 

ポイント

レイ:序盤で掴んだリードが勝敗の全てとも思える。そう考えれば、試合開始
   直後の支援画像は絶妙であったともいえ、支援が勝敗を左右したとも
   言えるかもしれない。また、抜群の知名度が支援と相まって、戦いを
   有利に進められたのも間違いないだろう。
ゆうな:知名度で相手に劣る分、嗜好性の深い支援物資でもって勝利を狙った
    その姿勢は、方向性として決して間違ってはいなかった。ただ、相手に
    うまく先手を取られたのが痛かったか。こういう追いかける展開に
    なると、知名度の低さがネックとなってしまい、浮動票を取り込むのに
    苦労してしまう。支援物資の質は高かっただけに、惜しい敗戦であった。

全体としては、支援物資がとにかく目立ったこの一戦。どのタイミングで質の高い
支援物資を投下するか、そのタイミングが勝敗の分かれ目を生むといっても過言
ではないが、今回のレイの支援物資が開始直後に投下されたのは、かなり有効な
先制攻撃であったといえる。もちろん、開始直後に投下さえすればいいというもの
でもなく、要は相手のトータルの力量を見計らってのタイミングが重要といえる
だろう。手としては、終盤近くの巻き返しの手段として「代打の切り札」的使い方
というのも有りだ。今後の試合展開を読む上で、支援者の判断が問われることと
なろう。



Hブロック第4試合の観戦記 青き一票@名無しさん(Ry0nj6mA)氏   による

9/22 1回戦 Hブロック第4試合
ニコ・ロビン vs パラオ共和国

ここまでいくつもの試合があり、萌えや燃えがあり、支援によって候補の良さの再認識
があったり、またささやかなドラマがあったりと内容の濃い23時間が繰り返されてきた。
そんな1回戦もいよいよ最終組の登場となる。
人気アニメ「ワンピース」の戦い続ける考古学者、ニコ・ロビン。海軍6隻の船を沈め
8歳にしてすでに高額の賞金首となり、その後も裏社会を生きてきた美女。現在はルフィ
に助けられ、麦わら海賊団の一員である。身体を別の場所に「咲かせる」能力を持つ、
かなりの強者。対するは1994年に独立したばかりの比較的新しい国、パラオ共和国。
人口は2万人弱、屋久島と同じ大きさの面積を持つ海に囲まれた美しい国土。
親日の国としての魅力と景色の美しさを全面に押し出し、投票する者を虜にしていく。
アニメキャラvs共和国という難しい比較の一戦がまたも展開されるが、勝利の女神は
どちらに微笑むのか。

試合が始まる前から、早速アピール合戦の幕が開く。
トーナメント試合の呼びかけとして立てられたものの、蜘蛛の巣が張りそうな状態の政見
放送スレに登場するは、ニコ・ロビン側の応援隊、ロビニストのダレヤネン&アフロ田、
そこにフーン顔ロビン、略してフビン様によりネタと(*´Д`)ハァハァを交えた23レス
にも渡る宣伝がある。応援面で負けてなるものかという勢いのようなものが感じられるが、
パラオ共和国側のメイン支援者となるバサラ ◆2HLng5G4kg 氏も試合前に現れ、
「政見放送、まじまじと見ちゃったりしてw」などとエール交換を交わしながら、パラオの
フォトギャラリーサイトで投票者達の目を潤す。
のの人募集中。◆CENONOCX8s 氏の開始宣言文、続いて逆チキンレースが一段落した
15-728より試合中の支援物資投下開始。ニコ・ロビン側はまず「出身トーナメント紹介」
という事で今までの戦ってきた相手、そして空条徐倫との決勝戦同数決着、更にトーナメ
ントのFLASHを紹介する。パラオ共和国側は主に文章とサイト紹介をメインに、15-729
から日本の国旗に似ているパラオ国旗の理由、長い他国統治の歴史、パラオ共和国で活躍
した中島敦氏、土方久功氏などの日本人達についての話題を随時投下していく。今回も
親日パラオを話のメインにする方向のようだ。時々、15-748にあるようなパラオの魚図鑑
サイトなど、文章系ばかりでなく目を楽しませる支援も忘れない。
中には15-746のDz ◆TX.Dz2qTUo氏の訴えかけるような、支援の域に達する投票文も
見受けられる。15-747ではクーベルタン男爵さんからの、オリンピック板ならではの
支援記事。支援者が自然と集まってくるのもパラオ共和国と支援者の国徳(?)&人徳か。 

もちろんロビン陣営もそれをただ見つめている訳ではない。
15-749ではニコ・ロビンの詳しいキャラ紹介を。15-755ではこくりこ◆axQElecKuE 氏に
よるクック<<ロビン>>音頭FLASH…面白いがロビン支援としてはちょっと苦しいか(笑)。
15-761のニコ・ロビン自作萌え画像を今まで集めに集めたサイト(このトーナメント用
に書き下ろしてくれた画像も。ロビン様が、パラオ本を読んでいる…)、15-762は
ニコ・ロビンお着替えブロック崩しゲーム、15-767ではニコ・ロビンFLASHを4本纏め
て投下と、投票スレを萌えで埋め尽くす勢いで支援していく。
しかし、パラオ共和国で散った日本の戦士達に桜の花散りゆく中敬礼するAAでの
(多分ニュース極東板選対)ラシが入り、票を下支えし、場の雰囲気はパラオ共和国側に。
早朝までは専らニコ・ロビン支援者側は画像支援メインで萌えを語る。
15-774では様々な艶姿のロビン様がずらりと並ぶ(多分全て自作)。一番上の画像は
パラオとパレオを引っ掛けた水着画像だったり。
15-775でも支援物資が…って、ずっと一人で投下しているバサラ ◆2HLng5G4kg 氏、
もう朝の5時ですよ?
この時間は投票スレも停止状態、見ている投票者もほとんどいなさそう。
しる ◆SOTEC/poFY 氏がパラオ共和国で崩落したKBブリッジ画像を投下した朝方も
やはり余り投票がない。マターリした空気はパラオ共和国も麦わら海賊団(事件がない時)
も同じようなものだろうが、ちょっとマッタリしすぎな感じが…でもそれがこの試合に
合っている気がする。
15-794、795とロビン支援が続く、「フビン様を飼いたいんですが…」スレのロビン様が
非常に可愛らしい…。
13時過ぎにパラオ共和国側の支援も動き出す。15-804からは日本の国旗に似ている
パラオ共和国の話を、サイトメインで掘り下げていく。多分サッカー関連板からの支援と
思われる「世界で一番サッカー弱い国ってどこ?」スレでの紹介。ネタとはいえ早速
2カキコ目で出てしまったパラオ共和国の名前…最弱国はモントセラト島 (西インド
諸島のLeeward諸島の英国領の島)だそうで…うーん、トリビアの泉的な支援だ。
ニコ・ロビン側も提供人@ ◆pr9bOFxk.Q氏が東映アニメサイトからのキャラ紹介支援
を貼り付けて援護射撃。
投票の方は19:30を過ぎて急にパラオ共和国側が伸び始める。切っ掛けはモー娘(狼)
の選対がラシを行った事によるもの。これはヤバイと感じたか、ニコ・ロビン側も急
ピッチで支援が投下されていく。
15-843では画像支援、15-849では三国志・戦国板八頭身スレより、笑えるAA支援が
到着。15-865ではロビニストの熱い要望より生まれた、ニコ・ロビン脳内補完EDに
TV動画まとめ補完サイト。15-872、15-891、15-895、15-906にはTV版のニコ・ロビン
活躍シーン動画がAA付きで貼られる。これで投票に追い風となったニコ・ロビン、
しかしパラオ共和国側も戦中に日本が行ってきた事、そしてKBブリッジが落ち、日本が
ODAの予算を組んで新たに橋を立てた事、国際捕鯨委員会にパラオ共和国が初めて代表
を送り、日本の数少ない味方になった事をレポート風にして紹介。他にも、
たれ ◆l1JezOvRDI 氏のニュース記事や、℃@同人板 ◆pkHqiBUzVI氏のパラオ共和国
との姉妹都市提携の話などで投票スレを賑わせる。 

投票終了時間が近付き、投票数も鰻登り。ニコ・ロビン側はこのトーナメント用の自作
画像やキユ先生のニコ・ロビン(8歳くらいの頃?)イラストで、パラオ共和国側は
日本パラオ国際交流協会のサイト(中でもFLASHによるイルカの昔語り、パラオマイル
ストーリーが素晴らしい)やパラオ観光局、など専らサイト支援メインでパラオの魅力を
訴える。22:00頃になると更にパラオ共和国側の票が目立ち始める、全板トーナメント
での繋がりを持つ人達からの支援票が後押しをしているようだ。
と、ニコ・ロビン側に大きな動きが。22:26、かなり笑えるAAを使った一斉投票が
始まり、一気にスレが進み始める…投票スレ900を越えてもまだ新スレが立っていない
危険な状況だったが、ギリギリ新スレが間に合い22:40に次スレ移行(投票スレ15
は998レス目にして500KBオーバーした)

次スレに移ったこの時間になっても、ニコ・ロビンAA支援や動画支援など、またパラオ
共和国の島ペリリューや昔のパラオの写真、更に歴史サイトなどが貼られていく。
ここまで押し迫ってくると支援としての力はあまり無いはず、しかし両陣営の応援合戦は
最後の最後まで尽きる事がなかった。

有効コードがある票の順位 
1位 110票 パラオ共和国 
2位 56票 ニコ・ロビン 


ポイント

パラオ共和国:今回も親日の話題や日本とパラオ共和国の国旗が似ている由来など、
「いかにパラオ共和国と日本の結びつきがあるか」を知って貰うための支援に終始していた。
16-59で選対スレに貼り付けようとして誤爆、最後の最後でオチを付け、投票スレで
ニヤニヤされまくった(笑)バサラ ◆2HLng5G4kg 氏。氏の23時間態勢の奮闘は投票者
の目を引いたはずだ(もちろん支援したのはバサラ氏だけではないが)。また、他の支援者に
もこまめにレスを返すなど、マターリした試合展開になるよう心掛けていた。支援を見て
も「パラオに投票して下さい!」というようなものではなく、「パラオ共和国の良さにつ
いて知って貰えたらそれで満足」といった欲の無い雰囲気が親日の姿勢と相まって結果的
に浮動票を持つ人達に好感されたものと分析する。
ニコ・ロビン:南国が似合うニコ・ロビン。パラオ共和国に引けを取らない魅力があるだ
ろう、しかしトーナメントでは倍近い差が付いてしまった。「いつの間にこんなに差が
付いたんだ」と驚いている筆者だが、ワンピースという作品の中でも準主役の立場上
知名度が低い感は否めない、それが差を広げた原因であっただろうか。
また投票スレで常駐する形だったパラオ共和国支援者に、支援が相殺されていたようにも
感じた。支援そのものは非常にグレードの高いものであっただけに、浮動票をパラオ共和国
側に持って行かれたのは痛恨だっただろう。
「キモく正しく美しく」をモットーにするロビニスト達の旅は、トーナメントから
退いた今日も続いている…ニコ・ロビン様と共に。気が向いた人は週刊少年漫画板の
ニコ・ロビンスレに足を運ぶと良い。きっとロビニスト風に、ハァハァムラムラドキドキモンモンして
(笑)出迎えてくれるはずだ。

まとめ

非常にマッタリした試合展開、試合後も気持ち良さが残る好試合であった。
勝利したパラオ共和国は、2回戦でエヴァンゲリオンの綾波レイとぶつかる事となる。
こちらはニコ・ロビンと同じアニメキャラであっても主役級であり、勝利への意気込みの
高い候補だ。ゆったりと構えていると押し負けてしまう可能性が高いだけに、パラオ共和国
としては苦戦する可能性の高い相手だ。マッタリしていそうなのがパラオ共和国らしい
と言えばらしいが、数票の戦いになった場合は「勝ちたい!」という意志が明暗を分ける、
その時パラオ共和国陣営は勝利のために必死になれるだろうか?
この辺が次の試合のポイントになるだろう。 

 

   本戦2回戦の観戦記

0qv.org